FC2ブログ

備えあれば憂いなし

どうも朝からパソコンやプリンターの具合が悪く、時間を掛けたらどうにか動いたんですが、僕、完全なるアナログ人間ですからね、こういうトラブルに全く対処出来ず、原始人の様で、何だか哀しい思いをします。ではどうするかと申しますと、家電に対してもそうなんですが、機械を叱ったり叩いたりすると、案外動き出すんですよね。此れ、意外と有効な手段でして、皆様、お困りの際は是非お試しあれって、書いてて我ながら情けないなァ…。

さて、産経新聞でしたか、読んでいて吃驚したのですけれど、何とまァ、此のご時勢に、国会議員を増やす案が自民党から出て、了承されたんだとか。いや~、人口が激減し、国の借金は1000兆円を超えているのに、とんでも無い話と思うんですが、森友や加計も同様ですけれど、権力者の皆さんって、無駄遣いが本当にお好きですよね。アソウ副総理なんて、毎月銀座で落とすお金が1000万を優に超えるってんですから、もう、金銭感覚が違い過ぎますよね。そりゃ、経済政策が頓珍漢で滅茶苦茶になるのも当然でありましょう。内閣の皆さんは株価だけを見て、日本経済は大丈夫と思っているんでしょうが、そんな甘ちゃんな考えでは、何れ足元をすくわれますぜ。謂えね、そう申しますのも、日本経済って、アメリカの強い影響下にありますでしょ。堅調に見えるアメリカ経済も、相当な陰りが見え始めているんです。アメリカ人って、ローンを組んで、家や自動車を買うのが一般的なのですけれど、其の借金が、過去最高額になったんですって。其の数字は何と、13兆$を超えると謂いますから、日本円ですと、ええとええと、約1410兆円ですよ…。此れ、非常に危険な状態と思うんですが、此処までの額になりますと、本当に綱渡りでして、此の借金を返せなくなったら、アメリカ経済はパンク、当然日本も大変な事になると思えてなりません。実際、都内の億を超えるマンション、売れ残りが目立つ様になった由でして、大暴落の可能性もあるそうですよ。

僕、呑気に構えていて良いのかなァと、常々不安なのですけれど、今朝の読売新聞に、南海トラフ地震が起きた際、どれ位の被害が出るのか、試算が出てたんですね。そうしましたら何と、先のアメリカ人の借金と同額の、1410兆円の被害なんですって。此れ、最悪のケースだそうですが、1410兆円と謂えば、日本の国家財政が年間100兆前後ですよ。凡そ15年分の国家予算が吹っ飛ぶと謂う事になる訳です…。しかし、アメリカ人も其れだけの借金をしていて、返せるんですかねえ!?そして日本ですけれど、1410兆円の被害に加え、借金が1000兆でしょ。ですから、専門家曰く、「日本はアジアで最も貧乏な国になる恐れがある」そうでした…。うう~ん、僕、東京五輪で浮かれている場合じゃないと思うんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?アッ、因みに首都圏に直下型地震が起きた際、778兆円の損害が出るんだとか。いや~、国会議員を増やしてる場合じゃありませんよ!!

賢者は歴史に学ぶ、そう申します。僕、今こそ先人達の叡智に学ぶ時と思うんですね。昔の人達は、天災の記憶を残す為、地名に其のメッセージを託したと謂われています。例えば「蛇」「龍」が付く場所は、洪水が蛇行すると謂う意なんですね。「駒」「亀」もそうでして、土地が脆い処を指すんだとか。確かに、亀戸や亀有は海抜が低く、駒場や駒込は地盤が弱いので有名です。此れ以外にもまだまだ沢山あるのですけれど、僕、安直に地名を変えるって、大反対なんですよ。其れなりの意味があって、○○市と付けているのにねえ。かって愛知県で、南セントレア市と謂う地名が付けられそうになり、住民の反対でポシャって何よりでした。

そしてね、東北の大震災の時、所謂古刹、古い神社仏閣程、被害が無かったそうです。此れ、先人達は、天災が起きた場所を覚えていて、其処には建てなかったと謂う事なんでしょう。そして、古い街道や宿場町も、津波の被害が全く無かったそうです。過去に浸水した場所は、巧妙に避けていたんですね~。でね、僕、感心しますのが、江戸期にはもう、天災時のマニュアルがあったんですね。震災当日から機敏に行動していまして、何と地震の半日後には、千坪もある避難所が出来、炊き出しに治療所と、兎に角迅速なんですよ。又、地震に便乗する不埒な者が出ない様、「買占め禁止令」「値上げ禁止令」を直ぐに布告しました。そうそう、上野広小路って、其の名の通り、かなり道幅が広いのですけれど、此れは火除地として、4代将軍徳川家綱公が、あえてそういう道路を造ったんですね。

此処大分には佐伯と謂う、日本一海鮮が美味しい街があります。此の町の居酒屋の「おおたけ」、お鮨屋さんの「福寿司」は絶品、兎に角お勧めですけれど、此処は江戸期に、大津波に襲われた事がありました。昔の侍は偉かったと痛感するのですけれど、殿様は城下町全体を堤防で守る事を決意、震災後僅か2週間で、其の工事に着工するんですね。殿様自ら陣頭指揮に立ち、3万5千人の労働者を動員、僅か2ヶ月で大堤防が完成したそうです。

1586年、豊臣秀吉公が世を統べていた時代、天正大地震が起きました。かなりの大規模だったらしく、主に福井県を中心に、津波等の大きな被害が出たんですね。宣教師や僧侶、公卿達が、当時の記録を残しているのですけれど、京都北部の丹後半島から若狭湾にかけて、かなり広い範囲に大津波が来て、多くの人々や家屋が流されたそうです。僕、危惧していますのが、此の若狭湾の周辺、非常に原発が多いんですよね。美浜、高浜、敦賀、志賀、大飯…。電力会社の皆さん、本当に本当に、地震対策は万全ですか!?佐伯藩の殿様程の危機管理を期待して大丈夫ですね!?

さて、此れから数日、お天気は雨模様でして、生憎の週末になりそうです。皆様、其れにも負けず、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませ。其れでは来週月曜日まで、暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR