FC2ブログ

☆ monster ☆

其れにしても、アベ総理と其の取り巻きども、僕もう、面を見る度に嫌になります。TVに彼らが映ったら、慌ててチャンネルを変えるのが常なのですけれど、もうねえ、奴らの言い分を聞いてましたら、頭がおかしくなりそうですもん。だってね、アソウは「公文書を改竄してたが、悪い改竄では無い」、アベは「確かに森友や加計に関与していたが、賄賂は貰ってないから関係無い」ですって。総理のお言葉を其のまま書きますと、「アベアキエは関与はしていないが、秘書役の官僚が、アキエの携帯の番号を盗み見て、勝手に留守電を聞き、黙って財務省に電話した」になるんですけど…。???頓珍漢…。しかしねェ、一国の総理がこんな事を謂っていて、其れが通ると思ってるんですぜ。僕、国民を愚弄するにも程があると感じました。僕の亡父の言葉を借りれば、「あいつ、だいぶイカレてるぞ!」でありまして、読者の皆様、どう思われますか!?

あ~、少しだけスッキリしました。今日の悪口は此れでおつもりにします。今月の初めだったかな、親友のMさんと一献傾けていた折、世代論の話になりまして、蒙を啓かれた思いがしたんです。と謂いますのも、Mさん曰く、「若い人達にも優秀な人は沢山居ますし、お年寄りにも駄目な人は大勢居ますよ。」でして、うん、確かに其の通りでありましょう。昨日のニュースでしたか、元総理の中曽根さんが100歳になったと出てましたけれど、いや~、1世紀生きているって、凄過ぎません!?毀誉褒貶相半ばする人物でありまして、スキャンダルや問題発言も多々ありましたけれど、少なくとも現総理よりは、数段格上でありましょう。だって、東京帝国大法学部卒で、海軍少佐となり3000人の兵を率い、フィリピン沖の大激戦で九死に一生を得て、そしてハーバードに留学、官僚を経て政治家になりました。各大臣を歴任後、総理に就任したんですが、中曽根政権時代は、アメリカは勿論の事、中国や韓国とも、上手く行ってましたもんね。JRにNTTにJTを民営化させ、伊豆諸島の三原山が噴火した際には、海上保安庁の船を緊急出動させ、島民全員の命を救いました。ネッ、現総理とは随分違うでしょ!?

僕、此れからの日本の行く末が心配でならないのですけれど、でもね、優秀な若者が沢山居る訳で、其処まで不安にならなくても良いのかなと、最近はなるべくポジティブに考える様にしています。将棋の藤井7段に、大リーグエンジェルスの二刀流の大谷選手。テニスの大阪なおみ選手。卓球やバドミントンやカーリングの若武者達に大和撫子の皆さん。誠に多士済々でありまして、目立ちませんけれど、学生や研究者や実業家の中にも必ずや、此の国を背負って立つ逸材が沢山居る筈、そう確信しています。

と申しますのもね、些か旧聞に属する話題なんですが、僕が都内出張中の金曜日、ボクシングの世界タイトルマッチがありました。僕、生で観たかったのですけれど、会食の席が控えてましたから、後ろ髪を引かれる思いで銀座に向かったんですね。其のまま忘れていたのですけれど、宴もたけなわとなり、ちょっと失礼してお手洗いに立った時、ふと思い出しまして携帯を見ましたら、何と1RKO勝ちでしょ。思わず快哉を叫びました。だって、弱冠25歳にして、負け無しのまま、日本ボクシング史上最速の3階級制覇ですよ!身長体重共に上回る1階級上の世界チャンピオンを相手に、もう何もさせませんでしたもんね。将に圧勝でして、チャンピオンは衝撃を受けて涙ぐんでましたもの。僕、もう40年近く、ボクシングを観続け、実際にグローブを付けて練習に励んだ程の大ファンなんです。僕の見る処、井上選手は日本ボクシング史上、最高の才能であり、最強でありましょう。僕、ボクシングの垣根を越え、もっともっと多くの方に、井上選手の素晴らしさを知って欲しい、そう切に願っているんです。

日本にボクシングが初めて紹介されたのは、黒船に乗ってやって来たペリーの時なんです。ペリー艦長が、エキシビジョンとして、連れて来たボクサーVS日本のお相撲さんの他流試合があった事が記録に残されており、此れが全ての始まりでした。文明開化の明治の御代となりまして、民間でもボクシングを始める者がポツポツと現れます。そして紆余曲折を経て、戦後の昭和になって初めて、白井義男と謂う、日本人初の世界チャンピオンが誕生します。1960年代には幾多の名チャンピオンが生まれ、日本ボクシング界は黄金時代を迎えます。僕の敬愛するA社長は、ボクシングをこよなく愛する同好の士ですけれど、当時の雰囲気を直にご存じですから、本当に羨ましいなァ。

僕がボクシングファンになりましたのは、具志堅がチャンピオンだった頃ですからもう40年前ですか。往時渺茫、感無量ですけれど、僕、小学校高学年からボクシングの魅力の虜となり、古いビデオをコツコツと取り寄せ、古今東西の名ボクサーの試合を観続けました。海外ですと、1950年代のロッキー・マルシアーノやシュガー・レイ・ロビンソンに始まり、アレクシス・アルゲリョにマーベラス・マービン・ハグラーまで、ビデオで観戦しましたねェ。嬉しかったのはWOWOWが開設され、世界中のボクシングの試合が生で観られる様になった事でした。タイソンやチャベスのファイトをライブで観る事が出来、大体日曜日の朝なんですが、其の日はもう僕、朝からビール解禁ですよ!だってもう、お祭りですもの♪

日本人にも、多くの名選手が居ました。僕のアイドルと謂えば、果てしなく連打が続くファイティング原田を筆頭に、燃える男輪島功一。抜群のパンチャーだった柴田国明。クールアズアイス、常に冷静沈着な渡辺二郎。強烈なフックが光った浜田剛史。ディフェンスマスターの川島郭志。頭脳とハートの強さで勝負したレパード玉熊に飯田覚士。惜しくも世界には届きませんでしたが、魂のパンチを感じた坂本博之。勿論辰吉丈一郎。キレにキレていた長谷川穂積。懐の深さを感じた安定感抜群の内山高志。度胸満点の八重樫東。天下一品の左ストレートの山中慎介。そしてアマでもプロでもミドル級を制した村田諒太。皆さん、素晴らしいボクサーであります。でもね、其れらの名ボクサー達をごぼう抜きしそうなのが、井上選手なんですよ。

井上選手の綽名はモンスターなのですけれど、スピード、テクニック、パンチ力、抜群であります。だって、スパーリングの際には、相手がパンチをブロックしても、其の腕が折れた程ですから、其の威力がお分かりかと思います。スピードは、相手が右往左往する位ですし、小学校1年生からボクシングをやっていて、今までダウン経験が無い事で、其のテクニックも折り紙付きです。真面目で明るく誰からも好かれる人柄ですし、非の打ちどころが無いんですよね。僕の見る処、4階級制覇までは行くでしょう。所属するジムの大橋会長は、ボクサー初の国民栄誉賞を狙わせると豪語していまして、其れを目指して是非頑張って欲しいなァ。実はもう、世界的評価も非常に高く、既に1度、アメリカで防衛戦をしましたし、次戦も海外でのビッグ・ファイトが決まりそうなんです。読者の皆様、世界的なスターになる直前の井上選手の雄姿を、今の内に是非、其の目でご覧下さいませm(__)m。

何だか今日は僕の趣味の話に終始して恐縮でしたm(__)m。明日は全く違うお話を書きますので、今日はお許し下さいm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR