FC2ブログ

♪ 情熱の嵐 ♪

さざなみや 志賀の浦ぢの あさぎりに 真帆にも見えぬ 沖の友船、今朝の大分は、サンフランシスコか摩周湖か、はたまたロンドンか三次の様に、深く濃い霧に覆われていました。ホント、一寸先は闇と申しますか、何にも見えなくて、僕、恐る恐る自転車を漕ぎ、何とか出勤した次第です。大分の読者の皆様、どうぞお気を付け下さいませ。

さて、日本の政界も濃霧が立ち込めている感があります。僕、つくづく呆れ果てるんですが、アベ総理の答弁なんて、大嘘を付き過ぎちゃって、謂ってる本人ももう何が何だか、意味が分からなくなっている位の体たらくでしょ。僕、酷いなァと思いますのが、森友学園の問題で、スクープを連発していたNHKの記者が居たと。そしたら其の方、記者を外され、「考査室」なる閑職に左遷された由でした。権力者に都合の悪い事をスクープしたら左遷させられるだなんて、まるで独裁国家じゃありませんか。んもう、受信料払ってやんないぞ!でね、僕、此のヒト、どんなメンタリティをしているのか、呆れ返ってるのが、マフィア紛いのファッションセンスのアソウ副総理です。此のヒトの暴言、何だかエスカレートする一方でしょ。幾つか拾ってみましょうか。

「(自民党総裁選の候補者に対し)暗い奴を選ぶか、あんまり頭の良くない奴を選ぶか。だったらお腹の悪いのが一番いい。」
「(北朝鮮の)見てくれの悪い飛行機が、シンガポールまで無事に飛んでくれる事を期待するが、途中で落ちたら話にならん。」
「(終末期医療について)さっさと死ねるようにしてもらわないと、考えないといけない。」
「名古屋人は民度が低い。あんなのを市長に選ぶんだから。」
「女性に参政権を与えたのが最大の失敗。」
「(日本と外国の米価の差について)アルツハイマーの人でも分かる。」
「(愛知県を襲った豪雨に対し)安城や岡崎だったからいいけど、名古屋だったら洪水だ。」
「御嶽山の噴火で亡くなった方に、激励申し上げます。」
「日本程安全で治安の良い国は無い。ブサイクな人でも美人でも、夜に安心して町を歩ける。」
「たらたら食べて飲んで、何もしない患者の分の金を、なんで俺が払うんだ。」
「とてつも無い金持ちに生まれた人間の苦しみなんて、普通の人には分からんだろうな。」
「(TVで高齢者を見ていて)お前いつまで生きるつもりだと思って見ていました。」

もうねえ、まだまだ沢山あるんですが、書いていて気持ち悪くなりました…。コイツ、漢字もまともに読めない癖して、よくまァ謂いますぜ。品性下劣で無知で無恥、おまけにレイシスト、差別主義者でしょ。こんなのが、外務大臣や総理をやり、今では副総理なんですよ。僕、日本は満天下に恥を晒していると思いますし、議員辞職して貰うべきでしょう。今、世界は、融和や寛容や許容、其れこそが大事と謂う潮流でしょ。勿論、トランプの様な輩も居ますけれど、どんなマイノリティでも大事にしようと謂うのが主流じゃありませんか。其れをね、大物政治家がこんな暴言を繰り返していては、日本は世界の孤児となりますよ。

閑話休題、歌手の西城秀樹さんがお亡くなりになりました。享年63歳、余りに若過ぎる死でした。謹んでお悔み申し上げます。安らかにお眠り下さい…。僕の世代ですと、西城さんは常にTVに出ているトップ・スターでして、でもね、何だか此の人、他の芸能人とは違うなァと、幼心に感じていたんです。長じてから其の理由が分かったのですけれど、西城さんは、海外のロックや黒人音楽の影響が非常に強く、其れを日本の歌謡曲に上手くアレンジした、エンターテイナーでした。コール&レスポンスあり、マイク・スタンドを振り回したり、ド派手な衣装だったり、シャウトしたり♪此れ、ご本人も仰ってましたが、意識していたのが、ジェームス・ブラウンとロッド・スチュワートと謂うんですから、僕、ははァ成程と膝を打ちました。でね、日本人として初めて、スタジアムでコンサートを行い、香港・シンガポール・バンコク・北京・ソウルでもライブをしたってんですから、アジアのトップ・スターでもあったんですね。大連のコンサートでは、4万人を超すお客さんを集めたそうで、凄まじい人気と謂えましょう。でね、僕、西城さんの凄かった処は、最大のヒット曲である「ヤングマン」をリリースした事と思うんです。「ヤングマン」は、アメリカのヴィレッジ・ピープルと謂うバンドの曲のカバーなんですね。実は此のバンド、同性愛を象徴するグループでして、原曲の歌詞って、ゲイ賛歌なんですよね。レコード会社も、「日本を代表するアイドルが、こんな歌を唄える訳が無い」と却下したそうですが、西城さんが「素晴らしい曲だし、歌詞は少しだけ変えるから」と粘り強く説得、そして歌謡界に残る歴史的大ヒットとなりました。

其のヴィレッジ・ピープルって、1970年代のアメリカのバンドなんですが、実に先駆的なグループでして、プロデュースしたのはフランス人なんです。そして、メンバーは全員がゲイ、カウボーイ姿や警官姿の白人が居て、インディアンは民族衣装に身を包み、軍服を着るのが黒人と謂う、将にミクスチャーと申しますか、差別を逆手に取ったかの様なグループでして、ネッ、凄いコンセプトと思いません!?

アソウ副総理の考え方とは対極に位置するバンドですけれど、庶民がどちらの味方をしたかと謂えば、西城さんは日本で、ヴィレッジ・ピープルは全世界で、記録的な大ヒットを飛ばしたんですから、勝負あったですよね。そして、世界最大のヒット作となった映画、「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」を造ったマーベル社のニューヒーローは何とムスリム、イスラム教信者ってんですから、寛容性が如何に大事か、皆が分かっているんですよ。

でもね、アソウさん、貴方はかって、外務大臣を務めましたよね。そんな差別的で大丈夫かと思うんですが、今、世界中の政界で、所謂マイノリティやゲイの方って、急増しているんですよ。マレーシアの次期首相、アンワルさんがそうでしょ。ドイツの副首相兼外務大臣のヴェスターベレさん。アイスランド首相のヨハンナさん。イギリス自由民主党副党首のサイモンさん。インドのゴーヒル王子。次期大統領最有力候補であり、現パリ市長のドラノエさん。ベルリン市長のクラウスさん。ベルギー元首相のディルポさん。皆さん全員ゲイでして、僕の記憶だけで此れだけ居るんです。世界は広く、もっともっとゲイの政治家が居る筈です。となりますと、アソウが外遊して差別発言をすると、日本の国益を損なう事になりませんかねえ!?

さて、段々とお天気は下り坂の様ですけれど、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。其れでは来週月曜日、セイムタイム、セイムチャンネルで又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR