FC2ブログ

♡ キューピー ♡

ホント、日本の政界を見てますと、頭を抱えたくなります。群馬のみなかみ町の前田善成町長、酒に酔って部下の女性に抱き付き、キスをした由でした。被害者の女性は、上司と弁護士に相談の上、警察に被害届を提出したんですね。そうしましたら、此の町長、「女性からの誘いを断れなかった」「引き続き公務をする事が、町への恩返しであり、町民へのお詫びになる」ですって!?アレレ、町長、じゃあ、抱き付いてキスしたのは事実じゃありませんか。女性は、町長からそんな事をされて、心底嫌な思いをしたから、告訴した訳でしょ。彼女にも生活がある訳で、立場が上の上司から執拗に迫られたら、中々拒めませんよ、可哀相に…。しかもね、か弱い女性に責任転嫁している訳で、其の上、開き直って居直っていますよね。とんでもない下種野郎の最低野郎でして、嫌な男だなァ。まァ、口のひん曲がったアソウ大臣曰く、「セクハラ罪と謂う罪は無い」、いけしゃあしゃあと良く謂いますぜ。あ、此れは以前の拙ブログで書きましたけれど、昔の薩摩の侍は、女性に卑猥な言葉を掛けたりしたら、問答無用で切腹でした。あれ、アソウさん、確かアナタ、ご先祖様は皆、薩摩藩士じゃなかったですか!?

でね、其のアソウの上司のアベも、相変わらずでして、つまらん小物と痛感したんですが、内閣府が、「戦略的イノベーション創造プログラム」と銘打ち、1500億円規模の、大プロジェクトを始めたと。此れ、どうやら、様々な研究や開発に、内閣が資金援助するとの由でして、決して悪い事ではありません。寧ろ是非やって欲しい位なんですが、でもね、「平等な形で選考する」と表向きは謂っておきながら、実は其の正反対だったんだとか。実際には、内閣側で候補者を決めており、事前に沢山の情報を提供、最初から内定していたんですって。将に出来レースでして、何でえ、加計や森友のケースと、瓜二つじゃありませんか。僕、行き過ぎた縁故主義や情実って、弊害しか生まないと思います。こういうのを大分弁で、すもつくれん、役に立たないと申します。

またねえ、其れを追求すべき野党も、如何しようも無い体たらく、民主党は疾うに無くなり、希望の党は事実上消滅した上、新たに出来た国民民主党なんて、支持率1㌫ですよ。誰も期待して無いと謂う事でしょう。しかも、此の新党の党首、玉木と謂う議員なんですが、森友や加計の問題で、国会で審議拒否していたんですね。ところが、急に国会で討議をすると謂い出しまして、其の方針転換の理由が、「親から言われたから」ですって…。僕、其の言葉を聞いただけで、此の党は駄目と思いました。あのねえ、タマキさん、アナタ49歳でしょ!?ホントに情けないし、駄目だこりゃ。

閑話休題、ところで僕、缶詰って割と好きなんです。お酒を呑んでいて、ちょっと小腹が空いたり、もう1品つまみが欲しい時なぞ、此れ程便利な物はありませんよね。昔々、様々な缶詰を取り寄せる事にハマった事がありまして、日本って、本当に食文化が豊かな国と痛感しました。だってね、ふぐに雲丹、稚鮎に湯葉、出し巻き卵に福神漬け、豚の角煮に蜂の子、鹿肉に鰻の肝までありまして、こりゃ呑兵衛には堪りません。僕の亡母は、珍しい物が好きだったんですが、彼女が東京出張の折には、海外の缶詰をお土産に貰いました。スペインのアーティチョーク。メキシコのハラペーニョ。イタリアのトリッパ。アイルランドのキッパー・ヘリング。フランスの茄子のコンフィ。吃驚したのが、ドイツのソーセージの缶詰でして、1㌔以上もあるんですよ~。流石は本場だけありまして、中々の美味でした。僕、珍しい缶詰を食べながら、未だ見ぬ異国の地に、思いを馳せたものです。

さて、世界的にも珍しいと思うのですけれど、我が国には、缶詰の専門の短大があるんですね。東洋食品工業短期大学と謂いまして、兵庫県にあるんですが、実践的な教育を重んじ、食品関連会社への就職率は100㌫、学費は日本一安く、僕、狙い目の学校と思うなァ。さて、此の短大の創設者は、高橋達之助さんと謂う実業家兼政治家なんですね。此の高橋先生、大人物でありまして、彼が興した東洋製罐は、ペットボトルや金属缶メーカーとして、全世界に支店を持つ、業界屈指の大企業なんですね。さて、高橋先生は大阪に生まれ、「日本は狭い島国だ。四方を囲む海を利用し、水産業を発展させる事が、此の国が生きて行く道だ。」と、東京水産大を出て、缶詰製作の技師として、世界中で工場を次々に立ち上げ、メキシコ・アメリカ・カムチャッカ半島・中国で八面六臂の大活躍をするんですね。余程の才覚があったのでしょう、幾つもの大会社を経営しながら、大臣に抜擢される事4度、そして多くのダムを建設、日本の電力供給の為、身を粉にして働きます。外交にも才があり、インドのネルー首相、エジプトのナセル大統領、アメリカのフーバー大統領、中国の周首相とは親友となりました。ですから、日中国交正常化は、田中総理の実行力も勿論ですけれど、高橋先生の尽力と人脈が無くては、あり得ませんでした。

僕、高橋先生を敬愛しますのは、真面目一辺倒の堅物では無く、やんちゃな処や、決して不正を許さない度胸がある処が、人間臭くて良いんですよね~♡幼い頃は大変な悪戯っ子、神社の狛犬の足を折ったり、長じては警察の横暴が許せないと、交番を襲撃して捕まったり。凄いのは、国の政策が許せないと、民衆を引き連れ東京の日比谷公園で大暴動を起こし、其のリーダーだった由、いや~、大物です!そうそう、センスも良いなァと思いますのは、キューピー・マヨネーズの名付け親でもあるんですね。高橋先生の晩年は、先の短大を設立、人材育成の為に奮闘を続けました。

僕、アソウやアベやタマキと謂った小物に較べ、高橋先生の様な大人物に、此の国の舵取りを任せたいですよ、全く…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR