プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
朋あり遠方より来たる亦楽しからずや、友人と謂うには烏滸がましいんですが、昨日、奈良在住の親戚の叔父さんが見えまして、久闊を叙し、一献傾けて来ました。僕、かっては不出来かつ、素行の悪い非行少年でありまして、学生の時分には、叔父さんに多大なご迷惑をお掛けしましたm(__)m。お会いする度、当時の事を謝るのが常なのですけれど、何時も快く許して下さり、恐縮の至りなんです。さて、其の叔父さん、本当に凄い方でして、慶應~上智~京大大学院と通い、リヨンかボルドーかマルセイユか失念しましたけれど、パリの大学も出られています。フランスでは、欧州全域を網羅し統括しアテンドする、ツアー・コンダクターもされていたのかな。そして、何れの大学でも、夫々違う学部でして、5か国語に堪能な大知識人なんですが、つい先年まで、中国の厦門大学の教授も務められていました。其れだけの方なのに冗談もお好きですし、政治宗教経済文学、映画スポーツ歴史音楽、沢山のお話を聴けて光栄でしたが、中でも印象に残ったのが、世界各国の美女達についてでした。「黒人も北欧人も、スラブ系もケルト系も、イタリアもフランスも、ヒスパニックも混血も夫々美しい…」、夢見る口調でそう語っておられまして、あの~、勉強しに行ったんじゃなかったの、叔父さん!?

でね、欧州は古い歴史を持つ人種の坩堝であり、宗教と因縁と戦争の記憶が絡み合い、とても一筋縄では行かないと思うんですよね。歴史的経緯から見ましても、第二次世界大戦で疲弊しきった欧州は、かっての植民地であるアフリカやアラブやインドから、安価な労働力として移民を確保して来た訳で、其れを今更、出て行けと謂うのは、相当無理がありますぜ。難しいとは思いますけれど、仲良くやって行くしかないでしょう。

閑話休題、「グレーテストショーマン」「シェイプオブウォーター」「ブラックパンサー」と謂った映画の大ヒットは記憶に新しい処ですが、此の諸作品は何れも、差別や排他的な考えを全面的に否定する物でした。此れが全世界でメガヒットしているのは、嬉しい限りでして、人類の行く末は明るい、そう感じました。でね、其れと正反対なのが、アベ政権の面々でして、特定のイデオロギーしか認めず、自分のオトモダチしか信用せず、親しければどんな不正があっても庇い、反対する者にはレッテルを張って排除か拒絶か黙殺、情報操作までしている可能性がありましょう。僕、政治家って、国民との信頼関係があってこそ、其の政策を実行に移せると思うんです。でも、アベ政権の面々って、心の奥底では、極度の人間不信がある様に思います。だって、其の証拠に、アベ総理は後継者を育てる気配がありませんもの。「総理は自分だけで良いんだ、後の事など知らない…」、何だかシニカルでニヒルでありまして、あのねえ、総理は其れで良いかもしれませんが、日本と謂う国はずうっと続くんですからね、そんな発想、正直な処、大迷惑でありましょう。

でもね、上司たる者、部下を信用しないでどうするんですかねえ。矢張り、自民党のお偉いさん方の中に、人間不信と謂うネガティブで暗い感情がある以上、部下だって其れは直ぐに分かるでしょうし、人が付いて来る筈がありませんぜ。でね、官僚の公文書の隠蔽が、各省庁で頻発してますよね。僕、あれは完全な内部告発であり、今までは面従腹背で我慢して来ましたけれど、「もうアベ政権には協力出来ない」と謂う、官僚達のクーデターと思えてなりません。自民党内でも、各派閥の会合が頻りに増えていますし、此れ、明らかに次の政権を睨んでの暗闘でしょう。そして、朝日・毎日の両紙は、今までずうっとアベ政権にNOを謂い続けて来ました。此処に来て、読売までもがアベ政権に猛反対を始めたんですね。先月でしたか、1~3面を費やして、アベ批判を全面展開していました。驕る平家は久しからず、やっぱりねえ、アベの様な排他的な思考では、必ず人は離れて行きますよ。

先日、スペインのセビリア近郊で、黄金の財宝が見つかったそうです。此れ、凡そ2700年前、紀元前の古代王国タルテッソスで造られた物と判明した由でした。多くの細かな金細工による首飾り。ブレスレット。ぺンダントにイヤリング。何れも目を見張る豪奢な出来でして、紀元前の物とはとても思えません。でね、此の装飾品、多くの文化や多国籍の技術が融合して生まれた物なんですって。金そのものは、スペインで産出されているのですが、其れを造ったのはフェニキア人で間違い無い由でした。此のフェニキア人とは、古代の地中海全域を支配していた海洋民族なんですね。北アフリカからイタリア、ギリシャやアラブに渡り、幾つもの港湾都市を支配していた民でして、先の黄金のブレスレットは、其の各地の技術が融合して出来た物だとか。

其の海洋通商民族って、日本にも居まして、かっての琉球王国がそうでした。今から600年前、琉球王国とマラッカ王国の間で、盛んに通商が行われていたんですね。琉球=沖縄からは、銀に漆器に屏風を。マラッカ=マレーシアからは、象牙、鉄、砂糖を。此の古い縁、今でも続いていまして、マレーシアは親日国として知られてますけれど、去年1年で、50万近い人が観光で日本を訪れたんだとか。実は、此処まで来るには、民間の地道な努力がありまして、毎年、東南アジア各国で日本観光フェアを開催しているんですね。大手私鉄各社、JTBにHIS、ホテル各社等々、30以上のブースを設置、営々と営業努力に励んだ結果が、実を結んだのでしょう。今の外国人観光客の皆さん、東京や富士山や京都だけで無く、中央アルプスや北陸、そして合掌造りの白川郷まで来られているんですって。将に、民間外交の勝利と謂えましょう。

「危機に際し、愚か者は壁を造る。賢者は橋を架ける。」、或る大ヒット映画の台詞ですけれど、人間やっぱり、仲良くするのが一番です!アベ総理やトランプの様な排他的思考では、高転びに、あおのけに転ばれ候ずると見え申し候、でありましょう。

さて、此れからお天気は下り坂、その日より なほ花冷えの つづきをり、と謂った趣ですが、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。其れでは、月曜日に又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト

<< ダーリン、三振したらダメだっちゃ♡ | ホーム | ☆ オーロラステーション ☽ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム