プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
おぼろ月 大河をのぼる 御舟かな、昨夜は僕、職員有志の方々と会食の機会がありまして、鱈腹食べて飲んで、愉快な一時を過ごす事が出来ました。参加された皆様には、此の場を借りて、厚く御礼申し上げますm(__)m。本当にありがとうございましたm(__)m。是非又お誘い下さいね。楽しみにお待ちしています。しかし、僕は日付が変わる頃に帰途に着いたんですが、其の他の皆さんはまだまだ意気軒昂でして、一体何時まで飲んでたのかしらん…。まァ、元気があって何よりでありましょう!

さてさて、お酒を酌み交わしながら、色々と四方山話に花が咲いたのですけれど、僕、印象に残ったのが、「理事長はどうしてそんなにフランクなんですか」との問いでして、うう~ん、返答に困りました…。だって、其れが自分の素のままですし、威張ったり恰好つけたって仕方が無いでしょう。幾ら自分を良く見せようと思っても、長く付き合えば本性なんて何れは分かるもの、ならば、最初から何も飾らず、素直に自分を出した方が楽、そう思えてなりません。まァ僕、其処まで深く考えてませんで、♪ありのままの~♪、其れでずうっと生きて来ました。だってね、業務上、役職って必要不可欠ではありますけれど、其の立場と人格って、決してイコールじゃないでしょ。どんなに偉い立場にあっても、下らない人詰まらない人って、沢山居ますぜ。僕、然るべき立場に就いたら、其れに見合うべく、努力と研鑽を積むのが当然、そう思うなァ。

謂えね、何故そんな話になるかと申しますと、政界からスポーツ界から、目を覆う様な酷い事ばっかりでしょ。財務省から防衛省から原子力規制庁から、文書の改竄と隠蔽は延々と続いています。アベ総理夫妻も、何時まで居座る心算かしらん。僕、吃驚したんですが、アベの野郎、自分に反対する人達に対し、「左翼は人権侵害が平気」ですって。あの~、アナタの支持率って、秋の日の釣瓶落としにも似て落ちる一方、ならば、国民の大半が共産党支持者と謂う事になりませんか?でもねえ、僕の廻りの友人知人、殆ど全員がアベ不支持ですけれど、皆さん健全な社会人でありまして、共産党員なんて、誰一人居ませんぜ。そして、相撲界、レスリング界、サッカー協会の場当たり的な対応は最早、当事者能力皆無でありましょう。特にサッカーですけれど、ワールドカップ2か月前にして、日本代表監督が交代の由、うう~ん、結果オーライになるか否かは神のみぞ知るですが、長期的な戦略の元に立案した計画とは、とても思えないですよね。だって、前回のワールドカップを制したドイツ代表なぞ、レーブ監督が12年に渡って指揮を執ってますもんねえ。

どうもね、上記の仕事の出来ない面々って、皆共通項がある気がします。強い特権意識。異常なまでのプライドの高さ。想像力や共感力の不足。自覚の欠如。そして、何よりも酷いのが、現実を決して認めない事でありましょう。其の事実を突き付けられても、頑なに否定するんですよね~。「そんな筈は無い」って、僕、聞いた事があるのですけれど、海外に行った方が居て、有名な観光地に行き、地図を貰ったと。其れに従って、目的地に行こうとしたら、辿り着かなかったと。此れ、自分が地図を見間違えたのかな、そう思うのが自然でしょ!?でも、「地図が間違っている」、そう言い張るんですって。うう~ん、重症…。よく、「人は自分の見たい物しか見ない」、そう謂いますけれど、将に其のままでありましょう。

此れ、どうしてそうなるんですかねえ…。余りに幼稚であり、無自覚であり、状況判断が甘く、失敗を極度に恐れる訳でして、もっと肩の力を抜けば良いのにねえ。何だか、バランスが悪過ぎますよ。失敗するのが人間であり、数え切れない試行錯誤を重ねながら、ホモサピエンスは進化して来たんじゃありませんか。

僕、感心するのが、最近のハリウッドの若手女優さん達なんですよ。非常にバランス感覚が良いんですよね。ほら、ハリウッドなんて、虚栄の都じゃありませんか。巨万の富も世界的な成功も掴めますけれど、一旦干されたら明日から無収入な訳で、此処を主戦場にするって、余程強靭な精神力が無くては、人格が壊れてしまう気がします。今、最もマネー・メイキング・スターと呼ばれ、ヒット作を連発、若手女優ではトップ・クラスの、シャイリーン・ウッドリーさんっていらっしゃいます。彼女は、ガール・ネクスト・ドアと申しますか、自然体でフレンドリーな方なんですが、途轍も無い高収入を得ながら、テレビも家も持っていません。飲み物は山から汲んで来た自然の湧水であり、日々使う化粧品や歯磨き粉は、土や植物から造った物だそうです。シアーシャ・ローナンさん、彼女も又、ハリウッド映画に軒並み出演している女優さんです。シアーシャさんは、ご自身が生まれたアイルランドの地をとても大事にしており、幾ら成功を収めようとも、其処だけは忘れたくないんだとか。僕、彼女が子役時代に演じた「つぐない」と謂う映画から観てますけれど、幼い頃から大変な読書家であり、ロケの合間に独学で研鑽を積んだ由です。延々とセクハラを受けたそうですが、決して負けずに闘い続けて来た由でした。世界的な大ヒットとなった「ブラックパンサー」、其のヒロインを演じたルピタ・ニョンゴさん、彼女は、ケニアで生まれ育ち、子役の時から有名でしたが、俳優だけでは宜しく無いと、単身メキシコに留学しスペイン語を学び、アメリカの超名門イェール大学の修士号を得て、現在は5か国語に堪能、才色兼備の大変な才媛であります。

皆さん、ショービジネスの過酷極まりない環境でサバイブしながら、様々な誘惑に揺らぐ事無く、バランスの取れたライフスタイルを貫いている訳で、僕、尊敬に値すると思えてなりません。ホント、僕を含めてですけれど、日本の男性の皆さん、彼女達の爪の垢でも煎じて飲みなさ~い!
スポンサーサイト

<< ☆ オーロラステーション ☽ | ホーム | ナスカの地上絵 >゜))彡 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム