FC2ブログ

ワン・フォー・オール、オール・フォア・ワン

早いもので、今年ももう卯月となりまして、咲き乱す 桃の中より 初桜、先週末の当院は、2班に分かれてお花見に行って来ました❀でね、昨朝、大分合同新聞と謂う地方紙を見てましたら、当院のスタッフの写真が大きく出ていまして、僕、飲んでいた珈琲を吹き出しそうになりました。吃驚したなァ。でもね、些か驚きましたけれど、直ぐに嬉しくなったんですよ。と謂いますのも、其の大写しになった写真の皆さん、色々な職種の方々が揃って満面の笑み、とっても楽しそうでした。矢張りね、患者様とスタッフが楽しそうにしているのが僕、何よりも嬉しいですもの。将に和を以って貴しと為す、人間、仲が良いのが何よりでありましょう。

閑話休題、週末は僕、殆どお布団の中で怠惰に過ごしていたんですが、WOWOWでボクシングの世界戦がやってましたからね、早朝から其れを観ていました。ヘビー級のタイトル統一戦は、彼のマイク・タイソン以来だそうでして、8万人近い大観衆が集まり、世紀の一戦でありました。WBAスーパー・IBFチャンピオンのアンソニー・ジョシュア対WBO王座のジョゼフ・パーカーの試合でして、KO必至の勝負と、戦前は謂われていたんですね。ところが、両雄共にチャンピオンですから、互いに決め手を欠き、結局は判定でジョシュアが3団体を統一しました。試合内容は正直パッとしなかったんですが、僕、つくづく思ったんです。此のビッグマッチを開催するにあたり、皆が協力しなくては、とても実現は不可能だったでしょう。先ず、スタジアムは、ウェールズの首都カーディフでしょ。プロモーターはイギリスのエディ・ハーン、彼が中心となり、世界215か国に衛星生中継を行いました。其の中に、日本のWOWOWも協力している訳ですね。勝者のジョシュア選手は、ナイジェリア生まれのイギリス育ち。敗者のパーカー選手は、サモアの血を引くニュージーランド人。前座で豪快なKOを披露したのは、ロシアのポベドキン選手。そして、此の試合の勝者とのファイトが決まっているのが、スペシャル・ゲストとしてウェールズに来た、アメリカのワイルダー選手。もう1つ、此の世界戦を承認した夫々の団体、WBA・IBF・WBOのコミッショナー達が夫々、パナマ・アメリカ・プエルトリコから集結。世界中のボクシング・ファミリーが、此の世紀の一戦を成功させようと、一致団結して協力していたんですね~。

僕、今の日本って、そういう呉越同舟相互扶助と申しますか、困った時はお互い様、助け合おうぜ、と謂う気持ちが、薄れつつあるんじゃないか、そう思えてならないんです。アベ総理を支持する人達って、何だかファナティックで怖いんですが、或るツイッターにはこう書かれていました。「現政権を批判する者は日本人では無い。中国や韓国に味方する国賊だ。」、こう謂ったニュアンスの事が、延々と書かれていました…。あのねえ、健全なる批判も許さないなんて言語道断ですし、憲法改正よりも僕、先ずはやる事は沢山あると思うんですよね。6人に1人が貧困層と謂う経済格差、年金の問題、そして原発や赤字国債。一昨日の毎日新聞には、2040年でしたか、日本中の殆どの地域が人口減少で自治体が崩壊、充分な公的サービスが受けられなくなると出ていました。ならばね、東京五輪よりも、やるべき事は山積していると思うんですがねえ…。此れ、僕、正論と思うのですけれど、こういう事を書いたら、国賊になるんですかねえ!?変なの~。

ところで、僕のこよなく愛するラグビーですけれど、高校大学社会人に国際試合のテストマッチ、様々なカテゴリーがあります。技術的には稚拙で体力も落ちるのですけれど、僕、最も情熱的な高校ラグビーが観ていて最も面白いと思うんですね。今、ラグビーの高校選抜大会が開かれており、僕の大の贔屓の大分舞鶴高も、何とか頑張っていて嬉しい限りです。さて、此の高校ラグビー選手権、97年の歴史を誇る全国大会です。秋田工、天理、国学院久我山、伏見工、東福岡、東海大仰星等々、名門チームは多いのですけれど、実はね、戦前の同大会の最強高校って、日本のチームでは無かったんです。3連覇を果たした京城師範。連覇を果たした撫順中。優勝1回準優勝1回の台北一中。此の3校は夫々、朝鮮、満州、台湾にありました。何れもかっての日本の植民地なのですけれど、其の3校のフィフティーンは、様々な人種が混合したハイブリッド・チームであり、其処には差別なぞありませんでした。

特定の人種だけが優れているなぞ、本当にナンセンスですし、そんな事を謂い出したら、僕達の祖先は皆、アフリカにある訳で、根っ子は同じじゃありませんか。其の初期の人類が様々な場所に移動、ネアンデルタール人とも結ばれながら、其の地域に合わせて、肌や髪や目の色が変わっただけでありましょう。

僕、サウジアラビアを見習えって謂いたいですよ。だって、何時までも石油依存では今後は大変な事になると、国家を挙げての大プロジェクトを推進してますでしょ。世界最大の太陽光発電システムを、21兆円投資して新設する由、其れをスポンサードするのが、ソフトバンクの孫社長でしょ。僕、此れ、日本でこそやって欲しいのですけれど、税制があり規制があり、とても本邦では無理なんでしょうねえ…。其れに加え、サウジアラビアでは、国営石油会社の民営化、税金の徴収、各種補助金の減額、公務員給与の削減、女性の社会進出をバックアップ、若者の就労支援、そして優れた外国人教員を大量に雇用、教育に大変に力を入れていまして、ホント此れ、日本が取り組むべき課題と酷似してませんか!?

僕、前述したかっての高校ラグビーにしてもサウジアラビアにしても、其の人の国籍なぞ、何も気にしていないと思うんですよ。自分の属する組織を良くしようと謂う熱い志さえあれば、肌の色なぞ何の関係がありますか。僕の父が生前常に謂ってましたのが、「良い奴だったら、どんどんうちに就職して欲しいよ。肌の色なんて、赤でも緑でも青でも良いぞ、アハハハ!!」ですって。僕、亡父の意見に全面的に賛成ですけれど、お父さん、緑色の肌の人って、そりゃ宇宙人かも!?其れは兎も角、当院は、人種も経歴も経験も、性別も年齢も学歴も不問です。情熱のある人には常に門戸を開いている心算です。よおし、其れでは今週も頑張るぞ~!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する