FC2ブログ

♪ THIS IS ME ♪

脱ぎ捨てし 外套の肩 なほ怒り、僕、どうにも気持ちが収まりません。森友学園の問題で、またもや自殺者が出ていた由、其れなのに政府は、大嘘答弁ばかりを繰り返しています。アベアキエに至っては、其の事を知っている筈なのに、ドレス・アップして満面の笑みでパーティに参加していた由、もう此処まで来ますと、空気を読めないレベルでは無く、人格を疑わざるを得ません。僕、公文書を改竄した官僚は万死に値すると思いますけれど、でも其れって、アベ夫婦を守る為の事でしょ。松本清張先生の短編に、「ある小官僚の抹殺」と謂う佳品がありますけれど、其れと全く同じ図式でありましょう。此れ、許して良いんですかねえ…。

しかもね、文部省の前事務次官の前川さんが、中学校で講演をしたと。此の前川さん、アベ政権に噛み付いて職を辞した方なんですが、そうしましたら、文部省が、「どんな講演をしたのか、音声の録音データを出せ」ですって。あのねえ、其処までしますか。此れでは言論統制でしょ。日本国憲法第19条で、「言論の自由」を明記してますよ。政府の皆さん、自ら思い切り憲法を破るだなんて、おイタが過ぎますし、顔を洗って出直してらっしゃい。自分の意に沿わない者、考え方の違う人、兎に角異分子は全て排除するって、どれだけ傲慢なんでしょうか。お前は全知全能の神かと問いたくなりますけれど、お天道様は見ています。こんな無礼者どもには必ず、天罰が下るでしょう。だってもう、官僚達も反乱の気配ですし、全世界で報道されており、首相官邸前では連日、デモが起きてますでしょ。自民党はもう、ガバナンス能力は皆無でして、内閣総辞職か解散総選挙しか無いと思います。

閑話休題、どうにも嫌な世の中だなァと、悲憤慷慨しながら僕、映画館に向かったんです。観ましたのは、ミュージカル映画、「グレーテスト・ショーマン」でして、いや~、皆さん、本作は大傑作ですよ!未見の方の為、粗筋を詳しく書けないのが本当に残念なのですけれど、先ず、キャスティングが素晴らしいです。主演のヒュー・ジャックマンは、張りのある美声で唄い、切れのあるダンスと優しい笑顔がとっても素敵でした♡脇役のザック・エフロン君、僕、何度か彼の映画は観てますけれど、繊細さと情熱が同居する二枚目でして、しかし、あんなに唄って踊れるとは、思ってもいませんでした。しかしねェ、新旧の二枚目スターが揃い踏み、其の2人が唄って踊るんですから、女性のお客さんは皆、胸をときめかせるんじゃないかしらん♡女優陣は割と無名の人を抜擢してましたけれど、まァ皆さん、存在感に溢れ、歌は抜群に上手いわ、ダンスはキレキレ、僕、アメリカのショー・ビジネス界の層の厚さを、今更ながら痛感しました。演出も素晴らしく、自然に時間の経過を表して行く、冒頭の幾つかのシークエンスを観て、僕、開始数分で傑作を確信しましたもの。またねえ、使用されている楽曲が全て良いんですよ♪ダンサブルでリズミカルな、ザ・グレーテスト・ショーから始まり、綺麗なバラードのア・ミリオン・ドリームス。夢の様に美しく切なく、そして力強い、ネバー・イナフ。そして、パワフルな人生の応援歌である、ディス・イズ・ミー。男女の掛け合いのコーラスが素敵な、リライト・ザ・スターズ。いやあ、粒揃いの名曲のオンパレードでして、世界65か国で1位になったのも頷けます。

僕、ミュージカル映画は、其れなりに観ていまして、クロノロジカルに整理しますと、「雨に唄えば」「王様と私」、「ウエストサイド物語」「マイ・フェア・レディ」、「オールザットジャズ」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」、「ムーラン・ルージュ」「シカゴ」、「ナイン」「レ・ミゼラブル」「ジャージー・ボーイズ」、うん、こう書くと、有名作は大体観てますねえ。そして今回の「グレーテスト・ショーマン」となりますが、本作は、今までのミュージカル映画より優れた点があるんですよ。其れは、今の時代が抱える問題と、真正面から誠実に向き合っている事なんです。其れは人種差別であり格差社会であり、人の心の暗い面ですよね。でも、本作は、其れではいけないんだ、沢山の人達が居て、様々な個性があって、お互いの良さを認め合いつつ、共に生きて行こうと謂うのが、最大のテーマなんですね。僕、滅多に映画で泣きませんが、涙が溢れて困りましたもん。本作は、先にアベ政権の面々とは、全く違った考え方でありまして、でも此の映画の楽曲は、世界65か国で1位でしょ。かたやアベ君は、世界中の新聞で連日叩かれまくっている訳で、ちょっとは反省しなさい!!

今春は、「ブラック・パンサー」に「グレーテスト・ショーマン」、「15時17分、パリ行き」に「シェイプ・オブ・ウォーター」と、話題作が目白押しなんですね。夫々のアプローチは全く異なるんですが、興味深い事に、どの作品も、差別や分断の考えは宜しく無い、其処だけは一致しているんですよ。世界各国の優れた映画人達が、夫々のやり方で、アベやトランプにNO!を突き付けている訳でしょ。僕、勿論、映画人達に大賛成であります!

日本とイギリスの大学が、共同で立ち上げた、「東京デザインラボ」と謂う研究所があります。此処の最終的な目標は、植物の声を聴く事なんですって。植物のデータをモニタリングして可視化し、自然と人間が共存共栄して行こうと謂う事でした。実際、異なる植物間で、シグナルを送り合い、互いに情報を交換し、共存共栄しているんですって。例えば、キノコの菌が、樹木に貼り付き、根を生やすと。キノコは、地中から栄養素を樹木に提供するんですって。其の代わり、樹木の光合成したエネルギーを、キノコが受け取り、共存共栄が成り立っているそうです。自然って凄い…。

そして、つい先日、ドイツのバイエルンで、5世紀頃の人骨が出土したんだとか。此の骨のゲノムを解析した処、男性は、金髪で青い瞳でした。ところが女性は、茶色の髪に茶色の瞳だったそうです。女性のDNAを精査した処、ローマやセルビア、ルーマニアやブルガリア、そしてアジアの遺伝子まで含まれていたとか。恐らく、遠い遠い5世紀の昔から、国際結婚が既にあったと謂う証左でありましょう。愛の力は万里の波濤を超え、人種の壁も易々と乗り越えた訳でして、僕、何だか感動しました。こういう事実を見ますと、やれ人種差別だ移民排除だと、声高に訴える人達の意見が、如何にナンセンスかが分かります。そんな事では、5世紀のドイツ人に笑われますぜ…。

さて、お天気は段々と回復の様子、週末は全国的に晴れの由です。皆様、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さい。僕、映画を観に行って、美味しいお蕎麦でも食べて、のんびりしま~す。其れでは皆様、来週又お会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR