FC2ブログ

豊後国風土記

楽しみをきはめ、諌めをもおもひいれず、天下のみだれむ事をさとらずして、民間の憂ふる所をしらざりしかば、久しからずして、亡びにし者どもなり。此れ、平家物語の一節ですけれど、昨日僕、麻生財務大臣の記者会見を見てまして、ふと思い出したんです。先ず、アソウ大臣、態度が酷過ぎました。報道陣に対し、冷笑や嘲笑で答え、「もういい加減にしようや」と、記者会見を終わらせようとしましたもんね。ホント、根っからの傲慢無礼でありまして、漢字も碌に読めない癖に、将に驕る平家は久しからず、何をどう謂ったって、コイツは辞職せざるを得ないでしょう。そして、内閣総辞職もそう遠く無いと思います。

アベ夫妻を筆頭に、彼ら自民党や官僚どもがやっている事は滅茶苦茶でありまして、為政者が公文書を偽造しているんですもの、此の国の権威は地に墜ちたと思えてなりません。省庁の代表である財務省がこんな事をしているんですよ、他の官僚連中も推して知るべし、駄目だこりゃ。此れ、民間企業だったら大変ですよ。即刻業務停止になると思うんですが、親方日の丸は良いですねえ…。実際、ガーディアンズ紙からロイターから、けちょんけちょんに書いてますし、今、アジア圏内で最もホットなニュースだとか。全世界に恥を晒している訳で、本当に恥ずかしいです…。其の見出しを拾ってみますと、 doubt as wife linked to cronyizm scandal 、とありまして、妻が関連した依怙贔屓スキャンダルで疑われている、でしょうか。英語で書くと、本当にリアルに感じますよね…。古い邦画で、不実な男性が浮気相手に子供を生ませるシークエンスがありまして、其の字幕に、シー・ハズ・マイ・サン、と出てまして仰天しましたが、此れまた酷い話でした。しかしねェ、アベを礼賛していた人達、どういう詭弁を弄するのか、楽しみではあります。自慢じゃありませんが、拙ブログでは此の森友問題、2年以上前から取り上げていまして、古くからの読者の方々はご存じと思います。でもね、此処まで腐り果てているとは、思いも依りませんでした。

公文書から削除や改竄した部分は十数か所にも上るとか。アベ夫妻は勿論の事、彼らを支えた極右団体の日本会議、青年会議所のJC、其の他自民党議員の名前まで公文書に載っていたのに、其れらが全て消されているんでしょ。其れをねえ、アベやアソウが「真相を究明する」なんて寝言謂ってるんですから堪りませんぜ。泥棒に事件を捜査させる国が何処にありますか!?もうねえ、コイツらのおつむに付ける薬はありませんぜ。昨夜、首相官邸前で、退陣を求めるデモが起きたのも当然でしょう。しかしまァ、此れからは冥途の旅の一里塚、幾ら隠そうとしても、悪事は必ずや露呈します。連中は何れ、閻魔様に舌を抜かれるのは当然として、先ずは奴らの断末魔の叫びを、とっくりと聞いてやろうじゃありませんか。

閑話休題、東北の大震災の慰霊の為、昨日、鎌倉の大仏の前で黙祷が行われたそうです。僕、此の国の良さを見た様に感じたんですね。と謂いますのも、仏教・神道・キリスト教が、夫々の作法で大仏に祈りを捧げた由、此の融通無碍、多様性や寛容さこそが日本の美点でしょう。此れ、イスラム圏やイスラエルでこんな事をしたら、其の場で戦争になりそうでしょ!?

でね、此の国の文化や慣習を見ても、他国の長所を取り入れ、自家薬篭中の物とし、日本流にアレンジメントして、我が国は発展して来た訳です。例えば、来年には平成が終わり、新たな天皇が即位されますよね。其の際、大嘗祭と謂う祭式が行われます。此の式典、最新の研究では、アジア全域の様々な文化が取り入れられた事が分かっています。大嘗祭の中には、五穀豊穣を祈る神事もあるんですが、此れ、東南アジアや中国、台湾に韓国等でも、同様の儀礼があり、酷似しているそうです。そしてね、日本の象徴とも謂える伊勢神宮も同じなんです。神社と謂う形は日本固有の物ですが、陰陽道などは、中国思想の影響がかなり強いですもんね。伊勢神宮は陰陽五行と縁が深いでしょ。そして、内宮や外宮の正殿にしても、建物の造りは、東南アジアの穀倉地帯の倉庫と酷似しているとか。即ち、稲作技術と共に、技術や文化も日本に持ち込まれ、アレンジされ、独自の物へと進化したと謂う訳でしょう。興味深いのは、江戸期の長崎の隠れキリシタンでして、此れ、確かにキリスト教からの教えなのですけれど、もうねえ、全く別の宗教なんですよ。儀礼や唱文などは、伝統的な先祖崇拝に代わってしまい、長崎の慣習や文化と融合、独自の民族宗教になっているんですよね。だって、皆が集まって神に祈りを捧げた後、日本酒とお刺身で大宴会で大はしゃぎって、そんなの、キリスト教じゃありませんよねえ…!?

此れ、食文化でも同様でしょう。僕、カツカレーを見る度に感心するんですよ。先ず、カツって元々は、フランス料理の肉の揚げ物である、コートレットでしょ。カレーにしても、インドからイギリス経由で日本にもたらされた物です。其れに、福神漬けやらっきょなど、日本の漬物を乗せ、ご飯と共に食べるって、何か国もの食べ物を融合させているんですもの。如何にも日本的な食べ物と謂えましょう。明太子スパゲティしかり、長崎のトルコライスしかり、僕、感心するのは名古屋でして、彼の地は凄いですよね。カレー風味のインディアン・スパゲッティ。激辛の台湾ラーメン。パンの上にあんこが乗る小倉トースト。あんかけスパゲッティに味噌カツにひつまぶしに天むす。もう何が何だか、余りに無国籍でアナーキーですけれど、でもどれも美味しいんですよね~♡

僕、こうした日本人の長所を、政治に活かさない手は無いと思うんですよ。即ち、世界各国の長所を取り入れ、我が国流にアレンジメントし、古来からの慣習とミックスし、より優れたシステムを編み出す手腕です。此れ、カツカレーと同じですよ。ですから、先進国の共通認識である「正しい民主主義」、そして、「公文書」や「契約」の重要性、「メディアの正確で中立な報道」、此れらは是非ともきちんと取り入れるべきでしょう。そしてね、昔の日本は、女性リーダーも多かったんです。神功皇后や卑弥呼や光明皇后は勿論の事、かっての風土記をご覧下さいな。此の風土記、奈良時代に編纂された書ですけれど、日本各地の文化や風土を記載した物ですよね。散逸してしまい、今では一部しか残ってないんですが、例えば古代の大分の記録である豊後国風土記には、其の地域を治めている女王の名が、沢山残されています。例えば日田には、「神あり、久津媛--姫と同じ意味です--という」と謂う記述があります。又、「此の村に女人あり、名を速津媛といいて、其の処の長たりき」、こういう記録が非常に多いんですね。分かっているだけで、地方毎に8人の女性のリーダーが居たそうです。でね、日本の政界を見てますと、其の殆ど全てが男性リーダーでしょ。そして、無残な失敗を延々繰り返している訳でして、ならば古代の日本の顰に倣い、女性をリーダーにする方が、きっと上手く行く気がするんですが…。少なくとも、アベやアソウよりは数段上と思うんですがねえ…!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR