FC2ブログ

野に遺賢あり

いや~、今日は僕、犬に夜中に起こされて閉口しました。2時前からずうっと起きてまして、今日は半期に1度の部門長面接があると謂うのに、こんなに眠気が残っていて大丈夫かしらん。とりあえず冷水で洗顔、濃い目のエスプレッソを淹れて頑張ります。しかしねえ、春風や 侍二人 犬の共、こんな一茶の様なほのぼのとした感じなら良いんですが、未だ街が眠っている朝ぼらけ、愛犬と共に、住宅街を全力疾走するのは草臥れますぜ。しかもねえ、春とは名のみの風の寒さや、今朝は冷えましたねえ。読者の皆様、朝夕の寒暖差がかなりありますから、体調管理にはどうぞお気を付け下さいませm(__)m。

へええ、と感心したんですが、今朝、NHKのニュースを見ていましたら、132年前の瓶入りの手紙が、豪州で発見されたんだとか。此れ、インド洋を公開中のドイツの帆船が、海に投じた手紙だった由、何でも当時は、正確な海図を造る為、世界各国が7つの海に海洋調査船を繰り出していたそうです。さて、其の手紙には、「発見された方は、ドイツ領事館に知らせて欲しい」旨、きちんと書かれていた由、ドイツの人は昔から流石にきっちりしてますよね~。

しかしね、同じ敗戦国と謂うのに、日本とドイツは随分と差がある様に思うんです。メルケルさんとアベ総理では、国際的評価がどちらが高いかなんて、聞く方が野暮でありましょう。僕、象徴的と思いますのが、航空機産業なんですよ。我が国は未だに、国産旅客機を造れませんよね。此れ、アメリカの圧力が最大の原因なんですが、同じ敗戦国のドイツは、エアバスを造ってますでしょ。エアバスと謂えば、ボーイングと並んで、世界航空機産業の2大巨頭ですもんね。どうして此れだけ差が付いたのか、ドイツは敗戦時に、こう交渉したんだとか。「エンジンが付いた飛行機なら、戦争に使われるかもしれません。でも、動力が無いグライダーなら、戦争に使われませんから、研究を続けさせて下さい。」とネゴシエイトしたそうです。其の結果、グライダーも飛行機も、動力が無いだけで原理は同じですから、次世代のエンジニアを育成する事が出来たんだとか。でね、今、ウクライナではずうっと緊張状態が続いてますよね。欧州各国は軍事予算を増やしているんですが、今回ドイツは一気に100両も戦車を増やしました。近代戦車って、本当に高価でして、1台10億前後するんですね。幾ら富裕国のドイツでも、戦車だけに1000億使うのは大変だろうと思っていました。ところが、ドイツの正式戦車のレオパルト2は、欧州全域に供給されているんですね。修理用の部品やストックや中古車体は、いざと謂う時に備え、ドイツ国内に大量に備蓄してある由、ですから有事の際には、一気に格安で100台の戦車を造る事が可能なんですって。うう~ん、国防って、とても大事な事と思うんですが、果たして我が国に、こんな備えがあるんですかねえ!?僕、多分何の用意もしていない気がするんですけど…。例えばもし、南海トラフ地震が起きたとしたら、200万戸の仮設住宅が必要なんですって。でも、其れを用意する予算も資材も人員も輸送手段も無い訳で、此れだけ天災の多い国で、此処まで無為無策な政府って、殆ど犯罪に近いんじゃないかしらん。

だってね、政府も官僚も、公文書を思い切り偽造、其れでもいけしゃあしゃあと平気の平左の国なんですぜ。国民を救う気持ちなぞ、さらさら無いでしょう。今朝、東洋経済誌と謂うビジネス誌を読んでましたら、こんな記事がありました。100社を超える顧客を持ち、多くのベストセラーを持つ、有名な企業コンサルタントの方が書かれているんですが、「死んでいる会社に蔓延する5つの社内病」と謂う内容でした。其の駄目会社の5つの病気、以下列挙しますね。

①挑戦より管理が優先される
②現状維持のベクトルが強く、新陳代謝に乏しい
③過去の成功体験ばかり語っている
④部下達が上司の様子うかがいばかりしている
⑤会社の方針がコロコロ変わる

ですって。筆者の方は、キャッシュフローや財務管理やガバナンスやコンプライアンスも勿論大事だけれど、先ずは会社に活気が無ければ、幾ら数字上のデータが良くても何もならない、と力説されていました。うう~ん、現在の当院は元気も活気もありますから、今の処大丈夫と思いますけれど、此れ、日本と謂う国に当てはめた場合、どうなんでしょうか!?上記の5つの条件に酷似している気がしてなりません。でね、僕、こうなったら、世界各国の優秀な人材を公募、TVでプレゼンテーションして投票をし、国民の手で内閣を組閣するしか無い様に思うんです。凄い人って、性別や国籍なぞ関係無く、居る処には居ますぜ。

V字改革を果たしつつあるマクドナルド、此処の幹部社員の6割が女性だそうです。昨日の国際女性デーに合わせ、マクドナルドのロゴのMのマークを、WOMANのWに変更しましたよね。鮮やかな演出であり、素晴らしい宣伝になったと思いますし、流石ですよね。悲惨だったシャープも、一部上場復帰を果たしましたけれど、瀕死の状態だった同社を立て直したのは、台湾人の戴社長でしょ。僕、戴社長は本当に偉い方と感心するんですが、台湾から単身赴任で、独身寮に若手社員と共に住み食事も一緒に摂り、役員報酬はゼロですもんねえ。会社を立て直したら、新社長は若手の日本人にすると明言されています。今回の冬季五輪で、金と銀のメダルを取った小平選手を支えたのが、民間の相沢病院でしたよね。同病院の相沢理事長、本当に素晴らしい方でして、僕、本当に尊敬しています。相沢先生は、「地元の優秀なアスリートが、困り果てて助けを求めている。其れを助けないのは義に反する。決して広告塔とは考えていません。」と、小平選手を陰に陽に支えました。でね、此の相沢病院、かっては大赤字で知られ、職員もスタッフもまるで集まらず、倒産寸前だったとか。ところが、理事長以下全スタッフが真摯に誠実に、医療に経営に取り組み、今では、「地方病院の優等生」「地域医療の鏡」とまで謂われる超一流病院に生まれ変わりました。

野に遺賢あり、僕、こうした方達を結集、国政に参加して貰えば、此の国は一気に再生出来ると信じているんですよ。近々、オバマ前大統領が来日される由、先ずは彼を外務大臣としてヘッド・ハントしてみてはどうでしょうか!?

さて、明日からは久方振りに、全国的に日本晴れの由、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。僕、映画に行こうか、迷いに迷っています。其れでは又来週お会いしましょう。ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する