FC2ブログ

シクロ

其れにしても昨日の大分は妙なお天気でして、驟雨かと思えば日が差し、暖かいかと思えば冷え込み、将に三寒四温でありました。薄く濃き 野べのみどりの 若草に 跡までみゆる 雪のむらぎえ、何だか新古今の調べの様な趣の1日でしたけれど、こういう時って、風邪を引き易いですからね。読者の皆様も、お身体には充分お気を付け下さいませ。

其の変わり易いお天気同様、現代社会は日々刻々と変化し進化しつつある様に思います。其れに引き換え、日本の政界や政策は相も変わらず旧態依然としていまして、僕、何だかガラパゴス諸島の妙な生き物を思ってしまうんですよ。ほら、ガラパゴス諸島って、太平洋の赤道直下にあり、外界とは隔絶された絶海の孤島でしょ。ですから、ゾウガメにイグアナにグンカンドリ、ペンギンにオットセイにアシカ等々、色々居ますが、彼らは此の島だけでしか生きられない特有の種なんですよね。僕、此の国がそうなりつつあるのではと、杞憂かもしれませんが、心配でなりません。

と申しますのも、「我田引水」ならぬ「我田引鉄」なる言葉があります。此れ、政治家が己の選挙区に鉄路を敷いて、票を取る事なんですね。明治大正期の言葉なんですが、此れ、今でもやってますでしょ。リニア新幹線なんて、其の最たる例でして、しかもゼネコンまで絡んで、政官財で巨利を貪ろうだなんて、100年古いと思うなァ…。だから、大林組に大成建設、鹿島に清水と、幹部社員が、談合の疑いで軒並み起訴されちゃったでしょ。そりゃね、日本の技術力を以ってすれば、リニア新幹線は出来るとは思いますよ。でもねえ、出来たは良いけれど、人口が激減するんですから、乗る人が居ないでしょうに…。財務省を筆頭に、官僚の皆さんは総理を庇って書類を書き換えてますが、幾らお仕事とは謂えご苦労様ですって、オイオイ、そりゃ列記とした公文書偽造でしょ。僕、法学部卒ですから、大学生時代に刑法を学びましたけれど、公文書偽造は確か1年以上10年未満の実刑だった筈、其れを平気でやっているんですもん、此の国のモラルは地に墜ちました。僕、つくづく思うんですが、森友から加計から、多くの大臣の不祥事から今回の偽造から、内閣が何回吹っ飛んでもおかしくないんですが、マスコミは大人しいもんなァ。自民党万歳って、一体何時まで、カビ臭く古臭い従来の価値観にしがみ付いているんでしょうか、僕、呆れ果てました。でね、もう1つ、此の間新聞に出てましたのが、日本の女性議員の割合の国際ランキングです。要は、全国会議員に占める女性のパーセンテージなんですが、日本は13・7㌫、此れ、世界140位でして、先進国では最低の数字でした。恥ずかしく感じるのは僕だけなのかなァ!?

だってね、世の中の変化って将に日進月歩、動きは凄まじいですよ。順不同にどんどん書きますと、先ずはイタリアの総選挙が開票、先日の拙ブログで書いた通り、党首はコメディアン、首相候補は31歳の元フリーターと謂う、「五つ星運動」党が第一党になりそうです。其の欧州ではアメリカと組んで、「クリーンミート」、即ち動物の筋肉を培養した肉が、近い将来実用化しそうなんですって。現在のお肉よりも格安だそうで、爆発的に売れる事が予想されているとか。そしてアメリカでは、形状記憶合金を翼にした飛行機が実験中であります。飛行機の翼がまるで鳥の羽の様でして、伸縮が自由自在、しかも無人飛行ってんですから、吃驚しますよねえ。何でも、飛行が安定し燃費も格段に良くなる由、でもちょっと不気味な飛行機かも✈其のアメリカは、不倶戴天の仇敵だったベトナムの港に、43年ぶりに寄港しました。中国を牽制する為だそうですが、かっての泥沼のベトナム戦争から半世紀、両国が和解するなぞあり得ないと思えましたけれど、世の中に絶対なんてありませんね。

日本だって負けてはおりません。理研の研究で、失明したマウスが光を感じられる様になりました。月面でも使用出来る超軽量ショベルカーが開発されました。ソニーは、月面から5000㌔離れた人工衛星との通信システムを研究中とか。其のソニーさん、今後悪化するばかりであろう地球環境を見据え、「共生農法」を実験中なんですって。肥料も農薬も一切使用せず、多種多様な生物や植物を共生させ、生態系を造ってしまうと。其の組み合わせが大変なんでしょうが、此のプロジェクトの責任者の舩橋真俊博士、アフリカのブルキナファソの砂漠を、1年間で緑地に変えてしまったんだとか。ううん、流石は天下のソニー、舩橋博士もそうですけれど、我が国の誇りですよねえ、心から尊敬します。

僕、こうした民間の力こそが、此の国を支えていると痛感します。政治家も官僚も、現場の事は何1つ分かっちゃいませんぜ。だってね、社会構造其の物が大きく変化していまして、政府は未だに東京重視ですけれど、発想が古過ぎやしませんか!?僕、此の前、私淑する内田樹先生、神戸女学院大学名誉教授の新刊を読んだばかりなんですね。「ローカリズム宣言」と謂う本なのですけれど、昨年、地方移住支援の或るNPO法人を取材した処、窓口を訪れたのは、1年間で2万5千人に上ったそうです。其の殆どが20代30代であり、年々歳々増え続けているんだとか。1つのNPOだけで此の数字ですもんね。有為の若者達は皆、地方を目指していると謂う訳でありましょう。其の証左として、「世界一幸せな国」として知られるブータン、カッコ良い国王が居る事でも有名ですが、彼の国は今、徳島県に視察団を送っています。徳島県の村の、自治会の仕組みが、ブータンの国情に合うとの由でした。「低コストで環境に負荷を与えない経済活動と、性別や年齢に関わらず自由に発言出来る住民自治のスタイル。10日間の滞在中、此の2つを学んで帰りたい。」ですって。

そしてね、ははァと感心したのですけれど、昨日書いた映画「ブラックパンサー」じゃありませんか、現代社会って、フュージョンでありクロスオーバー、土着の慣習と国際化が混じり合って出来ていると思うんですね。今、東京の銀座で、シクロと謂うベトナムの人力車が走っているんですって。東京五輪で観光客が急増するでしょうし、其れでなくても都心部は混みますから、スイスイ移動出来ますよね。此のシクロに観光客を乗せ、穴場スポットや隠れ家的な素敵なお店を紹介してくれる由、中々の人気なんですって。此の事業を立ち上げたのが、32歳のマイ・ホアイジャンさんと謂うベトナム人女性でして、大分は別府にある立命館アジア太平洋大を卒業後、外資系企業や日本各地で9年働き、昨年独立して企業したそうです。素晴らしい女性と僕、心から尊敬します。ご主人は中国の方でお子さんもおり、家では日本語を話し、マイさんは4か国語に堪能なマルチリンガル、お写真を拝見しましたけれど清楚な美人でして、こんな才媛が居るんですねえ。しかし、ベトナムの女性が、別府で学んで、中国の方と結婚して銀座で企業するんですから、世の中が大きく動いている事を実感します。

よおし、当院ももっともっと、門戸を開かなくてはと決意を新たにしていますし、マイさんの様な素晴らしい女性スタッフを、どんどん育てなければ!僕、当院で仕事をしたい方には、年齢経歴性別国籍を問いません。でもね、お蔭様で最近、当院に就職を希望される方が急増していまして、嬉しい悲鳴を上げている毎日なんです。其れに胡坐を掻く事無く、より魅力的な病院にすべく、今後益々頑張って参りますので、読者の皆様のご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR