FC2ブログ

大学は出たけれど

うう~ん、僕、昨日からどうにも体調不良でして、お腹や頭が痛むわ、熱が出るわムカムカするわ、如何しようも無くなりまして、早退させて貰いました。今日は大事な会議や面談があり、歯を食いしばって出社した次第です。しかし、食欲がちっとも無く、食べたくても食べられないものですから、どうにも体がフワフワしている感がありまして、でもね、頭は妙に冴えてまして、こうして今、拙ブログを更新している次第です。

其れにしても、火山は怖いですよね。フィリピンのマヨン島が噴火、其の噴煙は1万㍍にも達した由、そしてアラスカでも大地震がありました。日本の草津でも噴火、犠牲者も出たそうで、謹んでご冥福をお祈りします。本当に怖いなァと思いますけれど、此れ、地球的規模でしょ…。何だか、映画「2012」を想起させる気がして、不気味ですよね。でね、草津市の方が会見してましたが、「想定外の…」と話されていました。うん、其れはそうだろうなァと頷けたんですが、草津は何の予兆も無かった上、しかも3000年ぶりの噴火だったんでしょ。でもね、原発は違いますぜ。先日、東京電力が、福島の原発の地下の映像を公開してました。放射能対策をしたロボットに撮影させた由ですが、其れでも画像が大きく乱れていたんですね。此れ、放出される放射能が強過ぎたからだそうで、しかしねェ、何年此の状態で放置する心算なんでしょうか!?良くまァ、「福島の原発はアンダーコントロール出来ている」なんて謂いますぜ。全く何もしてないじゃん!!どの口が謂うかと思いますが、総理も官僚も東電も大マスコミも全員大嘘付き、何れ閻魔様に舌を抜かれ、八大地獄で永遠に苦行を受け続ける事は必定でしょう。もういい加減、こんな危険過ぎる電力を止め、一刻も早く、クリーン・エネルギーに転換すべきでしょう。

昨日、僕、スタッフの方から声を掛けられ、「ブログの個性の話、面白かったです」と謂われ、とっても嬉しかったんですね。今日の拙ブログは、其のお世辞を受けまして、個性の話をもう少し掘り下げようかと思います。先ず、個性って、其の人の本質、核となる部分であるのは間違い無いでしょう。でもね、過ちては改むるに憚る事勿れ、己の個性の核は保ちつつ、日々変わり、進化して行くものと思うんです。だってね、例えばビートルズだって、美しいコーラスとメロディラインと転調で世界的に売れましたけれど、ハードロックにシンセサイザーにクラシックにインド音楽にフォーク等々、ありとあらゆる音楽的実験を重ねた、先鋭的なバンドだったでしょ。漫画の神様、故手塚治虫先生だって、絵のタッチを何度変えた事か。あの~、ヒューマニズムに満ち溢れ、愛と夢を描いた漫画家と謂うのが、手塚先生のパブリック・イメージでしょうが、其れは真っ赤な嘘ですからね~。モチーフにした物の中には、かなりヤバい物も多く、同性愛であり米軍の生物兵器であり少数民族でありクローン人間であり、是非、手塚先生の全集を読んで欲しいなァ。ピカソも同様でありましょう。ブルーをふんだんに使った「青の時代」。カラフルで明るい「薔薇色の時代」。そして、アフリカ彫刻やキュビズムやシュールリアリスムを経て、晩年はクレヨンを使ってましたもの。亡母が好きでしたから、其の遺品で、晩年のピカソのリトグラフが1枚、僕の手元にありますけれど、もうねえ、赤子が描いたかの様なタッチですよ。ビートルズ・手塚治虫・ピカソと来れば、万人が認める天才でしょうが、其の彼らにして、日々刻々変化し続けている訳でしょ。其れをねえ、巨大利権が絡んでいるんでしょうが、何時まで経っても危険な原発にしがみつくなぞ、将に呉下の阿蒙、はっきり書くと只の大馬鹿野郎です。

閑話休題、今度の日曜日、久留米市長選挙が行われます。僕、此処の久留米大の大学院に在籍してましたから、ご縁のある地なんですが、不思議でならない事があったんですよ。久留米って、JRと西鉄が走り、新幹線もあり、博多のベッドタウンであり、自衛隊とブリジストンがあり、大学も3つあり、此の時代に人口が増え続けているんですね。でもね、街並みは寂れる一方なんです。意味が分かんないなァと長年疑問でしたが、今日、経済誌の東洋経済を読み、長年の謎が解けました。どうやらね、JCやら自民党やら役所やら、箱物行政を推進し、今までの既得権益に胡坐をかいた連中が、此の街をずうっと仕切っていた由でした。駄目だこりゃ。さて、久留米市長選ですけれど、どうやら自民党が推す候補が優勢の由、こりゃあ何も変わりませんぜ…。

僕、動物ですら、夫々の個性を発揮し、新たな環境に適応しているのにと、残念でなりません。ワニグチツジザメと謂う、深海の鮫が居ます。此の鮫、まるで映画「エイリアン」そっくりでして、獲物を捕らえる際、身体を発光させ、おびき寄せると。そして顎の部分がビューンと伸び、離れた距離の獲物を捕まえるんですって。二枚貝のベッコウアメアゲマキは、敵が来ると、其れに応じて、2種類の姿に変身するそうです。或る時はカニ、又或る時はウミウシだそうで、此れ、魚の種類によって瞬時に判断するそうですよ。貝なのに、カニの様に横歩きが出来るそうで、いやァ、こりゃ凄いですよね~。又、或る種のカメレオンやカエルは、暗闇の中で、骨を光らせるんだとか。此の光、ブラックライトと同じ原理だそうでして、昆虫をおびき寄せる為らしいです。此れも凄いですよね!

でね、僕、感心しましたのが、此れから少子高齢化の時代で、大学に進学する人も激減し、経営が大変になりそうなのは自明の理ですよね。ですから、個性のある大学が増えているんですよ。例えば、大阪商業大学の学長、谷岡先生の専攻は、ギャンブルと犯罪でしょ。谷岡先生は、日本におけるカジノ推進論者ですけれど、如何に健全に導入するかを、政府に提言しているそうです。京都精華大学の新学長は、アフリカの方でして、此処には漫画学部があります。九州大学には、恐らく世界でも此処だけと謂う、音響設計学科があります。東北芸術工科大学には、文化財保存修復学科があるんですね。千葉にある明海大学には、本邦唯一の不動産学科が新設されました。僕、ヘエエと思いましたのが、今春新設される長野県立大でして、公立大にも関わらず、理事長は元ソニー生命の社長でしょ。少数精鋭で、有能なビジネスマンを育てるのが狙いの由、1年生全員が寮生活をし、2年になると、全学生に留学を義務づけ、徹底的に英語をやらせるんだとか。うん、民間は何処も、個性を活かして頑張ってますよねえ!?

さて、漸く此処まで書きまして、僕、そろそろ体力の限界です。何でも良いからお腹に入れて、仕事を頑張ります。もし体調が悪化して、明日のブログを更新出来なかったらごめんなさいm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR