FC2ブログ

RISO AMARO

つい此の前、アベ総理がバルト3国を歴訪しました。殆ど日本とご縁の無い国々であり、一体全体何をしに行ったのか、本当に分からないと拙ブログで書きました。そしたらね、昨日のアメリカのCNNで、バルト3国の隣接国、スウェーデンが、「近い将来、此の地域で戦争が起きるかもしれない」と、国民向けのパンフレットを作成、470万世帯に配布するそうです。又、軍事費も大幅に増強、徴兵制も復活するんだとか。此の地域、何れ欧州の火薬庫になるだろうと謂われており、きな臭い臭いが漂っています。実際、ロシア軍の領空侵犯や領海侵犯は日常茶飯事だそうです。でね、こんな危ない処に、日本の総理が行って、何をする心算だったんですかね!?彼に、欧州の戦争を止める外交力なぞ皆無でしょう。しかもね、先方の都合だったとは謂え、ルーマニア首相との会見はドタキャンされまして、此れ、アベ君の只の海外旅行じゃありませんか。TVの旅行番組「旅猿」ならば爆笑ですけれど、総理が国費を使ってヨーロッパまで行って目的を果たせないなぞ、全く笑えませんぜ…。

外遊する事により、仕事をした気持ちになっているんでしょうが、此の国はもう、足元に火が付いています。だってね、人口減少が進む市町村では、公共施設の解体が進んでいるんだとか。高度経済成長期に建てた箱物が老朽化し、財政難で維持費も出ない由でした。仕方が無いんで壊しちゃうと謂う訳です。実際、2050年には、公立小学校の数が、現在の3分の1になるんですって。2018年現在、1万9800校あるそうですが、其れが2050年には、6800校になるとか。そして、日本で最も地価の高い地域の1つ、都内の世田谷でも、高齢者が激増しているんですって。となりますと、もし体調を崩したら、世田谷の家を出て、病院なり施設なりに行くしか無いですよね。で、もし亡くなってしまうと、相続税がのしかかり、家を売るしか無くなります。でも、地価が高過ぎて、不景気の今、買い手なぞそうそう現れません。そうなりますと、只の空き地空き家となり、天下の世田谷も、もしかするとゴースト・タウン化するのではと囁かれているそうです。由々しき事態と思うんですが、総理、ヨーロッパに行ってる場合じゃないでしょ!?

昨夜放送された、NHKのクローズアップ現代では、アベノミクスの大失政についての特集でした。上がっているのは株価だけなんですね。こんなの、得するのは、全国の会社の僅か1㌫の、一部上場企業だけであります。しかもね、ありとあらゆる物価は上昇、税金も上がるばかりですから、所謂可処分所得、実際に使えるお金は減る一方でしょ。ハハア、こりゃ分かり易いやと思いましたのが、日本の食べ物の商品、全てが小さくなっているんですね。缶詰もお菓子も瓶詰も、価格は寧ろ上がっているのに、商品のサイズは一回り小さくなっているんですよ。此れ、過去と現在の商品を並べていましたから一目瞭然、明治のチョコレートも、チーズのパックもツナ缶も、アイスの雪見だいふくも、確実に小さくなっていました。僕、アベノミクスの所為で、明らかに暮らし難くなってると思うんですけど…!?

其れに加え、原発に赤字国債に年金等々、問題は山積じゃありませんか。東京に直下型の大地震が来る可能性って、30年以内に70㌫なんでしょ。少なく見積もっても、死者は3万人、崩壊する家屋は20万戸、経済的な損失は100兆近いと謂う試算が出ています。東京五輪なんて、やってる場合なのかなァ!?しかもね、上記の問題に対し、何か手を打ったなぞ、寡聞にして知りませんもの。やろうとしているのは憲法改正って、其の前にやる事は、沢山あるでしょうに。ハッ、もしかして総理、学生の試験前の心境ですか!?ほら、学生って、試験前だから勉強しないといけないのに、嫌な事を忘れる為、ついつい漫画読んだりTV見たりしますよね。でもなァ、総理が其れじゃあ、国民は皆、泣いてますぜ…。

閑話休題、腐っても鯛と申しますか、随分衰え、斜陽と雖も大英帝国だなァと感心したんですが、此の度新たに、「孤独担当大臣」を新設したとか。イギリスも日本同様、高齢者が激増、孤独を感じる人は900万人を超すそうですが、其れを解決すべく、今回の大臣新設なんですって。しかもね、新大臣は、トレイシー・クラウチさんと謂う42歳の才媛でして、名門ハル大学を出て法律と政治の学位を取得、女子サッカーの指導者としても有能な方の由、将に文武両道の女性なんですね。「直ちに行動を起こす」と力強く語っておられましたが、我が国は、こういう善行は決して真似しないんだよなァ。

でもね、諦めたら其処で終わりでして、高知県黒潮町の取り組みには僕、本当に感動しました。此の黒潮町、もし南海トラフ地震が起きた際には、史上最大級の被害が出ると謂われていまして、34㍍を超す大津波が来る恐れがあるんだとか。其処で町は、日本最大の高層避難タワーを新設、東北の震災の経験を活かした、最新の設計なんだとか。又、町の職員200名は全員、防災担当の役割を任命、其れに協力する住民300人も選定済みなんですって。其れに加え、年に何度も講習会を開き、抜き打ちの防災訓練も、年間8度は行うとか。非常食の缶詰も地産地消、地元で造り、余りに美味しいので、全国で販売、其の資金を防災費用に廻しているんですって。僕、公務員をちょっとだけ見直しましたし、流石は土佐のはちきんにいごっそう、地震の野郎、来るなら来てみろ、何も怖くないぜよ、てなもんでしょう。

もう1つ、僕、此れは是非提言したいのが、ロシアならダーチャであり、ドイツならばクラインガルテン、デンマークのコロニヘーブのシステムなんです。此れ、要するに自家菜園なんですね。彼の地ではバカンスがありますから、地方の別荘に行き、其処で沢山の野菜や穀物を育てるんです。週末の度に皆で手分けして秋に収穫する由、1年分の食糧を確保する事も充分可能なんだとか。ロシアでは、8割を超す人が此のダーチャを持ち、じゃが芋や野菜の9割は自給しているそうです。此れ、天候不順やら天災やら戦争の有事の際には、非常に強いシステムと感心しました。ロシアでは11世紀、本邦の平安期から続いているシステムだとか。でね、此れを日本に導入したら良いと思うんですよ。少子高齢化で、地方は空き地空き家がどんどん増える訳ですし、土地には困らないでしょ。子供達にも、自然に触れる良い機会ですし、地域活性化にも貢献出来ますよね。将に一石二鳥、いや三鳥の名案と思うんですけどねえ!?

さて、週末は段々と冷え込み、お天気も下り坂の様です。皆様、健康管理にはお気を付けになって、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませ。其れでは又来週、月曜日にお会いしましょう(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR