FC2ブログ

☃ 雪は天から送られた手紙である ☃

つい先日、アメリカはロサンジェルスで、ゴールデン・グローブ賞の表彰式が行われました。此の賞、もう75年も続いていまして、アメリカ国内の映画やTVを対象にした物なんですね。僕、目を見張りましたのは、TIME'S UPと称し、男優さんも女優さんも皆、漆黒の衣装で登場したんです。此れ、「もういい加減、ゲイや移民と謂った弱者への虐めや、セクハラを止めよう。タイムズ・アップ、時間切れだ!」と謂う意味でした。僕、素晴らしい事と思いますし、其の意見に全面的に同意しますし、早速寄付しますよ。ホント、虐めやセクハラなんて、卑劣極まり無い行為でしょ。日本でも同様のムーヴメントを起こして欲しいです。其れにしても、ニコール・キッドマンからエマ・ストーンから、リース・ウィザースプーンもローラ・ダーンも、そして御大のメリル・ストリープまで、皆さん黒のドレス姿でして、何れ菖蒲か杜若、立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花でありまして、本当に気品があって所作も美しく、そしてとってもスタイリッシュ、いやァ、圧巻でした。

でもねえ、我が国の現状をつらつら眺めるに、此の世界の潮流からは大きくズレていると謂わざるを得ません。あ~あ、恥ずかしいし情けないですよ、全く…。新潟の姫路敏と謂う市議が、知人の女性の車に携帯のGPSを取り付け、逮捕されていましたっけ。牛に引かれてお参りする善光寺、国宝であり、1500年近く続く由緒正しい古刹ですけれど、此処の管主であり天台宗のトップの、小松と謂う84歳の坊さんが、女性に対し差別発言をしたとし、近々辞職するとか。又、お相撲の行司が、部下へのセクハラで懲戒処分になりました。馬鹿議員から、くそ坊主から、腐れ行司から、何がセンセイだ、住職だ、国技だァ!?ホント、僕の得意のワン・ツーから左のボディフックを、思い切り喰らわしてやりたいですぜ。

でね、もっと酷いのが、アベ総理のオトモダチの山口敬之と謂うジャーナリストでして、此のご仁、レイプ疑惑--僕は真っ黒と思います。--に加え、国の補助金を億単位で詐取したのに、全く捕まらず、国内では報道すらされません。以前の拙ブログでも再三触れましたけれど、アメリカのニューヨークタイムズから、フランスのフィガロから、イギリスの国営放送BBCまで、世界中で取り上げられているんですぜ。先日、とうとうアラビア語圏のモロッコでも、大々的に報道された由でして、此れ、知らないのは僕達日本人だけじゃないかしら…。其の所為かどうか、東南アジアの若者達は、日本で働くのを敬遠、台湾を選ぶケースが急増しているんだとか。どうもね、「日本はとても閉鎖的で、人種差別される。」と謂う事らしいですよ。本当に情けないです…。

閑話休題、炭の香や しぐれふる夜の さし向ひ、昨夜から、本当に冷え込みますよね~。此処九州でも大雪警報が出ている位でして、道理で今朝、愛犬の甲斐犬のコロちゃんとの散歩の際も、粉雪が舞ってましたものね☃アメリカでしたか、巨大な滝が凍っている画像を見ましたけれど、アフリカのサハラ砂漠でも大雪でして、大地が茶色と白色に覆われ、カフェラテの様な色合いでして、あれには本当に吃驚しました。かと思えば、豪州のゴールドコーストでは、地球温暖化の所為で、赤ちゃん海亀の99㌫がメスになったそうで、一体全体、どうなっちゃうんでしょう!?

でね、僕、つくづく思ったんですよ。日本男児が此れだけ、世界中に恥を晒しているんですから、せめてもの罪滅ぼしで、地球環境に貢献してはどうかって。此の国には、世界に冠たる技術力がありますでしょ。ならば其れを、危険極まりない原発とかでは無く、天候のコントロールに向けてはどうでしょうか。僕がこよなく愛する映画シリーズに、「X-MEN」があるのですけれど、此の作品、人間が突然変異して、特殊能力を持つミュータントが生まれると謂う粗筋なんですね。社会批判や問題提起があるエンターテイメントでして、世界中に熱狂的なファンが大勢居るんですね。で、僕が好きなミュータントに、ストームと謂う女性が居ます。此のストーム、黒人女性でして、天候をコントロール出来る能力があり、風雨も雷も自由自在なんですが、ハル・ベリーと謂うスタイル抜群の美人女優が演じてるんですね。此のストームとまでは行かないでしょうが、東京のALEと謂うベンチャー企業の、岡島礼奈社長が、「小型衛星を打ち上げ、其処から直径1㌢の金属球を放出、人工的に流れ星を造ります。」と記者会見してましたよ!

古代の天皇、恐らく卑弥呼もやっていたと思うんですが、彼らの大事な仕事の1つに、雨乞いがありました。日本書紀に依れば、女帝である斉明天皇が、雨乞いに見事成功したそうでして、様々な気象条件が運良く重なったんでしょうが、皆驚いたでしょうねえ。此れ、古代ローマでもマヤ文明でも、シルクロードでもインドでも、イスラムでも東南アジアでも同様でして、世界中で雨乞いをした記録が残っています。最近では、ベトナム戦争の際、米軍が「ポパイ作戦」と銘打ち、ヨウ素を含んだ銀や鉛を空中に散布、雲を発生させ、雨季を1か月半、長引かせました。継続的に雨を降らせ、敵のベトナム軍の交通路を遮断、補給を絶つ狙いだったそうで、此れ、1960年代に此処まで出来たって、何だか凄いですよね…。でもね、雪の少ないスキー場では、人工降雪機を使っている訳でしょ。先のポパイ作戦からもう半世紀が経つ訳で、気象兵器として使うのは言語道断ですけれど、日本の技術力を以ってすれば、平和的な利用は充分可能じゃないかしらん。

そうですねえ、理系の素養皆無の僕が考えた事ですから、荒唐無稽になるのは、ご笑覧の上にご海容頂いて、例えば、台風のコントロールなんて、どうして出来ないんですかねえ!?ほら、我が国は毎年の様に、台風の被害が甚大じゃありませんか。日本を縦断する大型台風って、此処最近本当に多い訳で、何時も呆然としてるだけでしょ。ならば、台風の構造も観測も発生条件も、全てデータが残っているんですから、先手を取るべきじゃないかなァ。即ち、台風の進路を変えて太平洋上に向かわせたり、単なる低気圧に変えてしまうって、不可能なんでしょうか!?台風の目に薬剤か何かを大量に散布するとか、気象学者の皆様には是非頑張って欲しいですし、どうせ予算を注ぎ込むならば、原発の再稼働よりも、余程生産的と思いますがねえ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR