FC2ブログ

♪ 萩に行きたし 小倉も未練 ここが思案の 下関 ♪

初霜や 物干竿の 節の上、いや~、其れにしても今朝の大分は寒かった~。未だ払暁の4時頃、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に出たのですけれど、身を切る様な強風、そして粉雪と謂うのかなァ、つぶ雪みず雪ざらめ雪と舞ってまして、耳も痛いですし、手足の感覚が無くなりましたもんね。ううん、此れが暫く続くかと思うと、憂鬱であります。でもね、冬来たりなば春遠からじ、葡萄酒の 色に咲きけり 桜草、暖かくなるのを待ちましょう。

しかしねェ、日米首脳の器の小ささには呆れるばかりであります。拙ブログでは疾うに指摘済みですけれど、トランプの野郎が、エルサレムはイスラエルの首都と認めてから、世界中の猛反発を喰らってるじゃありませんか。昨日はニューヨークの目抜き通り、タイムズ・スクエアで爆弾テロがありましたよね。反米デモも、欧州やトルコやアラブ諸国のみならず、東南アジアにまで広がっています。インドネシアの首都ジャカルタでは、トランプの写真が焼かれ、マレーシアのアメリカ大使館は、ムスリムの方々から包囲されました。パレスチナとイスラエルの間では、既に1200人を超す負傷者が出たとか。トランプが、「エルサレムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地です。皆で仲良く共存共栄しましょう。」とでも宣言していれば、こんな殺伐とした事態にはならなかったでしょうに。ホント、器の小さい詰まらん男です。世界で唯一、其れに追随しているのがアベ総理なんですが、類は友を呼ぶでありまして、コイツも又トランプに似て、器が小さいんだ。でね、今回のノーベル賞、2人の日本人が受賞したでしょ。文学賞はカズオ・イシグロさん、平和賞は核廃絶団体のリーダーの1人である、サーロー節子さんであります。イシグロさんはご母堂が長崎で、節子さんはご自身が広島で、夫々被爆しているんですね。ノーベル賞でのスピーチで、ご両人とも其のお話をされたのですけれど、日本政府は黙殺でありました。まァね、原爆を落としたのはアメリカでして、其の子分である日本は、其れには触れたくないのでしょう。でもねえ、仮にも同胞が2人、世界的な賞を受賞したんですよ。信条や好き嫌いは兎も角、祝福してあげたら良いじゃありませんか。ホント、日本政府って、大分弁で謂う処の「すもつくれん」、役に立たない連中であります。其の点、美智子皇后は流石ですよね。此の受賞に対し、「大きな意義があったと思います。日本の被爆者の心が、報復では無く、常に将来の平和への希求に向けられた事に、世界の目が注がれる事を願っています。」ですって。此れがリーダーたる者の器でしょうに。だって僕、アベやトランプには、決して付いて行きたくありませんぜ。天皇皇后両陛下に付いて行くもんね~。だって、どっちが人格的に優れているか、万人が見ても明らかでしょ。ホント、此の手の輩って、民を舐めている、そう思えてなりません。

閑話休題、其の民で思い出したんですが、先日博多で、2世紀の漢の銅鏡が出土しました。奇跡的に完全な形で残っていた由、そして、極めて保存状態が良く、鏡に物が映る程だとか。2000年近く前から、中国と日本の民の間に、交流があった事を示す証左でありましょう。世界に目を向けましても、同じく2000年前の物だそうですが、ベネズエラの山中の大河の浮島から、巨大な岩絵や彫刻が、少なくとも100個近く見つかったとか。僕、画像で見ましたけれど、シンプルな線ながら、見事な物でした。しかもね、どうやら四季の移り変わりを表現しているんですよ。古代のコンセプト・アートでありましょう。そしてどうやら此の地、ベネズエラの聖地だった由、多くの人達の交流の場と考えられているとか。中央アジアのカザフスタンでは、まるでナスカの様な、巨大な地上絵が230点見つかりました。サウジアラビアの大砂漠の巨石からは、紀元前8000年前の、数多くの犬達の壁画が発掘されたのは、未だ記憶に新しいですよね。世の東西を問わず、民の活力って、本当に凄いと僕、感心するばかりでありました。

でね、近代の日本において、最大の危機って矢張り、明治維新の頃だったと思うんです。そりゃそうですよね。鎖国してのんびり仲良くやっていたのに、いきなり蒸気船の黒船が来て、開国を迫るんですもん。お隣の大国中国は、欧米各国の食い物にされ、香港なぞ、1世紀に渡って租借、イギリスの植民地にされた位でしょ。東南アジア全域にインドも同様でありました。実際、日本も狙われた訳で、下関や対馬や沖縄に千島列島等、本当に危なかったんですよ。実際、対馬はロシア軍に、半年程度占拠されましたものね。イギリスの仲裁により、事無きを得たんですが、当時の日本人の民衆の危機感は、相当な物でした。

幕府や朝廷だけに頼れないと、信条は異なるにしても、本当に多くの義勇軍が結成されたんです。海援隊や新撰組や白虎隊は有名ですけれど、其れ以外の所謂「諸隊」をご紹介しますね。

仙台藩のカラス組、此れは、明治の新政府軍と戦ったのですけれど、主にゲリラ戦を挑み、30数回戦って全勝でした。其のメンバーは、侠客に農民に行商人、職人に番頭に下男等々、将に社会の全ての層が集まりました。新潟の精義隊、京都の山国隊、そして尾張藩の草薙隊は、農民が中心でリーダーが庄屋さん。土佐藩の断金隊は、神主と浪人がメイン。大阪の浪花隊の隊長は、剣道の先生です。水戸藩の諸生党は、学生さん達の集まりでした。長崎の振遠隊は、奉行所の人達が自衛の為に造りました。そして、何と謂っても白眉なのは矢張り、奇兵隊でありましょう。兎に角社会の各層が挙って参加しているんです。スポンサーは当時の豪商だった、廻船問屋の白石正一郎。リーダーはご存じ高杉晋作。此の名コンビの下に集結したのが、山伏に力士、農民に一向宗を信じる女性達、漁師に猟師、神官に僧侶、力士に町民、農民に侍でありました。国の存亡の危機の際、身分なぞ関係ありませんよね。ですから、社会の各層が集結した奇兵隊が結成された時、江戸時代の士農工商の身分制度は、事実上崩壊していたと謂っても過言では無いでしょう。徳川家康公が造り、15代280年に渡った強固なシステムも、民の力で全て覆されたと謂う訳です。此れこそ即ち革命です。当時の江戸期の人口は3000万人程度、其れなのに、主義主張は異なるにせよ、日本の将来を真剣に憂い、全国各地で此れだけの人達が立ち上がるんですもん。僕、日本人のポテンシャルを信じて止みません。

さて、今宵は当院の忘年会でして、スタッフの皆さんが、日頃の疲れを癒してくれたら幸いです。読者諸賢の皆様も、忘年会真っ盛りとは思いますが、お互い、呑み過ぎない様に気を付けましょうね~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR