FC2ブログ

ちゃんと食えば、幸せになる

ホント、此の国はどうなるのか、とっても不安になりまして、と申しますのも昨日、横浜地検において、慶大生6人の不起訴が決まったんですね。此の大学生ども、女子大生に無理矢理お酒を呑ませ、集団で強姦、しかも撮影までしていた由、今年8月に書類送検されていました。ところが、地検は「不起訴」の判断を下しまして、其の理由は不明だそうです。どうもね、此の鬼畜どもの親が、自民党有力者だそうで、幾ら何でも酷過ぎませんか!?泉下の福澤諭吉先生が泣いてますぜ…。僕、こういう卑劣漢は、去勢しても良いと思うんですがねえ。まァ、アベ政権のやり口を見るに、森友学園の理事長夫妻もずうっと拘束したままですし、保釈を認めないんでしょ。もう1つ、山口敬之なるジャーナリストが居まして、アベ総理礼讃の本を書いた男なんですが、こいつも女性をレイプした疑惑があるんですね。推定無罪の原則がありますから、犯人と断定は出来ません。けれどコイツ、女性をタクシーに無理矢理連れ込む処を目撃され、ホテルの防犯カメラに映像が残され、ベルボーイの証言やDNA鑑定の結果も出ているんですね。黒でしょ!ところが吃驚するんですが、何と何と、まさかの不起訴でした。どうやら妖怪面の菅官房長官に泣きつき、もみ消したらしいんです。しかしね、天網恢恢疎にして漏らさずでありまして、コイツが被害者女性に送ったメールまで全部暴露されていました。此処まで証拠が揃っていて不起訴だなんて、此の国は法治国家じゃありませんぜ。何故か、アベに近い人はどんなにダークでも皆セーフでしょ。小渕議員にしたって、政治資金を不正に流用、其のデータが残っているパソコンをドリルで破壊してもお咎め無しですもんね。アベの野郎、法学部を出てる癖して、法令順守と謂う概念なんて全く無いんですね。僕、同じ法学士として恥ずかしいですよ。ホント、此の手の連中、皆、去勢か島流しか打ち首獄門でありましょう、引っ立てい!!

あ~あ、真面目に仕事をやっているのが嫌になりますけれど、今、AIが各方面に進出してますよね。土木や自動車、医療や介護の分野にもAIが参入して来ました。でね、アメリカでは人事の採用面接の際にも、AIが導入されているんですって。ところが恐ろしい事に、此のAI、人種差別的傾向があるらしく、黒人やヒスパニック等のマイノリティは、書類選考の際に落とされてしまうそうでした。怖いのは、どうしてAIがそういう判断をするのか、開発者にも分からないそうでして、とっても怖くありませんか…。でね、既に英米では、裁判用のAIが出来ている由でして、こりゃ堪りませんぜ。上記のアベ政権の如く、権力者の極めて恣意的な判断に加え、AIが人種差別的な判決をしたら、此の世は真っ暗闇でありましょう。何だか映画「X-MEN フューチャー&パスト」を彷彿とさせるんですが、本作では、AI搭載のロボット軍団が、人類を制圧するお話ですもんね…。

閑話休題、こんな話はもう嫌だと、僕、漫画でも読もうと、久方振りに少年マガジンを買ったんですよ。日本で最も売れている少年誌の1つですし、随分ご無沙汰だなァと手に取ったんですが、本当に吃驚しました。「はじめの一歩」と謂う連載漫画がありまして、単行本はもう120巻ぐらいまで来てまして、マガジンの看板でありましょう。真面目な好青年が世界チャンピオンを目指し、奮闘すると謂う内容でして、努力、夢、希望、将に少年漫画の王道なんですね。僕、主人公の一歩君は、何れ世界チャンピオンになるんだろうな~と勝手に決めつけ、最近は殆ど読んでなかったんですよ。久々に読みましたら何と、勝てば世界挑戦が決まる試合でKO負け、再起戦でも同様の2連敗でして、どうやら此のまま引退する気配が濃厚、エエッ、120巻も続いて来て此の結末って…。まァ、トレーナーに転進したり、カムバックするのかもしれませんが、其れにしても驚いたなァ。

其の漫画界では訃報が入りまして、「ゲゲゲの鬼太郎」の故水木しげる先生のお兄さんが、97歳でお亡くなりになりました。将に大往生、謹んでご冥福をお祈りします。でね、此の水木先生、3兄弟でありまして、皆さん大変な長寿なんですよね。お兄さんが97歳、水木先生は93歳で亡くなりましたが、三男坊の幸夫さんはまだご存命でして、彼は今、93歳であります。3兄弟の父君も88歳まで生きた由、大変長寿の家系と感心するんですが、僕、其の秘密を調べた事があるんですよ。

幾つかの著作を拝見すると、答は簡単でありました。当たり前の事を当たり前にすると謂いますか、たっぷりと睡眠を取り、適度な運動と旺盛な食欲、そして笑顔の絶えない生活であり、僕、何よりも感心するのが、其の好奇心なんですよ。長兄は食べ歩きが趣味だった由、毎日の様に調布や吉祥寺や下北沢の街並みを愛でながら、新しいお店を探すのを、すこぶる楽しみにしていたとか。次男の水木先生は、92歳にして初めてスタバに行かれるんですもん、いやァお若い!三男はとてもお洒落の着道楽、毎日カフェに行き、若い女性スタッフと会話を交わし、珈琲を味わうのが日課だとか。

故近藤正二博士と謂う、偉大なドクターがいらっしゃいまして、先生のライフワークは、食生活と長寿の関連性だったんですね。先生は、36年間もの間、北海道から沖縄の離島まで、日本全国津々浦々の町を訪ね歩き、其の数何と990か所、丹念なフィールド・ワークを続けました。こうなりますと、ドクターと謂うよりは、文化人類学者や管理栄養士の顔もある気がしますよね。さて、気になる其の長寿食ですけれど、発酵食品・緑黄色野菜・海藻・大豆・小魚が大事だそうです。要は、伝統的な和食を摂っていれば間違い無いんですよ。即ち、納豆・ほうれん草のお浸し・わかめのお味噌汁・鰯の塩焼き、此れでバッチリなんですね>゜))彡

でね、つくづく思いますのが、上記の食生活に加え、常に好奇心旺盛、そして明るく楽しく笑顔でいれば、きっと長寿は間違い無しでしょうね♡でも、偏食をして肉ばかりで野菜を摂らず、カップ麺やお菓子や缶コーヒーが中心、そして塩気と油脂分と添加物の多い食べ物がメイン、おまけに暗く引きこもり、他人様を妬んで笑顔の無い毎日、う~ん、此れでは寿命も縮まるんじゃないかしらん…。

何だか話が妙な方向に逸れた気がして恐縮ですけれど、今日のお昼も健康的な物を摂り、1日頑張ろうっと!水木先生程の長寿は無理にしても、僕、まだまだ生きたいですもんね~♡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR