FC2ブログ

アニマル・ハウス

読者の皆様、おはようございます。萩の葉に かはりし風の 秋のこゑ やがて野分の 露くだくなり、此処大分は台風一過、結構な雨と強風でしたが、皆様、被害は無かったでしょうか!?いやねえ、今朝も愛犬の甲斐犬のコロちゃんと散歩に出たのですけれど、街中を歩いていたにも関わらず、傘はお猪口になるわ、転びそうになるわで閉口しました。

「ブレードランナー 2049」「猿の惑星 聖戦記」「アトミック・ブロンド」「ドリーム」「バリー・シール アメリカをはめた男」、面白そうな作品が目白押しでして、僕、映画に是非行きたかったのですけれど、此の豪雨では着くまでに濡れ鼠になる事は必定、少々風邪気味ですし、泣く泣く断念、仕方がありませんから、晴耕雨読と謂う訳で、終日読書をしていました。読書の秋でもありますし、折角だから古典に親しもうと、尾崎紅葉、森鴎外、幸田露伴、明治の文豪三傑を読み較べていたんです。紅葉はまるで浮世絵の様、華麗な美文でしたし、鴎外は流石に学識に満ち溢れ重厚、露伴は苦労人だけあって視点が濃やか、いや、何れも堪能しました。でね、つくづく思ったんですが、最近の作家とは文章の格調が全く違うんですよね。此れ、何でかなァと思っていましたら、ハタと気付きました。此の3人に限らず、漱石も荷風も蘆花も谷崎も、明治生まれの文豪は皆、漢学の素養があるんですよね。当時の教育って、幼い頃から論語や四書五経に触れていた訳で、其れも返り点なぞ付けず、原文を其のまま読んでいましたもんね。漢文の文法は英語と全く同じですから、当時の文人は、英文を読むにも左程苦労しなかった筈です。僕、つくづく思いました。今の高校って、漢文の授業って精々週1時間でしょ。古文や現代国語も、もっともっと増やした方が良いと思うなァ。だってね、「言葉とは文化である」と謂う言葉がある位で、全ての基本は国語じゃありませんか。全ての問題は日本語で問われるんですから、国語が出来ないと何も出来ないでしょ。そしてね、言葉とは望遠鏡や顕微鏡の様な物でして、知らない事を知る為の大事なツールです。外国語を習得する事により、異国の文化を理解する訳ですから、僕、どんどん学ぶべきと思います。其れも、英語のみならず、ドイツ語でもロシア語でも漢文でも、何でも良いと思うなァ。

何故こんな事を思ったかと謂いますと、今の為政者の施策をつらつら眺めるに、其の言葉が絶望的に軽いんですよね…。もう僕、アベ総理がTVに出たら、チャンネルを変える様にしているのですけど、彼、「私立高校の学費無償化」を選挙公約に挙げていたのですけれど、自民党が大勝した途端、其れに付いては全く触れないでしょ。しかも、学費無償化は大学に限るそうなんです。アレレ、何時の間にそうなっちゃったの!?おまけにね、「教育費を無償化するのは、産業界から人材を受け入れるなど、実社会から評価されている大学に限定したい。」ですって。そうなりますと、此れ、極々一部の大学生だけが得をする事になりませんかね!?「実社会から評価されている大学」、此の概念も極めて曖昧でして、此れ、森友や加計は当然其れに該当すると謂うお考えなのでしょう。余りに恣意的でして、お話になりませんぜ。一種の差別じゃないかしらん。おまけにね、其の森友や加計の件を追求されるのが余程嫌なんでしょう。国会での野党の質疑応答の時間を大幅に減らすとか。そして、総理が外遊の為、国会開催期間を短縮するとか。あのねえ、政治家は言葉が全てじゃありませんか。言葉で政策を、己の信条を、此の国の来し方行く末を語るべきでしょ!?もう、今の自民党は、政治家で最も大事な、言葉で語る事を放棄したとしか思えませんぜ。

其れでね、やってる事と謂えば、大阪の府立高校生で、生まれつき茶髪の子が、強制的に黒髪に染めさせられると謂う事件があり、此れ、日本のメディアは取り上げてませんが、世界的なニュースになっています。何とまァ、「自毛証明書」を提出せなばならず、おまけに此の子、茶髪の所為で修学旅行にも参加させて貰えず、学校の名簿から名前を消されたそうです。此れ、外国でこんな事をやったら大変ですよ…。だって、チリチリ頭の黒人が居れば、赤毛のケルト系がおり、金髪が居て、茶髪に白髪に銀髪、皆さん様々なルーツを持つのが当たり前でして、其れを「全員黒にしろ!」と謂うなぞ余りにナンセンス、全世界の嘲笑の対象でしょう。因みに僕、髪の毛が天然パーマでして、完全な黒色では無かったですから、「此の不良め!」と謂う事なのでしょう。ですから僕、高校時代、教師から連日殴られてましたもん。でもね~、僕、確かに学校は余り行かず、態度も成績もちっとも良くなかったですが、只其れだけで、誰にも何も、迷惑掛けてないんですけど…。だから僕、母校なんですが、大分のUと謂う、野の丘にある高校、どうしても好きになれないんですよね~。大分弁で謂えば、兎に角好かんに~、かな。ですから、高校生活を苦しんでいる皆さん、例え嫌な毎日だったとしても、たった3年ですよ。卒業しちゃえば、一生会わずとも済む訳で、そんな野暮天で馬鹿な世間知らずなセンセイ達なんて、放っておけば良いのさ♡

髪の毛の色は全員一緒でなければ、そういう妙なメンタリティなんて将に、「日本の常識は世界の非常識」でしょ。そんな馬鹿げた事ばかりしているから、先日、国連で記者会見を開かれ、「日本は、政府からの圧力で報道姿勢が変わる、異常な国だ。」と謂われてしまうんですよ。実際、報道の自由度ランキングでは、我が国は堂々の72位、此れ、先進国では最下位であります。そして今、此の国には監視カメラが500万台以上設置されているそうで、此れ、世界でも有数の数字なんですって。また、「都道府県格差」と謂う言葉が出来、本も出てるんですね。僕、流し読みした処、いじめにおいても格差がある由でして、全国1位はぶっちぎりで京都、最も少ないのは香川県ですって。となるとですよ、上記の情報を総合すれば、生まれた場所で既に格差があり、学生の頃からがんじがらめに縛られ、報道は政府から圧力を掛けられ、監視カメラやマイ・ナンバー制度で全ての個人情報は筒抜けって事でしょ。おらこんな国嫌だ~。

僕、此れを覆すには、数十年は掛かると思います。其の間、一度此の国は溶解するか、或いは破産するかもしれませんね。でも、其処まで行って始めて、皆が此の国を再建しようと考えるのかも。でね、僕、先ず手を付けるべきは教育と思うんですよ。経済誌の東洋経済でしたか、今朝、記事を読んでいて吃驚しました。ドイツの実例が紹介されていたんですね。彼の国では、小学生のうちから、兎に角喋る事を重視すると。子供ですから幼稚な意見も多々あるのですけれど、先ずは自分の考えを謂いなさいと教育するそうです。そして、「どう抗議するか」と謂う授業もあるんですって。例えばマンホールから異臭がすると。其の場合、先ず市役所に謂いなさい、其れでも駄目なら州や連邦や地元新聞に。其れでも駄目ならEUに訴え、デモをしなさい、ですって。其の手のドキュメンタリー番組を、小学生に見せるそうでした。中学高校では、歴史・経済・現代社会と謂った項目は全て、現在世界で起きている事と関連付けて学ぶ仕組みなんですって。選挙期間中になりますと、此れはEU全域がそうなのですけれど、市街地に巨大な歩行者天国を造るんですね。其処には各政党のブースが沢山あり、道行く人と候補者、党員と老若男女が、あらゆる政策について、直接お話出来るんだとか。

日本って、こういう他国の良い処は黙殺するんですよね~。でもね僕、根っからのオポチュニストですから、此の国のポテンシャルは世界一、そう信じています。ですからほんの少し変えるだけで、此の国は劇的に良くなる、そう信じて止みません。矢張り先ずは教育制度改革ですよ、アベちゃん、お分かり!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR