FC2ブログ

トウバとケベス

大いなる ものが過ぎ行く 野分かな、将に台風一過、凄まじい勢いで全国を縦断して行きましたけれど、読者の皆様は大丈夫でしたか!?此処大分では県南の方、佐伯や津久見や臼杵で、大層な被害が出たそうでして、豊後大野でしたか、田圃の様子を見に行ったご老人が行方不明になっている由、ご無事をお祈りしています。実は僕、土曜日の夜中、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に出た際、かなりの風雨で足を滑らせ左膝を強打、其の時は大した事は無いと思っていたんですが、結構切れてましてかなりの流血、昨夜から痛みまして、階段の上り下りに四苦八苦の有り様、読者の皆様もどうぞお気を付け下さいませm(__)m。

と謂う訳で僕、映画に行きたかったのですけれど諦め、親友のMさんと一献傾ける予定でしたが其れも延期となりました。ハイボールを傾けながら、WOWOWのボクシングのビッグ・マッチを観たり、大相撲にプロ野球観戦、そしてお昼寝に読書三昧と、のんびりさせて貰いました。僕、台風の行方が気になりましたから、NHKを付けっ放しにしていたのですけれど、ニュースを見ていて吃驚したんですが、近々内閣を解散、10月10日に公示、22日に総選挙だってんでしょ。「消費税増税で教育・福祉に充てる」「人造り革命」を国民に問うらしいんですが、何を謂ってやがんでえ。こんな選挙、時間とお金の無駄でして、第一ねえ、北朝鮮情勢は風雲急を告げているじゃありませんか。何故今、選挙をしなくてはいけないの!?僕、穿った見方と思われるかもしれませんが、総理と奥方が深く関与したであろう、森友・加計問題を追求されたくないだけじゃないかしらん。当の自民党からも、解散総選挙に疑問の声が出ているそうですし、此れで疑惑を隠せると思ってるなんて、ホントにセコい男だねえ。おまけに、小池新党は出来ておらず、民進党は離党者が相次いでボロボロ、野党間の選挙協力も上手く行ってませんから、今選挙をやれば勝てると思ったんでしょう。そんなのね、国益と謂うよりも、党利党略私利私欲でありまして、動機が不純ですよ。喩が適切じゃないかもしれませんが、「此の女の子、彼氏と別れたばかりだし、そして親子間も上手く行かずに落ち込んでるみたい。美味しい物を食べさせて、今口説けば何とかなるかも。」てなもんでしょ。あのねえ、男なら、「君が好きだ」と、正々堂々口説くべきですぜ。ホントに下種な奴ら…。

でも、野党は野党でまるで駄目ですもんねえ。民進党はぐちゃぐちゃでしょ。小池新党は維新の会と連携を目指す由でして、あのねえ、其れじゃあ第2自民党じゃありませんか。単なる与党の補完勢力ですよ。小池はやはり銀流し、メッキが剥げて来た感がありますけれど、しかも一院制を政策に挙げる由、馬鹿だねェ…。恐らく、「参議院は不要だ。議員を減らすべき。」と謂う耳触りの良い言葉で誤魔化す心算なんでしょう。議員削減に付いては僕、大賛成ですけれど、一院制は大反対です。其れでなくとも此の国は、ファシズムやポピュリズムの傾向があるのに、衆議院のチェック機構が無くなったらどうするの!?大体ね、先進国において、二院制を取っていない処なぞ、殆どありませんぜ。確かに、一院制の国も勿論あるんですが、其れは、ニュージーランドとかサモアとかウズベキスタンとか、規模が小さな国なんですね。そういう処ならば、人口も少なく、内政も楽でしょうから、二院制にしてまでチェック機能を持たせなくとも大丈夫、かえって経費の無駄でありましょう。でもねえ、衰えたりと雖も、世界第3位の経済規模があり、1億を超す人口があるんですよ。其れなのに一院制だなんて、僕、独裁政治を目指しているとしか思えないなァ。其れよりも先に、公務員を減らしてはどうでしょうか。だって、330万人も居るんですぜ。小池新党もズレた事を謂ってるなァ。

閑話休題、週末は僕、「ニッポンの奇祭」小林紀晴著 講談社現代新書、を読み耽っていました。著者はカメラマンでして、日本全国津々浦々を飛び廻り、ファインダー越しに奇妙なお祭りを観察、フィルムに収めて来たんですね。僕、驚く事ばかりだったんですが、宮古島のお祭りでしたか、本当に奇妙なお面を使っており、此れ、パプアニューギニアの物ですと謂われても、信じちゃうと思いましたねえ。宮崎のお祭りは、まるで狩猟民族を思わせました。何だか古代のシャーマニズムやアニミズムを彷彿とさせましたよ。でね、奇祭って、其の本の情報だけでは無く、色々とあるんですよね。例えば滋賀県の奇祭に、鍋冠祭ってあるんですが、此れ、少女8人が鍋を被って行進するんです。平安時代から続いている由でして、私見ですけれど、滋賀と謂えば近江商人、彼らの中には渡来人も多かったですから、当時の最先端食器であろう、銅や鉄製の鍋を、朝廷への貢物にしていたのではないかと。其れがお祭りになったと愚考します。大分の国東のケベス祭、此れは火祭りなんですね。ケベスと謂う、正体不明の異形の者が火を取ろうとします。トウバと謂う者が火を守るんですが、最後は其れも破られるんですね。結局、ケベスもトウバも火を持って、参拝者を追い掛け廻すと謂うお祭りであります。何だか訳が分かんないんですが、僕、此れまた素人の愚考なんですが、ギリシャ神話に酷似している様に思えてなりません。プロメテウスと謂う神が、天界の火を盗み、人々に分け与えるという神話がありまして、そっくりと思いませんか!?しかも此のケベスのお面、どう見ても日本の物じゃなさそうですよ~。

数年前、蘇民祭と謂う岩手の奇祭が、一躍有名になりましたよね。むくつけき半裸の屈強な男達の裸祭なんですが、此れ、祀ってていますのが確か、薬師如来ですから、古代の天竺、インドの仏教から来た物でありましょう。インドから中国や東南アジア、朝鮮半島、そして日本列島に仏教が伝来した過程で、少しづつアレンジメントされ、東北の岩手でお祭りになった時には、男達が褌1つで裸になっちゃったんですねえ。日本三大盆踊りと謂えば、岐阜の郡上、秋田の西馬音内、そして阿波踊りですよね。此れ、亡くなった方々への慰霊であり、五穀豊穣を祈り、そして男女の出会いの場であり、此の時ばかりは無礼講、身分の違いも無く、皆が夜を徹して踊り狂った訳でしょ。特に阿波踊りなぞ、江戸期には既に成立しており、封建制の当時に、「踊る阿呆に見る阿呆」ってフレーズ、中々謂える物じゃありませんよね。何だか僕、江戸時代の日本人の精神の自由さを感じられてなりません。

此の手の多くの奇祭に限らず、僕、日本人は、独裁を嫌い、多様性を重んじて来た、大人な民族と思うんです。だって例えば、来月の10月は神無月と謂いますよね。何故神様が居ないかと謂えば、八百万の神々が出雲大社に集まり、色々な事を話し合って決めるからでしょ。神様と雖も合議制って、何だか可笑しさがありますけれど、此れ、旧約聖書だったら大変ですよ。イェホバの神は唯一神ですから絶対でして、話し合いなぞとんでも無い、異教徒なぞ、殺して当たり前ですもんね。聖徳太子だって、17条憲法において、独断で物事を決めず、多くの人と話し合えと謂われています。明治維新の五箇条の御誓文もそうでしょ。だって第1条が、「広く会議を興し、万機公論に決すべし」じゃありませんか。ところで僕、其の人が何処で生まれたかで差別するなんて、最低で愚劣な行為と思います。昔の日本人は決してそんな事はありませんでした。古代の大和朝廷で権勢を誇った蘇我氏。戦国期では、中国地方の雄だった大内氏や宇喜多氏。四国一円に覇を唱えた長宗我部氏。彼らは皆、渡来人の系統の人達でしょ。大体ねえ、ヒトの祖先を辿って行けば、全員のルーツはアフリカにある訳ですもんね。DNA鑑定をすれば、全人類の遺伝子って、殆ど変らない筈ですもん。僅かコンマ数㌫の違いでしかありません。僕、どの人種、どの国にも、良い人も居れば悪い人も居る、其れだけだと思います。

其れなのに、アイツはあの国の生まれだから駄目だとか、アイツは学歴がとか、アレは女だからとか、ナンセンス極まりないですよ。仕事が抜群に出来る高卒も居れば、まるで気が利かないダメダメな大卒も居る訳で、将に氏より育ちでしょ!大事な事は今までの経歴や学歴や国籍や性別よりも、素直な性格か否か、努力を惜しまないか否か、熱意があるか否かでしょう。どの業界の人に聞いても同じ答えなんですが、「大卒の男性より、高卒の女性の方が仕事が出来る」、皆さんそう仰いますよ。日本男子よ、もう少ししっかりしろ!

アレ、お祭りの話をしていたのに、最後は日本男子を叱咤激励と謂う、書いている僕も良く分からない展開となりまして恐縮です。さて今日は比較的来客が多い1日ですけれど、精一杯頑張ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR