FC2ブログ

❤ ワンダーウーマン ❤

おはようございます。久方振りの拙ブログの更新となりまして恐縮ですが、皆様、如何お過ごしでしょうか!?さて僕、出張を終え先日、都内より戻って来ました。今回はセミナーに参加して来たのですけれど、♪ひとりぼっちの東京タワー 時代遅れの東京タワー♪、研修の場所は芝公園の近くでしたが、此処、何とも不思議な場所でして、僕、決して嫌いじゃないんですよね。研修場所は、毎年恒例、ザ・プリンスパークタワー東京と謂うホテルでしたが、此処から徒歩数分で東京タワー、そして室町時代から続く古刹であり、忠臣蔵で有名な増上寺が控えます。ホテルの前に芝公園があるのですけれど、此の中には、小さいんですが、古の前方後円墳があるんですね。近隣には神社も確か3つあるんです。都内では割と落ち着いた区域でして、其れも其の筈、此の辺りはオランダにロシアにキューバにチリにシンガポール、大使館ばっかりなんですよ。少し足を伸ばせば、ホテルオークラに六本木ヒルズに東京ミッドタウンでしょ。僕、研修前に此の周辺を、独り散策するのが常なのですけれど、歴史に外交に自然に思いを馳せる事が出来、何とも心豊かになる気がするんです。只、閑静で落ち着く一角なのは大変結構ですが、お高く止まっていると申しますか、廻りに居酒屋とか蕎麦屋とか焼き鳥屋とか、大衆的なお店がちっとも無いんですよ。此れには閉口しますねえ。主催者の皆さん、洒落てなくて良いので、来年はもう少し庶民的で利便性の良い処を、是非是非ご検討下さいm(__)m。

さて、今回の出張、猛暑とゲリラ豪雨の中、割とスケジュールがタイトでありまして、プライベートな時間は殆ど取れませんでした。でも、露店を冷やかした折に、♪あの頃みたいに ダサいスカジャン着て♪、クレイジーケンバンドの名曲「タイガー&ドラゴン」じゃありませんが、大層安かったですし、若い時分を思い出し、ついつい勢いで買っちゃったんですよ。黒のスカジャンなんですが、虎の刺繍が入ってまして将にタイガー&ドラゴン、僕、もう直ぐ50でして、天命を知る年なのに、妙に似合うのが我ながらどうも気になるんですが、しかし此れ、何時何処で着れば良いんだろ…、参ったなァ…。

閑話休題、忙中閑あり、其れでも半日だけ自由時間が取れまして、新宿で落語と買い物か、神保町の古書街廻りか、上野で美術館と鰻か、浅草で漫才と洋食か、六本木で飲むか、銀座で画廊巡りか、両国でちゃんこ鍋か、柄の悪い池袋の裏通り、怪しいアジアン・ショップ街を冷やかすか、迷いに迷ったのですけれど、結局、日比谷で蕎麦に冷酒をやりまして、そして有楽町で美味しい珈琲を飲んで、映画鑑賞と相成りました。全世界で大ヒット御礼中と謂う「ワンダー・ウーマン」、封切られたばかりですからね、どうしても観たかったんです♡此の作品を造ったのはDCと謂う、アメリカン・コミックスの雄なのですけれど、此の会社、ライバルのマーベル社に押されっぱなしでして、映画製作からは手を引くのではと謂われていました。ところがどっこい、今回の大ヒットで息を吹き返したんですね。さて、本作のレビューの前に、東京って興味深いのが、地下鉄やJRの線や、其の場所によって、カラーが明快なんですよね。僕、都内の主だった映画館は殆ど網羅、足を運んだ心算ですけれど、そうですねえ、上野浅草錦糸町辺りですと、先程のスカジャンを着たアンちゃんと、ケバいお姉さん方が映画館を埋め尽くす感じ。新宿ですとサラリーマン。高田馬場や池袋はあか抜けない学生さん。渋谷だとあか抜けた学生さんやOLさん。六本木ならお洒落なカップル。恵比寿は映画通。そして有楽町銀座になると、矢張り落ち着いた富裕層でしょうか。

閑話休題、「ワンダーウーマン」に話を戻しまして、本作、確かに売れると感じました。其れと謂うのも、先ず主役の女優さんが本当に綺麗で、美しいんですよ。人間は皆、多面体と申しますけれど、ガル・ガドットと謂う30代の女優さん、クール・ビューティの美貌あり、ガール・ネクスト・ドアの親しみ易さあり、自然なコケットリーの愛らしさもあり、どんな衣装も着こなすスタイルの良さがあり、そして、意志の強さを感じさせる強い瞳は、所謂目千両でした。其れでいて、軍隊出身と謂いますからアクションも出来、笑いを誘うシークエンスではコメディエンヌの才能も垣間見せ、ううん、本作の成功は、彼女無しでは有り得なかったでしょう。監督さんも女性でしたし、ワンダーウーマンが属するアマゾネス軍団も女性ばかりでして、此処まで女性をメインにしたストーリーが世界的大ヒットって、映画史上初であり、僕、画期的な大快挙と思います。また、此処まで女性が男性達をぶっ飛ばす映画も、未だかって無かったでしょうねえ。道理で、アメコミ映画って、劇場は男性ばかりなのですけれど、今回は女性の方が多かった気がしました。旧い映画のオマージュもふんだんにあり、ギャグがあり、バトルのシークエンスはカタルシスがあり、女性賛歌であり人間賛歌の物語でした。愛は地球を救う、言葉にすると陳腐ですし、赤面しそうですけれど、才能に満ち溢れた圧倒的に美しい人が其れを訴えれば、思わず頷いてしまいますよねえ!?ラブロマンス、ギャグ、過去の名作映画へのオマージュ、アクション、CG、或る種のシンデレラストーリー、そしてワンダーウーマンの配下の男性には、インディアンにスコットランド系にアフリカ系を配しまして、人種差別への目配りもありました。何としてもヒットをと、計算し尽くした感があり、決して悪い作品ではありません。

でもね、お前に一言物申す~って、古いギャグで申し訳ありませんが、ちょっと余りにもアメリカ礼讃、イスラエル万歳じゃないかしらん。主役のガル・ガドットさん、イスラエルの人でありまして、国連大使も務め、ツイッター等では自国の立場を常に強調しています。中近東諸国とイスラエルは、謂わずと知れた犬猿の仲ですよね。そして、イスラエルとアメリカが、長い間蜜月関係にあるのは広く知られた処です。ガザ地区では今尚、戦争が続いています。となりますと、政治的に極めて微妙な立場にある彼女が、イスラエル支持の姿勢を堅持、常に其の事をソーシャルネットワークで訴えているって、どうなんでしょう!?映画の役柄とプライベートは全く違うのは当然です。でも、全世界で公開される訳で、影響力は絶大でありましょう。ガル・ガドットさんは、元イスラエル軍人であり、其の人が愛の戦士たるワンダー・ウーマンを演じるならば、私生活においても他国への配慮は必要不可欠、僕、そう思うなァ…。しかも此の映画、世界的にヒットしている訳で、中近東の人達は面白い筈が無く、レバノン・チュニジア・カタール・ヨルダン・アルジェリアでは、上映中止になってますもんね。僕、其の無神経さって大罪と思います。ワンダーウーマンの訴える愛と正義って、そりゃアメリカとイスラエルだけの論理じゃないのかと、僕、どうも引っ掛かるんですよね。お天道様は見ていまして、アメリカへの批判が常に底流を流れている、「キャプテンアメリカ」「アベンジャーズ」のマーベル社の方が圧倒的に売れていますもんね。僕も、マーベル社の方が断然好きです♡♡

でもね、僕、個人的にアメリカって大嫌いですが、流石、と思う処もあるんですよ。其れは、国籍性別経歴等々は無関係に、実力があれば必ず認める処です。そして、幾ら相手が大統領だろうと、自分の意見をきちんと訴え、行動に移す姿勢です。

先ず、実力重視の姿勢ですけれど、昨日、WOWOWで衛星生中継があったボクシングのビッグ・マッチ、皆様、ご覧になりました!?WBO世界スーパーウェルター級王座決定戦、ミゲール・コットVS亀海喜寛の一戦であります。上京前の拙ブログで、此の戦いについて触れ、亀海選手にももしかしたら勝機あり、と書きましたけれど、善戦健闘空しく、大差判定負けに終わりました。亀海選手も根性を見せ、まるで昭和のボクサーで好感が持てましたけれど、コット選手は4階級制覇のスーパースター、矢張り技術面での大差は否めませんでしたねえ…、残念無念…。でも亀海選手、待てば海路の日和あり、きっと又チャンスがありますよ、めげずに精進して下さい、応援してます!さて、勝敗は兎も角、此の試合、亀海選手は日本人、コット選手はプエルトリカン、試合会場はカリフォルニアでしょ。両雄ともに米国とは全く縁が無いのに、試合会場はアメリカ人のファンで超満員でしたもんね~。

そして、今朝の産経新聞でしたか、トランプ大統領の「米国第一」の政策に、猛反発する集団が現れました。CO2排出の規制をすべく、去年でしたか、192か国が、パリ協定を結びましたよね。ところがアメリカのみが、此の協定を離脱したんですね。しかし、「其の政策は間違っている。アメリカは孤立してはならない。自然環境の為に世界で協力すべきだ。」と正論を述べ、各州の知事、市、企業、大学が立ち上がったんですって。カリフォルニアを中心に、既に13州の知事が、パリ協定を守ると表明したとか。何とまァ、サンフランシスコで、国際環境サミットを開催すると高らかに宣言した由でした。いや、大統領に逆らってまで己の信じる道を行くだなんて、自ら反みて縮くんば千万人と雖も我行かん、此れが男の子でありましょう。僕、遠くサンフランシスコ市民に連帯の意を表明しますし、個人レベルで恐縮ですが、出来る事があれば何でも協力しますよ!アベ総理の顔色を窺ってばかりの我が国では、こんなムーブメント、中々起こらないですよねえ…。

さて、久方振りの出勤であり、月末と週明けが重なり、此の後は息つく暇も無さそうです。よおし、先ずは打ち合わせが2つ、兎に角頑張って来ます!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR