FC2ブログ

cast away

ほこほこと 埃の畑や 炎天下、暑い日が続きますけれど、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?地元の明豊高校が、甲子園のベスト8に残りましたからね、僕、急いで雑事を済ませ、朝の8時から夕方までずうっと、高校野球を観ておりました。其れにしても明豊、残念だったなァ…。初回の大量失点さえ無ければ、勝てた試合だった様に思いました。しかし、2年生で3番を打つ濱田君、何だかかっての三冠王、落合選手を思わせる様なバッティングでして、いやァ驚いたなァ。内角の厳しいボールを、腕を上手く畳んで左翼席まで持って行くんですから、こりゃ来年、プロ入りもあるかもしれません。僕、1か月ぐらい休みを取って、涼しい高原か海沿いの鄙びた街に宿を取り、美味しい物を食べて飲んで、県大会の1回戦から全国大会の決勝まで、全て観たいと謂うのが夢なんですよね。来年は甲子園も100回大会ですし、是非観戦したいですけれど、とても無理だろうなァ。

其れにしても高校野球も随分と様変わりしました。ハーフの選手達もチラチラ目に付きますもんね。ダルビッシュ選手の存在が大きかったお蔭か、毎年の様にハーフの子が甲子園に出ています。大阪桐蔭の、山本ダンテ武蔵選手は、抜群の身体能力ですけれど、お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人、広島生まれで大阪に野球留学ってんですから、ハイブリッドな選手ですよねえ。横浜高校の万波中正君は、まだまだ荒削りですけれど目を見張るパワーでした。此の万波君、お父さんはコンゴの方、お母さんが日本人でして、いや、ホントに国際化ですよねえ。さて、日本の野球って、長い長い間、投高打低傾向でしたが、今大会は打高投低ですもんね。皆さん、バットのヘッドがやや投手寄りなのが気になりましたが、どのチームも強打者が目白押しですもんね。昨日観ただけでも、先の明豊の濱田君に杉園君、東海大菅生の小玉君に片山君、天理と広陵の2人の中村君、花咲徳栄の野村君、皆鋭いスイングでした。甲子園には出られませんでしたが、早稲田の清宮君に履正社の安田君、九州学院の村上君もスケールが大きいですもんね。大阪桐蔭の藤原君に根尾君、横浜の増田君も好打者でした。此処まで良い打者が揃ったと謂うのは、近年では記憶にありません。僕、此の変化って、以前と較べ、情報を格段に収集出来る様になったでしょ、其れが大きいと感じます。かっては、「横浜に凄いピッチャーが居る」と聞いたとしても、試合が始まって漸く、其の投手のボールを見た訳でしょ。其れが今では、YOUTUBEで、幾らでも動画が見られますもんねえ。そして、投手は1000球の投げ込みなんて無茶ですが、打者はバッティングマシンで幾らでも打ち込めますでしょ。加えて筋トレの知識も各段に増え、プロテインやサプリもある訳で、其の影響でしょう、筋骨隆々のバッターが多かったですもん。今大会は投手側が押されていましたが、珍しい球種、ツー・シームやナックルを操るピッチャーも居まして、高校野球も進化し続けているんだと、思いを新たにしました。

でね、僕、昨日、高校野球と並行して、録画しておいた、WOWOWの海外ドラマも観ていたんです。「エージェント・オブ・シールド シーズン4」でして、現在の映画界を席巻するマーベル社が製作したTVドラマなんですね。早くもシーズン5も決定した、大人気ドラマなんですが、今の粗筋は、インヒューマンズと謂う特殊能力を持った人達と、普通の人間達の対立が、主軸となって話が動いています。荒唐無稽な話と笑う勿れ、此のドラマ、極めて現代的でリアルなんですよね。人種差別、無差別テロ、格差社会に監視社会、AI、クローン、ロボット、匿名のハッカー集団等々、様々な要素がちりばめられ、決して目が離せない展開なんです。だって、AI搭載の人間そっくりのロボットに、24時間の看護をさせたり、危険な任務をさせたりと、劇中では其処まで行ってますもん。先の高校野球もそうですけれど、ドラマも進化しているんですよね。

実社会に目を向けましても、血液1滴で、13種類の癌を早期発見出来る様になったんでしょ。機械に指を置いただけで血糖値も瞬時に分かるとか。サントリーは、今まで無かった蒼い菊を、遺伝子操作に依り完成させました。精子が無いマウスも、ips細胞に依り子供を造るのが可能な由です。また、近畿大学は、高級魚クエに他の魚を組み合わせ、新たな交雑魚クエタマの養殖に成功したとか。此のクエ、鍋料理に入れると大変美味でして、かなりのお値段なんですが、クエタマならば其の半額以下だそうです。

閑話休題、ジャック・アタリと謂うフランス人の学者がいらっしゃいます。此の先生、フランスのNO1の大学を卒業、経済学博士号を取得後、38歳でミッテラン大統領のブレーンになり長期政権を支え、そして欧州復興開発銀行初代総裁を務め、今回のマクロン大統領誕生の立役者でもあるんです。欧州きっての知性でありまして、僕、彼の本は数冊読んでまして、つい先日出た新刊「2030年 ジャック・アタリの未来予想」も読破したばかりなんですね。僕、思わず考え込んでしまったんですが、彼の説では、2030年には、月に3Dプリンターを運び、月の表土から宇宙基地を造る事が可能なそうでした。勿論、AIやロボットについても触れていまして、何れは超高性能の自動翻訳機が出来る由、そうなると国と謂うシステム其のものが廃止されるのでは、と大胆な予想でありました。でね、神経科学が飛躍的な発展を遂げるそうで、そうなりますと、脳の神経や細胞までもが詳細に分かる由、認知症でも統合失調症でも、其の発生のメカニズムが全て解明するんですって。2030年と謂えば、後13年後でしょ…。当たるも八卦当たらぬも八卦ですし、無論タイム・ラグは生じるでしょうが、こりゃあ、僕らのスタッフの生業である、精神病院の役割も、劇的に変わる事になりそうです。そしてそして、アタリ先生が謂われるには、何れ、脳の神経細胞の活動をモニタリング出来るだろうと。すると、感情や思考や自意識までもが分かると。そうなりますと、其のデータをクローン人間に移植すれば、不老不死も可能だそうで、いやはや何とも、此のテクノロジーの進化には、ただただ絶句であります…。

人類の歴史を振り返れば、石器や火を扱っていた頃って、時間の流れも相当緩やかでして、技術の革新って、千年単位だったと思われます。其れが今では加速度的と申しますか、かってに較べれば、急流であり、激流に近い速さでありまして、僕達は凄い時代に生きていると痛感します。だって、平安時代ならば、恋人に逢いに行くのは牛車でしょ。牛の速さでのろのろと、彼女の家に和歌だけ置いて、帰った事もあったでしょう。其れが今では、彼氏彼女と連絡を取るのに、ラインでもメールでも瞬時ですもんねえ…。フェイスブックでもツイッターでも、動画まで見られ、何処に居るのかも分かるんですから、1000年前に牛の車に乗っていた時代、そして150年前の江戸期、飛脚が走って手紙を届けていた頃に較べると、長足の進歩でありましょう。

こうなりますと、良し悪しは別として、旧態依然とした考え方の人、四角四面で頭が固い人、くよくよと逡巡し保守的で慎重な人、変化を嫌う人、好奇心の少ない人って、此の激変の時代に順応出来なくなります。僕、当院の重職を引き受けて12年が過ぎ、精一杯努力して来た心算ですけれど、此れからはより一層、人材の育成に力を入れなくては。実は僕、院内に私塾を造ろうかと考えているんです。勿論僕も教鞭を執りますけれど、其れに加え、各界の第一線で努力されている、様々な講師の方を呼ぶんです。アカデミックな形ではありませんけれど、観念的な物を排した、実戦的な塾ですね。卒業旅行には、海外の病院の視察を行うと。お金さえあれば、世界一周や南極探検や、いっその事、宇宙旅行にでも行かせたいぐらいです。でもねえ、其れ位の発想の転換をしなくては、不老不死までもが可能になる此の時代に、対応出来ませんぜ。

とまァ、最後は少々大袈裟になりまして恐縮ですけれど、先ずは身をもって範を示す必要がある訳で、僕、今週水曜日から、都内での研修会に行って来ます。何か1つでも吸収出来る様、頑張って来ますね。よし、今日明日とスケジュールがタイトではありますが、先ずは朝イチの打ち合わせから、頑張って来ます!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。今回読みやすいおもしろいブログで、ほっとしました。いつもむつかしかったんです。
大分下郡病院はツイッターはないのですか?

Re: No title

> こんにちは。今回読みやすいおもしろいブログで、ほっとしました。いつもむつかしかったんです。
> 大分下郡病院はツイッターはないのですか?


おはようございます。難しい事を書いてすみませんm(__)m。
それに懲りず、是非またご訪問下さいね。

今の所、ツイッターまでは考えておりません。とりあえずは
フェイスブックで情報発信しようと思っています。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR