FC2ブログ

♪ ゴッド・オブ・シャミセン ♪

ひぐらしの 鳴く山ざとの 夕ぐれは 風よりほかに とふ人もなし、暑さ寒さも彼岸までと申しますれど、段々と秋が近づきつつある気がします。と謂いますのも、毎朝の愛犬の散歩の際、蝉の声に交じり、コオロギの音が混じって来たんですよね。勿論、日中は真夏の陽射しですけれど、後もう少しの辛抱で涼しくなってきそうです。

でもね、ホント、皆いい加減大人になれよとつくづく思うんですよね~。公私共に、たっぷり経験させて貰いましたが、まァチャイルディッシュと申しますか、己の感情ばかりで、廻りがちっとも見えていない人が如何に多い事か、僕、残念でなりません。こんな片田舎の大分ですらそうなんですから、全世界にこんな人が沢山居るかと思うと疲れ果てる思いです。いえね、今日未明、スペインのバルセロナで、群衆の中にトラックが突っ込んだでしょ。複数の死者や犠牲者が出た由ですが正確な数字は不明、でもね、バルセロナと謂えばガウディ、ガウディと謂えばサグラダ・ファミリア、彼の建築物目当てに世界中から観光客が集まる処でして、そんな場所でテロ行為なんて決して許せませんぜ。最近の欧州では、同様のテロ事件が頻発していまして、ニースで、ベルリンで、ロンドンで、被害がありましたもんね。インドネシアの首都ジャカルタでも、イスラム教徒が大統領宮殿を爆破しようとして捕まったばかりでしょ。北朝鮮はもう錯乱状態に近いですし、其れを裏から支える中国、そして己の勢力拡大を虎視眈々と狙うロシア、我が国の廻りは魑魅魍魎どもが百鬼夜行でありまして、もう君達、仲良くしなさ~い!

しかもね、今まではアメリカが、別に誰もお願いしてないんですが、「世界の警察」として威を振るっていた訳でしょ。でももう、足元が相当揺らいでおりまして、トランプ大統領の自宅前では、辞任要求のデモが起こる始末です。大統領を支えるスタッフ達も五月雨式に辞任が相次いでいます。しかも、大統領の諮問機関には、著名な財界人が委員としてブレーンになっていますけれど、7人が辞めましたもんね。同じく、もう1つ同様の組織があったそうですが、其れは解散ですって…。でね、其のメンバーの顔触れを見ますと、IT、電機、自動車、金融、メディア、半導体、医薬品、スポーツ等々、アメリカを代表する、大手大会社の社長さん達なんですよ。此れ矢張り、トランプが白人至上主義団体を庇うコメントを発表したのが拙かったんでしょう。僕、かって、英語圏の国に行ったり住んだりした際、最も彼らが大事にするのが、フェアか否か、だったんですね。イッツ・ノット・フェア、と謂われたら殆ど喧嘩でありまして、彼らは其れ位、公平性を大事にします。そうなりますと、トランプの様に、白人至上主義者を庇うだなんて、最もアンフェア、彼は元々失言が多かったですが、今回ばかりは大失言でありましょう。トランプ政権は、国民から突き上げられ、エスタブリッシュメントからは見放され、付いて行くのは極右だけではそろそろレーム・ダック、案外持たないかもしれませんよ。しかもね、トランプって、劇場型政治のポピュリズムと申しますか、自ら進んでフリクション、軋轢や摩擦を起こすタイプでしょ。猛省しなさいッ!

でもね、僕、危惧しますのは、我が国においても、妙に好戦的と申しますか、「中国や韓国や北朝鮮がどうした、いっちょやったろうか!」みたいな考えの方って、増えて来た様に思うんですね。男の子が元気があるのは良い事ですし、僕も確かに、上記の3国には憤りを感じる事は多々あります。でもねえ、そんなにプリミティブにエモーショナルに、怒りだけをぶつけても、上手く行く筈がありませんぜ。もっとクールにロジカルに行かないとモテないぞ、って、話を戻しましょうね。実は日本って、経済の面から見れば、戦争なんて出来っこないんですよ。東北大を卒業後、日経新聞社や野村證券を経てコンサル会社を設立、現在は執筆がメインの、加谷珪一先生と謂う方がいらっしゃいます。僕、先生の記事を読んだのですけれど、日本がアメリカを敵に廻して戦った太平洋戦争、其れは幾ら掛かったか、と謂う事を書かれていたんですね。今の金額に換算しますと其の値段、凡そ4400兆円でありまして、今の国家予算の44年分となります。太平洋戦争は4年半ですから、ざっくりとした計算ですが、1年間戦をするには、11年分の国家予算が必要なんですね。とは謂え、無い袖は振れませんからどうしたかと申しますと、とんでもない重税であり、個人資産を供出させたんですね。其の結果、大敗北により日本全土は焼野原、おまけに、株や国債も紙切れ同然となりまして、破産した方も多いんですね。もし今、日本が戦争なぞ始めたら、最初は色々な処に発注が掛かって、瞬間的に景気が良くなるでしょう。でも其れは線香花火の様な物、アッと謂う間に消えて無くなりますよ。生産が何れ需要に追い付かなくなり、破綻と謂う有り様、其れは歴史が証明しています。もう1度整理しますと、日本の国家予算は100兆。其れに加え借金が1000兆円を超えています。其処で戦争を始めると、1年間で1100兆円が必要です。其のお金を捻出するなら、原発の廃炉や年金や少子高齢化対策に使うべき、僕、そう思うなァ。ウン、我ながら論旨が明快、分かり易いでしょ!?即ち、戦争をするなぞ下の下策、愚の骨頂でありましょう。

ざんぎり頭を叩いてみれば 文明開化の音がする、明治の御代の我が国の指導者達は、今とは大きく異なり、もっともっと利口でした。此の国にはまだまだ足りない処があると、謙虚かつ冷静でして、諸外国から、2600人の技術者を雇い入れ、日本の発展の為和洋折衷、互いに協調、協力し合いながら、本邦の礎を築いたんですね。其の外国人の一人に、W・K・バルトンと謂うスコットランド人が居ました。此のバルトン先生、6か国語に堪能であり、エジンバラ大学工学部を卒業、優秀なカメラマンでありスポーツマン、将来を嘱望される人物でした。此の有為な人材に目を付けたのが、文豪永井荷風の父君である久一郎氏でして、数年を掛けて説得、来日となった訳です。さて、来日したバルトン先生、専門は衛生工学、都市の上下水道の設計でありました。彼が手掛けた場所は、函館、横浜、東京、新潟、神戸、名古屋、大阪、京都、福井、青森、仙台、岡山、広島、松山、福岡、門司等々、日本全域の主要28都市に及びます。此の結果、当時諸外国で流行していたコレラやペストは、日本での被害は極めて少なかったんですね。数十万人の日本人の命を救ったのが、此のバルトン先生であります。そしてバルトン先生、文学に縁のある方でして、先に永井荷風のお父さんと友人だったと書きました。バルトン先生の親友が、同じスコットランド人のサー・アーサー・コナン・ドイルです。謂わずと知れたシャーロック・ホームズの産みの親でして、どうやらバルトン先生、ワトソン先生のモデルの1人だとか。バルトン先生の親友が東京帝大の先生でしたが、其の教え子が夏目漱石であります。バルトン先生は、得意の写真を撮り、同じ外国人教師の仲間達と、日本の良さを記した本を、共同出版しているんですね。ご自身も日本人女性と結ばれましたし、我が国とスコットランドの架け橋となった、偉大な人物でありましょう。

2006年、其のバルトン先生の没後150年を記念し、日本とスコットランドの夫々で、記念式典が開かれました。僕、感動して思わず泣いてしまったんですよ。と謂いますのは、首都エジンバラで開かれた其の式典で、「スコットランド・ザ・グレイブ」、同国の国歌が演奏されたんですね。演奏者は、スコットランドのバグパイプの一団、そして日本から来た、津軽三味線のプロの奏者でありました。此の津軽三味線弾きは、世界を代表する演奏者で、ケヴィン・メッツさんと謂いまして、バルトン先生の玄孫にあたるんですね。人種や国に何の偏見も無かった、偉大なお爺様の血が流れているのでしょう。彼はアメリカの音楽大学を出て津軽三味線に惹かれ、ヘビィ・メタルやワールド・ミュージック、映画音楽にアニメソングまでも大胆に取り入れ、日米で4枚のCDをリリース、世界的な評価を得ています。僕、彼の演奏をYOUTUBEで見ましたけれど、其れは其れは、大変見事な物でした♪

やっぱり物事、トランプの様な思い込みや差別はいけませんねえ。バルトン先生と日本人の様に、お互いの長所を認め合わねば。今日の拙ブログは、自戒をこめて、綴ってみましたが如何でしょうか!?さて、暑い日が続きますけれど、皆様水分補給には充分お気を付けて、素敵な週末をお過ごし下さい(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR