FC2ブログ

夏牡蠣の 潮したたる 網袋

其れにしても暑いなァ…。早朝から、愛犬のコロちゃんと散歩に出たのですけれど、人も犬も直ぐに息が上がる感がありまして、だって、5時前で既に30℃近い由、そりゃあ汗をかく訳です。コロちゃん、吃驚する程水を飲んでましたもんね。犬は汗腺がありませんから汗をかけず、彼女が体温を下げるには、とりあえず水を飲むしかありませんで、何だか気の毒になりました。エアコンを入れて扇風機を付けた処、其の冷風が直撃する場所でちゃっかり寝てましたけれど、風邪を引かなければ良いんですが…。

アメリカのフィラデルフィア、全米有数の学園都市でありまして、街の周辺まで加えれば、大学関係者が30万人以上住むと謂う、本邦ならば筑波でしょうか。グロテスクな話なんですが、此のフィラデルフィアでつい先日、マンホールからゴキブリが大量発生、其の数は数千匹を超え、地面を埋め尽くし、道路が見えない程だったとか。うぇ~、気持ち悪い!!どうやら下水道に大量の廃棄食品が詰まり、ゴキブリの餌となり、其れに加えて猛暑ですから、爆発的に繁殖したのでは、との事でありました。まァ、ゴキブリって、元々は熱帯雨林の昆虫の由、暑くなればなる程、こいつらには好条件なのでしょう。

もう随分前になるんですが、僕、新宿辺りで知り合いと飲んでいて、其の帰りに四ツ谷だったか、男2人でラーメン屋に入ったんですね。とりあえずビールを頼み乾杯、餃子が焼けるのを待っていましたら、カウンターの上を、猫が駆け抜けて行ったんです。「汚い店だなァ」と思っていたら、友人が、「ありゃ、ネズミだよ!」ですって…。流石に其処では何も食べる気がせず、這う這うの体で店を後にしました。どうやら此のネズミ、クマネズミと謂う種らしく、大きいのになりますと、40㌢を超す由、ううん、子猫と変わらないサイズであります。此のクマネズミ、先のゴキブリ同様、東南アジアの密林に棲んでいた由、そりゃ暑さは大歓迎な訳で、実際、数年前から、渋谷では此のネズミ、大量発生しているとか。そうそう、茨城の日立市の海水浴場では、サメが30匹も押し寄せていまして、とても泳げる気がしませんし、海水の温度も相当上がっているんでしょう、生態系が狂いつつあるんでしょうね。

昨日でしたか、僕、南極の氷山に亀裂が入っている動画を、ナショナルジオグラフィック誌のサイトで見たんですね。飛行機から撮影しているんですが、行けども行けども巨大な亀裂でありまして、氷山が分離してしまうんですって。其の分かれた氷山、三重県と同程度の面積であり、1兆㌧の氷の塊だそうで、ちょっと想像も付きません…。しかし、全世界の氷山が溶けたら、日本の30㌫は沈んでしまうそうでして、こりゃあ、地球温暖化を止めるのは、喫緊の課題でありましょう。

でね、此の地球温暖化が進めば、勿論様々な悪影響が出るのは間違いありません。スーパーコンピュータの予想では、2020年から50年の間で、巨大台風・熱波・ゲリラ豪雨が年々増加する由です。先日の福岡や大分を襲った豪雨、犠牲者のご冥福を心からお祈りしますけれど、此の様な惨事は、二度と繰り返して欲しくありません。しかし、自然とは怖いもの、2070年には、日本は台湾やフィリピンと同様の気温となり、四季が無くなるんですって。数日前の拙ブログでは、少子高齢化の暗黒の未来について触れましたけれど、其れに加えて、天候の悪化と謂うリスクもあるんですねえ、トホホ…。しかも、南海トラフ地震や、関東大震災の危険性は年々増している訳で、こんな状況で、原発を推進するなぞ、狂気の沙汰でありましょう。

話を戻しまして、此の国にとって最も怖いのは、地球温暖化で食糧が調達出来なくなる事と思います。先の巨大台風や熱波や豪雨は、日本を襲うだけではありません。諸外国も同様のリスクがあるんですから、そうなりますと当然、作物は不作になります。となると、先ずは自国民に食糧を優先するのは当然でありましょう。「日本に輸出する分は、申し訳無いけどありません」となった時、どうするんでしょう!?因みに、日本の食糧自給率は39㌫、先進国では最低の数字であります。そしてね、自治体毎の食糧自給率のデータがあるんですね。僕、大都市の人達は地方を見下してはいけないと痛感しました。だって、東京の食糧自給率は1㌫、神奈川は2㌫、大阪も1㌫、京都13㌫、愛知13㌫、何れも大都市ですから仕方が無い部分はあるにせよ、天変地異の際には余りに脆弱でしょう。では、何処から食べ物を持って来るかと謂うと、北海道の食糧自給率は208㌫、青森123㌫、岩手111㌫、秋田190㌫、山形141㌫、何でえ、全部東北におんぶに抱っこじゃねえか。しかもですよ、原発まで福島に押し付けて、電力だけは東京で甘受してるなんて、何処まで威張っているんでしょう。「東京だけハッピーなら良い」、こういうのが選民思想であり、最早ファシズムに近いですよ!山海の豊かな物産に恵まれた此処大分でさえ、此処数年は48㌫がやっとでありまして、此の国の総力を挙げて、農業を推進し庇護し、食糧自給率を上げるべきでしょう。

でも僕、日本人の技術力と創意工夫さえあれば、食糧の増産や自然保護は、そう難しいとは思っていないんです。原発を止め、太陽光や風力を用いた、クリーン・エネルギーを進めれば良いですもんね。そして、日本の灌漑技術は世界に冠たる物でして、例えばパキスタンの砂漠など、我が国の協力により、10年間掛かりましたけれど、今では緑に満ち溢れた綺麗な大地に再生しました。又、温暖化や海水汚染により出る赤潮、此れ、かっては瀬戸内海の代名詞でもあったんですね。でも、今では殆ど見られないんです。此れ、広島名物の牡蠣の養殖のお蔭なんです。牡蠣1個で、1日に風呂桶1杯分、凡そ300㍑の海水を濾過、プランクトンを食べ、海を綺麗にしてくれるんですね。瀬戸内では1年間で、65億個の牡蠣が養殖されている由、彼らは食べて美味しい上、青きところ 白きところや 夏の海、海水も浄化してくれる訳です。牡蠣って、人間の叡智が産んだ、天然の濾過装置なんですよね。此れからも、感謝の心で牡蠣を食べねば。

しかしねえ、為政者の皆さん、日本人が海外に行く際に「出国税」を新設するとか、消費税を上げるとか、年金は75歳からにするとか、国民から毟り取る事ばかり考えないで下さいよ。今後の日本の為、建設的で有益なお金の使い方をして下さい、切に切に望みます。

さて僕、日曜日から月曜日まで出張でして、拙ブログの更新は、週明けの火曜日になるかと思います。連日暑い日が続きますけれど、皆様体調管理には充分お気を付けになって、素敵な週末をお過ごし下さいね~(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR