流され者

事実は小説より奇なりと申しますけれど、現実が映画を凌駕した感がありまして、此処最近、恐竜に関する大発見がありました。バットランドと呼ばれる、カナダの荒野で見つかった1㌧を超す巨石、其の中には、鎧竜の全身の化石があったんですね。此れ、1億1千万前の物なんですが、まるで生きているかの様でして、恐竜のミイラと謂いますか、骨や表皮も綺麗に残り、ほぼ完全な姿でありました。何だかゴジラやガメラの様、背中の鎧や骨格、顔の形まではっきり分かりまして、此れから精緻に調べあげる由、もしかすると世紀の大発見が続くかもしれません。胃や腸の辺りをCTで調べたり、もしかすると卵があるかもしれず、こりゃあどうなるのか本当に楽しみです。そうそう、此れ、現物が見られるそうでして、場所はカルガリーと謂いますからロッキー山脈の麓、此処はカナディアン・ウイスキーの本場ですし、大自然を愛でながら一杯やるのも良いかも!?ライ麦とロッキー山脈の氷河の水で造ったウイスキーでして、きっと美味しい事でしょう。んもう僕、夏休みを頂いて、今年はカナダに飛ぼうかしら!?

そして、此れまた大発見と思うのですけれど、ミャンマーの北部に渓谷があり、其処は琥珀の産地なんですって。其の琥珀の中に、9900万年前の絶滅種、恐竜と鳥の合いの子の雛鳥が見つかったとか。此れまた完全な形でありまして、羽根、体毛、頭、皮膚、爪、肉眼ではっきり分かります。此れ、ホントに映画「ジュラシック・パーク」の世界でしょ。古代の生き物の研究が、飛躍的に進む事は間違い無いでしょう。其れについ最近、30万年前の人骨が出土したばかりですし、学校の先生も大変ですよね。毎日の様に教科書を書き直さねばなりません。

まァ、吃驚する事ばかりなのですけれど、僕、今夏も東京出張が決まりまして、そろそろ切符を取らねばと思い、ネットで色々と調べていたんですね。すると、江戸川区の西葛西について色々と出て来まして、此処は助平で有名な文豪、永井荷風先生が芸者衆を連れて散策していた界隈、今度は僕も行ってみようかしらと思っていた処、往時とは全く違っている由でした。何と平成の今、インド人達が多く住んでいるそうで、荷風先生が見たらさぞ驚いた事でしょう。いや、寧ろ積極的に、目鼻立ちのはっきりした妖艶かつ豊満なインド美人を口説いたりして…。其れはさておき、此の西葛西、確かに悪い場所じゃないんですよ。インド人も中々やるなァと思いました。先ず、東西線1本で都心に直通ですから、仕事にも便利です。また、その東西線茅場町駅で降りて徒歩数分で、東京シティエアターミナルがありますから、其処からバスに乗れば、羽田にも成田にも直通です。江戸川区は都内では家賃が安いですし、インド人が増えた為、寺院やインド人学校もある由なんです。其れらの条件が整い、インド人が益々増えて行ったと。しかもね、此の周辺には荒川が流れているのですけれど、川幅が日本一広い大河ですから、インドの聖地、ガンジス川に良く似ているんですって…。意外な理由にへええと驚くばかりですが、僕、ガンジスには行きましたけれど、現地の人は敬虔なお祈りを捧げていましたが、川面に目をやればバスクリンをぶちまけた様な濃緑色、そして異臭、此れが聖なる川だなんてとてもとても…。

此の西葛西のインド村と似た様な地域が増えていまして、足立区の一角はリトル・マニラと呼ばれるフィリピン人街です。錦糸町はタイ人が非常に目立ちます。新宿に程近い新大久保や大阪の鶴橋は有名なコリアン・タウンでしょ。長崎・神戸・横浜は謂わずと知れたチャイナ・タウン。静岡や群馬にはブラジル人街がありますよね。そして、東京のベッド・タウン、埼玉の蕨--わらび、と読みます--市には、クルド人が多く住む様になり、其の数はもう1000人を超えた由、名付けてワラビスタンと呼ばれているとか。

此れ、日本だけじゃないんだと、今朝の新聞を見て驚いたんですね。EU離脱で揺れに揺れているイギリス、つい先日の総選挙も、何だか不透明な結果となり、大英帝国の崩壊の日は益々近い感があります。でね、其のイギリスの人達、母国を棄てる人が急増しているんですって。去年、ドイツ国籍を取得したイギリス人は3000人近い由なんですよ。イギリスとドイツと謂えば、2度の世界大戦では敵国でしたし今でもライバル同士、仲が良いとはとても謂えない関係なのですけれど、其れでも来し方行く末を考えたら、国籍を変えちゃうんですねえ。

でね、僕、思ったんですよ。此れだけボーダーレスと謂いますか、人の移動が激しい世の中でしょ。其れなのに、日本では過疎化と少子高齢化が進む一方でありまして、高知の山間部の村々では、議員のなり手が居ないと、村議会を廃止する動きが出ているぐらいです。其処で思いましたのが、乗っ取りと謂うと聞こえが悪いんですが、自分達の理想の自治体を造るって、充分可能なんですよね。日本で最も人口が少ない自治体は、伊豆諸島にある青ヶ島村と謂う処ですが、此処は人口僅か175人、絶海の孤島です。其れでも東京都内なんですが、例えばですよ、フェイスブックなりツイッターで、「青ヶ島で理想郷を造りませんか」と呼びかけ、200人ぐらいの移住者を募るんです。そして皆で移住すれば、村長職は勿論、村議会の過半数を取れる訳です。そして、理想的な自治体を造るという計画です。村にしても、過疎に苦しんでいる訳ですから、働き手が増える事は大歓迎でしょうし、皆で協力して理想郷を造れれば、 win-win で謂う事無しと思うんだけどなァ…。

青ヶ島がある伊豆諸島は、古来から遠島の地であり、鬼が島のモデルになったとも謂います。お尋ね者は勿論の事、源為朝や宇喜多秀家等、反乱を起こした人物が流された地なんですね。謂わば、見棄てられた島であります。其れでも、島ですから漁業は勿論ですし、畜産に観光に焼酎製造に地熱エネルギー、そして各種特産品も多くある訳で、僕、やりようによっては、幾らでも成長可能と思うんですよね。今の日本政府や官僚に頼っていたって、何時まで待っても理想郷なぞ出来やしませんぜ。ならば、優秀な人を募り、絶海の孤島を発展させ、其の地から日本復活の狼煙を上げる、と謂う作戦なんですが、如何でしょうか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR