ゴールデン・ボーイ 

風鈴や 浅き眠りの 明けそめて、此処大分はどうも空梅雨の気配でして、空の色も宜しく無く、スカッと晴れるか、どうせなら思い切り降るか、どっちかにして貰えないかなァ☀☂こういう時は、私淑する永井荷風先生ならば、落雷の 近しと思ふ ソーダ水、即ちライム・ソーダ辺りを飲むんですが、僕、此の時期はどうせなら、爽やかな初夏の味、モヒートで行きたいですねえ。でもね、バーで出るモヒートってどうも甘く、ライムの量も些か少ない気がしますし、どうせならヘミングウェイを見習って、ビターズをほんの少し垂らしたら良いのに。大分在住の読者諸賢の皆様方、タンカレーのジンを冷蔵庫で無く冷凍庫で冷やす様な、何処か良いバーがあったら是非教えて下さいませm(__)m。

さて、其のお天気同様、冴えないニュースばかりであります。千葉県の柏市、都内に程近いベッド・タウンですけれど、此の地域の5つの高校の敷地内で、福島の原発から飛来したと見られる、放射性物質が検出されたとか。立ち入り禁止となり、早速除染作業にかかるそうですが、此れ、元の原発を何とかしないと、同じ事の繰り返しでしょう。放射性物質の存在は、今年4月の調査で分かった由、アレレ、確か「福島の原発はアンダーコントロールされている」と、何処ぞの総理が大見得切ってませんでした!?コイツ、本当に大嘘吐きですし、蛙の面に何とやら、良くまァ謂いますよ。此の柏市、人口は確か40万程度なんですが、国道が2つ、そしてJRに東武鉄道につくばエクスプレスが走り、学校や病院も多い文教地区でありまして、柏駅を使う人は1日約40万人、商圏人口は250万以上と謂われています。そんな人口密集地に、放射性物質が毎日の様に飛散している訳です。僕、此れを放置しているって、犯罪と思うんだけどなァ。何故皆さん怒らないんでしょうか!?

そして、アベ総理のご友人の加計学園、柏市と同じ千葉県にも食い込んでいる由、銚子市にも獣医学部を造る積もりですって。僕、本籍は千葉ですから、土地勘はあるのですけれど、銚子って、都内から特急で2時間も掛かる訳で、果たして其処に学生さんが来ますかね!?しかもね、此の街は銚子市立病院が一度破綻した事でも有名ですけれど、加計学園に92億の補助金と市有地を無償提供した由なんです。其の結果、市の借金は300億円を大きく超え、人口は僅か6万ですからね、今年中にも財政破綻するのでは、との事でした。此れ、同じ加計学園が絡む今治市も同様でして、財政状況は決して宜しくありません。此処は人口15万ですけれど、獣医学部設立の為に、96億円と市有地を提供しています。此れ、総理夫妻と其のご友人の我儘で、2つの市が破綻する可能性がある訳で、僕、こんな横暴かつ無能かつ無恥、そしてインテリジェンス皆無な為政者が現れるとは、思っても居ませんでした…。

僕、つくづく思うんですよ。もう、此の国の政治家の殆どは全くダメでしょ。ならば思い切って、他所の国からヘッド・ハントするのはどうでしょうか!?例えば、オバマ前大統領なんて未だ56歳でしょ。アベ総理より6歳若い訳で、オバマさんに日本国籍を取得して貰って、総理をお願いしては如何でしょうか!?全世界と強固なコネクションがあるでしょうし、少なくとも、2つの自治体を滅ぼす様な事はしないでしょう。世界は広い訳で、オバマさんに限らず、優秀な政治家は沢山居ますよ。条件面を提示し、全世界に公募するってのはどうかなァ?そして、候補者を国民投票で選ぶと。もう、其れぐらいしなくては、此の国を立て直すのは難しいんじゃないかしらん…。例えばインドの大物政治家のソニア・ガンディーさん、与党総裁を務めた方ですが、首相にはなりませんでしたが、彼女はイタリア人ですもんね。ウクライナの元首相のティモシエンコさん、彼女も女性ですが、お父さんはラトビア人、お母さんがロシア人でしょ。フランスの元大統領のサルコジさん、ユダヤとハンガリーとギリシャの血を持つ方でして、奥様はイタリア人であります。フランスで育ったのは事実ですけれど、フランス人の血が入っているとはとても謂えないでしょう。ペルーのフジモリ元大統領、フィリピンのマルコス元大統領は日系人、そして南太平洋の島々の為政者も日本の血を引いた方ばかりです。大体、トランプ大統領にしたって、元々のルーツはドイツにスコットランド、奥様はユーゴスラビアの生まれでしょ。こうなりますと、ルーツは最早、アメリカで生まれ育ち、英語を喋る事ぐらいしか無い気も致します。

此の国はかって、明治の御代には極端な高給を支払い、多くの外国人を招聘しました。其の数何と8000人を超え、国籍は多岐に渡り、軍事から教育から法律、農業に造幣に鉄道等々、様々な分野で外国の知恵を借りた訳です。此れ、日産がゴーンさんを、ソニーがストリンガーさんを、武田薬品がウェバーさんを最高責任者に置いた事と、良く似ている気がします。此れ、ローマ教皇も同様ですもんね。歴代教皇の出身地は、バチカンだけあって流石にイタリア人が多いですけれど、現在はアルゼンチンの方、先代はドイツ、先々代はポーランドであります。教皇はコンクラーベと謂う選挙によって選出される訳で、かなりダークサイドな部分もあるとは聞きますけれど、一応は国籍不問の実力主義です。

僕のこよなく愛するボクシングの世界では、完全なる実力主義です。かって、オスカー・デラ・ホーヤと謂うボクサーが居ました。バルセロナ五輪ライト級金メダリストのオリンピアン、プロに入ってからは破竹の快進撃、6階級制覇を成し遂げた偉大なチャンピオンでした。ゴールデン・ボーイの異名を持つ彼の凄味は、決して逃げない事でありまして、チャベスやトリニダード、クオーティからモズリー、バルガスにホプキンス、メイウェザーやパッキャオと、当代きっての実力者とばかり戦ったんですね。中には手痛い敗戦もありましたけれど、ボクシングの歴史に残る名ボクサーでありましょう。でね、デラ・ホーヤは、本当に多くのトレーナーを付けたんですよ。通常ですと、気心が知れたトレーナーを付けるものなんです。と申しますのは、ボクサーはリング上では孤独ですし、唯一の味方であるトレーナーとは、信頼関係が無ければ、熾烈な戦いを勝ち抜く事なぞ不可能です。さて、デラ・ホーヤとて歴戦の強者ですから、そんな事は百も承知だったと思うんですが、まァトレーナーを良く代えましたねえ。確かアマチュア時代やプロデビューの頃は、スタッフを親族で固めていた記憶があります。其れが、ライバルのお父さんや親族である、フロイド・メイウェザー・シニアやロジャー・メイウェザーをトレーナーに据えました。ボクシング界の生き字引と呼ばれた大ベテラン、白人のビル・クランシーの時代もありましたねえ。超攻撃的なクロンク・スタイルの第一人者、黒人トレーナーのエマニュエル・スチュワード。アイリッシュでありカナダ系のフレディ・ローチ。ディフェンス・マスター、プロフェッサーと呼ばれた防御を教える事の巧みなメキシカン、ヘスス・リベロ。彼らは、何れ劣らぬ名トレーナー揃いですけれど、デラ・ホーヤは勝つ為に冷徹でした。其のトレーナーのノウハウ、エッセンスを吸収したと見るや、直ぐに他の人にチェンジするんですね。僕、こういうやり方、どうにも不人情な感があり、決して好きではありません。でも、勝利のみを最優先すれば、其れも1つの選択肢なのでしょう。

僕、日本の政界においても、此の国の将来を考えるのであれば、優秀な外国人に舵取りを任せてみるのもあり、そう思うのですけれど、読者の皆様方、如何思われますか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR