FC2ブログ

ココナッツ 

読者の皆様、おはようございますm(__)m。昨日は僕、或る会合に出させて頂いたんですが、其の中に数名、鼻持ちならないと申しますか、非常に高飛車な態度の奴が居まして、閉口しました。立場が上の人には平身低頭、腰が低く慇懃で丁寧な言動なんですね。ところが、立場が下と見るや否や傍若無人、そっくり返って傲慢かつ無礼な態度へと豹変、いやァ僕、こういう人が一番嫌いです。男子たるもの、弱きを助け強きを挫くべきでして、実るほど頭を垂れる稲穂哉、僕、立派な人って、決して威張らず、寧ろ腰が低いと思いますよ。人によって態度を変えるなぞ、最低でありましょう。少なくとも僕の尊敬する人達は、皆謙虚でフランクですよ。でもねえ、精々威張っていれば良いですよ。男は40歳を過ぎたら自分の顔に責任があると謂いますよね。そういう似非紳士は、間違い無く卑しく醜い顔になるもんです。此れ、女性も同様でして、顔が壊れちゃうんですよね。うん、僕もそうならない様、諸先輩方の言動を拳拳服膺、より一層気を付けなければ。

どうも、自民党の面々も、日々悪相になって来ている感がありますけれど、今日僕、経済学者の植草一秀先生のブログを拝見していて、ハハァと合点が行きました。例の加計学園、総理と学校の理事長が結託して補助金や市有地を不当に入手した件ですが、其の動機について、妄想と断ってですが、こう書かれていたんですね。先ず、加計学園の理事長の息子が、獣医学部卒との事なんですよ。現在学生さんの由、彼が大学院を卒業するタイミングに合わせて、お父さんが獣医学部を新設すると謂う按配なんですね~。とんでもない親馬鹿なんですが、此れ、個人のレベルでやるなら未だ許せるんですが、国のお金を使ってやってはいけませんね。しかしまァ、アフリカの発展途上国や共産圏じゃあるまいし、一応はアジアで一番の先進国の我が国で、こんなスキャンダルが出るなんて将に我田引水、本当に恥ずかしい事と思います。一国の総理たるもの、自分を厳しく律するべきで、其れが出来ないのならば、潔く身を引くべきでしょう。は~、情けない…。

其れと、今日の日経に出ていたのですけれど、経済産業省が国のエネルギー計画を見直す由、何と、原発の新増設を明記した由でした。テメエ馬鹿野郎この野郎、地震大国日本で、此れ以上原発を増やしてどうするの!?太陽光等、自然エネルギーに転換すると謂うのが自然な流れでありまして、福島の惨状を見て、何も感じないんでしょうか!?♪嬉しい原発 楽しいな 日本の原発世界一 何も危険はありません みんな仲間さ原子力 原発賛成 原発賛成♪、此れ、僕の愛する故忌野清志郎の曲ですけれど、謂わずと知れた皮肉ですが、お国のお偉いさん達、まさか本気でそう思ってないでしょうね!?総理から官僚から、本当に今の日本には要らない、不要な存在と僕は思います。

閑話休題、出窓にかかる 朝月は ゆうべの夢の うつり香か ヘチマコロンか ほのぼのと 別れた人は なつかしい コロン コロン ヘチマコロン、此れ、竹久夢二が造ったCMソングなんですね。夢二と謂えば大正浪漫、美人画で知られる画家でして、僕のオフィスにも1枚飾っていますけれど、兎に角艶福家と知られた、モテにモテた方でした。其れはさておき、此のヘチマって、先の連中は大きく異なり、人様のお役に立つ植物なんですよね。僕、鹿児島に行った際にはヘチマのお味噌汁を頂きましたし、沖縄では味噌煮を、台北では炒め物やスープにお浸しと、大変美味でした。又、大きな葉っぱが日除けに最適でして、南方の島々では良く見られる光景です。中身を乾かせばタワシとなり、先のヘチマコロンの様に化粧水になり、飲み薬としては利尿作用があり、塗り薬としてはあかぎれ防止と、誠に有益な植物と謂えましょう。夏に向けて、うちの病院でも育てようかしらん。

此れ、有用植物と謂うんですが、僕、台湾とは縁が深く、恩師の故郷でもありますし、幾度と無く清遊した事があります。彼の地で見ましたのが、月桃と謂う白とピンクの実がなる植物でした。月桃なんてロマンチックな名前ですけれど、其の花から取れる油が、何とも謂えぬ良い香りでして、香料にアロマオイルに使われているそうです。何だか山下達郎の名曲、甘く危険な香りを思わせますけれど、月桃の種は胃腸薬となりますし、お茶にしてもイケるんです。又、防虫剤としても使えるそうで、大したものですよね。そうそう、台湾と謂えばビンロウでして、此れ、ヤシ科の植物なんですが、其の種は、噛み煙草の様な嗜好品として、東南アジア全域で良く見られる光景です。台北のみならず、バンコクでもジャカルタでもクアラルンプールでも、此のビンロウが売られており、皆さん頻りに噛んでいましたよ。ビンロウの実を絞ればお酒となりますし、歯磨き粉や漢方薬の材料でもあります。

葉にそむく 椿や花の よそ心、日本人と縁が深い有用植物と謂えば矢張り椿でしょう。枯山水の石庭で知られる京都の龍安寺には、室町時代の椿があり、日本最古と謂われていまして、樹齢400年だとか。さて、此の椿の木材は、印鑑として将棋の駒として、そして根付として使われています。木灰として肥料になり、木炭として燃料になり、止血剤としても使え、勿論最も有名なの椿油、化粧品にも食用でもOKですもんね。僕、亡父に教わり、椿油で碁盤や将棋盤や駒を磨いていました。此れ、磨けば磨くほど光沢や艶が出まして、何とも謂えない風格が出て来るんですよね。

世界に目を向ければ、人類が決して足を向けては眠れないのが、ナツメヤシでありましょう。此れ、アフリカや中近東が原産でありまして、紀元前から、人類は大いに利用して来ました。先ず、ナツメヤシの種は家畜の飼料となります。又、其の油は、化粧品にも石鹸にもマーガリンにもなるんですね。其の実は勿論食用になり、主食であり、干して保存食になり、お菓子の材料であり、お酒にもなります。其の成分たるや、厳しい気候の砂漠を生き抜くには最適でして、ビタミンやカルシウムやミネラルや鉄分が豊富な由、此れを食べれば、ボケ防止や精力増強にも効くそうですよ。そうそう、其の樹皮の繊維は誠に強く、縄になりタワシになり敷物になりまして、こんな偉大な植物は無いんじゃないかなァ。僕の亡父の生前最後の旅行はエジプトでして、其の際のお土産は、ナツメヤシを干したデーツと謂う食べ物でした。此れ、甘くねっとりとした食感でして、まるで南方の果物の様なんですよ。僕、パパイヤやマンゴーには目が無いものですから、大層美味しく頂きました。ううん、こんな事を書いていたら、良く冷やした完熟のパパイヤにレモンをかけて食べたくなりましたねえ。僕の亡母は、パパイヤにフランスのクリームチーズを乗せ、蜂蜜をかけた物を食べていましたけれど、カロリーは別として、何だか美容に良さげでした。

しかし、此の国の為政者達も、ナツメヤシやヘチマや椿ぐらい、国民の為に役立って欲しいですよね。と、此処まで書いて、お腹が減って来ましたが、今日のお昼は何かしら!?其れでは皆様、お天気は少々下り坂の様子ですが、素敵な週末をお過ごし下さいませ(^.^)/~~~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR