FC2ブログ

ゲニウス・ロキ

今日は先ずはお礼から。23日の日曜日、当院で開催されました第11回カルチャーフェスティバルは、千客万来の大変な賑わい、過去最多に迫る入場者数でありまして、出店の焼きそばも、早い段階で売り切れる程でした。地域の皆様や患者様や其のご家族、ボランティアや協賛企業の方々、そして出演者の皆様から多大なご協力を頂きまして、心より感謝しております。本当にありがとうございましたm(__)m。此の場を借りまして、心より御礼申し上げます。もう1度、本当にありがとうございました。そして、来年も又開催予定ですので、是非足をお運び下さいませ。

逢ひしとき 別れしときも 花の雨、此処大分は昨日からずうっと降り続けていまして、何だかまるで梅雨の様、僕、湿気を好みませんから、些か閉口していますけれど、皆様如何お過ごしでしょうか!?さて僕、昨日まで筑紫野方面に居まして、出来れば二日市温泉で旅塵を払い、のんびりしたかったのですけれど、今回は仏事での来福でしたからね、とてもそうもいかず、鳥栖のビジネスホテルで旅装を解くのが精一杯、移動の連続で疲労困憊でありました。道中、博多に少し寄ったのですけれど、志賀の海女 船漕ぎ博多 どんたくへ、市中にさりげなくお祭りの神輿が飾ってあり、風情がありましたねえ。僕、其の長い道中、駅弁を使ったり、読書を楽しみ、車窓の景色を愛でていました。快適に過ごしていたんですが、車内でね、ゴミは放置、大きい声で携帯で会話、トイレは汚すわ、どうにもマナー違反の人達が目に付きまして、言葉から察するにどうやら中国や韓国の観光客でありまして、僕、彼らの言葉が分かりませんし通じませんから黙るしか無く、随分とフラストレーションが溜まりました。

僕、先日、親友のMさんと久方振りに一献傾ける機会があったんです。其の際、興味深い話を聞いたんですね。こういう謂い方は好みませんけれど、最近の若い人は、会食の折のマナー、席次やお酒の次ぎ方やドレス・コード等々、一切気にしないとか。「其れが仕事に何の関係があるんですか」と謂うのが彼らの意見なんですって。一理ある様にも思えますけれど、如何にも幼稚だなァ。あの、マナーって理由がありまして、他人様を不快にさせない為の心得であり所作なんですよね。我流で押し通すのは、仲間内だけにしておいた方が無難ですし、国内外を問わず、フォーマルな席では、無礼者として扱われても仕方がありませんよ~。目上の人と会う時に、髪の毛も髭も鼻毛もボウボウで良いのかな!?でね、Mさんと話して意気投合しましたのが、「形から入るのは悪い事じゃない」でありまして、茶道でも華道でも武道でも、最初は見よう見まねで、お師匠の謂う通り、形を演じるべきだと思うなァ。其れを繰り返す事で初めて意味が分かり、其処からがスタート、自分流を出すのは、其れからでも遅くありませんぜ。所謂、守破離、でありましょう。でね、先の車内の外国人も、若い人達も、端的に謂うならば、想像力の欠如、此れに尽きるんですよね。

政界でも同様でありまして、以前の拙ブログで辞職を薦めた今村復興相ですけれど、またまた大失言、とうとう大臣の座を降りる事と相成りました。此の今村の大馬鹿野郎、かってのの福島の震災に対し、「まだ東北で良かった。関東だったら大変だった云々」と謂っておりまして、もうねえ、絶句ですよ…。コイツ、他人様の心や痛みがまるで分からない輩でありまして、僕、実社会でもちらほら目にしますけれど、幾ら何でも酷過ぎますよね。此のご仁の経歴を見ますと、東大を出て国鉄に入社、議員となるんですが、終始一貫、陽の当たる道ばかりでありまして、そりゃあねえ、弱者への配慮なぞとても生まれなかったと謂うのが良く分かりますし、苦しむ人達がどういう生活をしていたのかという想像力が欠けていたのでしょう。アベアキエと同じでありまして、総理夫人と謂う立場が、どの様な力を産むのか、想像力の欠如ですよね。此れ、民進党も同様でして、政権与党時にどれだけお粗末な事を繰り返したのか、其の反省も分析も総括もきちんとしていないんですから、離党者が続出するのもさもありなん、これまた想像力に著しく欠けています。都内に乱立する、超高層マンションだって同根でありましょう。何れ必ず、都心部には大地震が来ると謂われているのに、如何にも危なげな超高層ビルを建て続けているんですから。日本郵政も同じです。海外の会社を6000億掛けて購入、其れが4000億の巨額赤字を計上したってんですから、エエッ、一体全体、どれだけ損害出してるの!?見通しの甘さと謂う想像力の欠落、そして日本郵政ならば大丈夫という先入観、思い込みですよね。

閑話休題、僕、かって、豪州に住んでいました。其の時、時折聞く言葉がありまして、 what a guy! というフレーズなんですが、此れ、豪州の人達は、何と酷い奴なんだ、という意味で使っていました。僕、ふうん、そうして使うのね、と思い、アメリカに行った際に、何気無く其の言葉を使いましたら、変な顔をされまして、よくよく聞いてみたんですよ。そうしましたら、what a guy!はアメリカでは、何て凄い奴なんだ、という意の由、所変われば品変わる、先入観や思い込みの怖さを思い知らされましたっけ。

でね、今回のフランスの大統領選挙なんですが、今までの先入観が間違っており、想像力が欠けていたと謂う事が如実に出た様に思います。だってね、決選投票に進んだマクロンにせよルペンにせよ、無所属であり極右な訳でしょ。フランスの政治は今まで何十年も、2大政党制でずうっと推移していましたけれど、とうとう其れも終わってしまった訳です。2大政党の推す候補者は両名とも見事に落選でありまして、でもね、僕、極右のルペンを推す人も、想像力に欠けている気がするんですね。彼女の思想は、「外国人は出て行け、強いフランスを取り戻す」なんですが、此れ、どう考えたって机上の空論ですよ。欧州最大の多民族国家であり、歴史的に見ても、混血ばかりでありまして、イタリアからのラテン系、古くから居たケルト系、ドイツのゲルマン系の混成民族がフランス人でしょ。しかもね、近年はアフリカや中東に中近東からの移民も激増しており、ムスリムの知事も生まれているぐらいです。例えばフランスを代表する歌手、エディット・ピアフははイタリア系。大女優のイザベル・アジャーニだって、ドイツとアルジェリアの混血。現在のフランスを代表する綺麗な女優さん、マリオン・コティアールはケルト系。前大統領のサルコジも、ギリシャ・ユダヤ・ハンガリーの混血であります。フランスサッカー代表チームは黒人ばかり。彼の偉大なるナポレオンだって、元々はイタリア系じゃありませんか。各界を代表する著名人で、こうした混血で無い人の方が珍しいぐらいでして、「フランス語を話せればフランス人」という地口もあるぐらいですもんね。ですから、もしルペンが当選すれば、今までの長い長いフランスの歴史を否定する事となり、国もEUも崩壊する、僕、そう見ています。まァ、幾ら何でも、賢明なフランス人ならば、未来を想像し、ルペンを選ばないと思いますけどねえ…。でも、トランプの事もありますから、予断は許しません。

僕、私生活の上でもつくづく思うんです。想像力に欠けている人が急増しているんじゃないかって。同じ失敗を際限無く繰り返したり、平気で嘘を付いて平然としていたり、責任感やプロ意識に欠け、言葉の意味すら分かっていなかったり…。此れ、僕、経験不足に全てが起因している様に思えてなりません。読書や映画鑑賞、芸術一般に触れれば、様々な考え方や感性がある事を知りますよね。そして、国内外を問わず、色々な場所に行けば、多種多様な人々が暮らしている事を体感出来ます。ところで、ゲニウス・ロキ、と謂う言葉があるんですね。此れ、ローマ神話で謂う処の、土地の精霊の意なんですが、現代ならば、其の場所の雰囲気、と解釈して良いと思います。ほら、例えば六本木と京都の嵐山、函館と那覇、ロサンジェルスとニューデリーでは、雰囲気が全く違うじゃありませんか。此れ即ち、其の土地の成り立ちや暮らす人々、そして生活習慣が異なる故の差異を、僕達が身体で察している訳でしょ。そして、郷に入っては郷に従え、想像力を駆使して、其の場の雰囲気に合わせますよね。僕、こうした経験を積み重ねる事により、他者を尊重する想像力が豊かになり、そうなれば戦争も徐々に減ると思うんですけどねえ…!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR