FC2ブログ

〈●〉 DAREDEVIL 〈●〉

今朝、TVニュースを見ていましたら、京の嵐山の桜が満開でありまして、いやあ、やっぱり鴨川周辺は風情がありますねえ。散る桜 残る桜も 散る桜、嫋やかで穏やかで優雅、もうねえ、僕、此れから電車に飛び乗って、行きたくなりましたもん。先斗町に祇園に花見通り、一力茶屋辺りで芸妓とチントンシャン、一献傾けて、と謂う訳には行きませんけれど、京都は美味しい処が沢山ありますもんね。料亭のたん熊、すき焼の三嶋亭、老舗バーのサンボア、すっぽんの大市、鰻の廣川、イノダコーヒ等々の名店は勿論、ちょっとしたおばんさいや和食の小さなお店でも、充分過ぎる程美味しいですもんね。今日思い立つ旅衣、帰洛をいつと定めん、早朝に大分を発ちまして、京の桜を愛で、お昼を頂いて、其のまま東京へと向かいます。ちょうど今、六本木でミュシャ展がやってますからね。チェコが産んだ偉大な画家の美人画を鑑賞するのも乙でありましょう。六本木から程近い帝国ホテルでは、其れに合わせて特別メニューのフレンチを出してますから、此れでディナーと行きたいなァ。中でもね、僕のオフィスにも、対のリトグラフがあるのですけれど、ミュシャが、シャンパーニュのモエの絵を描いているんですね。其のモエ・シャンドンのソースで鱒のソテーを頂くそうでして、此れ、食べたいなァ…。でも、お財布と時間の都合で、断念するしかありませんね、残念無念…。

閑話休題、いえね、最近少々嫌な事があったものですから、ついつい夢想に耽り恐縮でした。其れに加えて実は僕、未だに体調不良でありまして、昨晩もね、喉の痛みで目が醒めまして、とても眠る事が出来ず、ロキソニンを飲んで、漸く人心地がついたぐらいでした。しかし僕、日頃薬は飲みませんから、相当効きまして、しつこい痛みが引いたのは良かったです。病院に勤めて四半世紀、今更なんですが、薬って凄いですよねえ。此の薬、元々は薬草から来ている訳でして、古代エジプトやギリシャ、もっと遡ってメソポタミアの時代の石版に、数百種類もの生薬が記されていますから、其処から進化に進化を重ね、現代に到る訳です。僕達は其の恩恵を受けていますけれど、最近、進化に対し、何だか怖さも感じるんですよ。

近年、ポスト・ヒューマン、ネクスト・ヒューマンと謂う言葉を頻りと目にします。此れ、進化した人類と謂う意ですけれど、此の間記事を見て吃驚しましたのが、「世界初の公認サイボーグ」の方が既にいらっしゃるんですね。ニール・ハービソンさんという画家なんですが、彼、生まれつきの色覚異常であり、色が全てグレーに見える由でした。ところが13年前、頭にアンテナを埋めたそうでして、様々な光を、音として感じる事が出来る様になったとか。何とまァ、紫外線も赤外線も、音として認識出来る由でして、いやァ、凄いですよねえ!?そしてね、将来人間は、超人的な聴力を得られるかもしれない、という事でした。通常ですと、外耳道を通り鼓膜に音が達します。ところが、海中のダイバーの様な特殊な状況下では、音が骨から脳に直接届き、通常より遠距離の音が聞こえるんですって。此のメカニズムがより詳しく解明出来れば、人類の聴力が飛躍的に上がるのではと、米国の潜水医学研究所の方がインタビューに答えていました。其れ以外にも、脳とハイテク義手を繋ぐ研究も進んでいるそうですもんね。

こうなりますと、事実は小説よりも奇なり、様々な仮説が飛び交っています。石ノ森章太郎先生の「サイボーグ009」、仮面ライダーのショッカー、はたまた、アメコミのマーベル社のX-MENの世界に近いんですよね~。幾つかご紹介しますと、先ずは改造人間です。ヒトに肉食を出来なくし身体を小さくし、視覚をネコ並みにレベルアップします。すると、食肉生産を止める事により環境悪化が防げ、視力が上がる事により照明の必要が無くなり電力も不要となり、身体が小さくなると食べる量が減り、より自然と共存出来る、新人類が誕生する、という仮説ですね。また、遺伝子組み換え人間の説も出ています。所謂ハイブリッドでありまして、犬の嗅覚、猫の跳躍力、鷹の視力、鯨の潜水能力、其れらの遺伝子を人間に組み込めば…、と謂う考えですね。そして、遺伝子操作で、身長2㍍で100㍍を7秒で走り、IQ300の超人間の誕生も可能かもしれません。又、セックスに頼らずとも繁殖出来る様になれば、性別は不要になりますよね。となりますと、男性でも女性でも無い第3の性が誕生するのでは、と謂う事でありました。あれ、でも、此の仮説、手塚治虫先生の傑作漫画、「人間ども集まれ」が、そんなお話でしたよ!?もう1つ、脳のアップロード、コンピュータとリンクし、どんどんバージョン・アップ出来るのでは、という考え方もあり、何だか「攻殻機動隊」か「マトリックス」みたい…。でね、将来の人類は、火星に移住する可能性もありますよね。其の場合どうなるかと謂いますと、重力が地球の半分以下なので、恐らく身長がどんどん伸び、今までより細身になるであろうと。そしてね、空気のあるドーム内で暮らしますから、其処では温度は常に一定であり、塵や埃が無い訳で、全ての体毛が無くなるとの事でした。火星在住者は、身長3㍍で痩せ形、全身ツルツルの人達という事になりそうですね。ちょっと気持ち悪いかも…。

僕、中学高校の時分から、SF小説が大好きでして、結構な量を読んで来ました。海外ならばハインライン、J・P・ホーガン、フィリップ・K・ディック、アシモフ、クラーク、ブラッドベリ、ギブスン、ブラウン…。本邦ならば小松左京に筒井康隆に星新一の御三家、そうそう、広瀬正も好きだったなァ。有名処ばかりでお恥ずかしいんですが、其の優れた作家達の想像力に現実が追い付いた感があり、いや、寧ろ、凌駕しつつあるのかもしれません。

今現在、シリアが空爆に晒され、北朝鮮でももしかしてもしかすると、という戦争が絶間無い世の中です。僕、もっとも恐れますのは、上記の手塚先生の「人間ども集まれ」がそうだった様に、何れ生まれるかもしれない超人間達が、戦に駆り出されるのでは、とう事なんです。ドローンや戦争ロボットの開発も進んでいますし、其れと超人間を組み合わせた特殊部隊が、世界中の戦場を席巻するやもしれず、そうなりますとナイトメア、悪夢ですよね。どうもね、現在の人工知能の意識、心のレベルって、昆虫程度なんですって。しかし、AIの進化は日進月歩、2045年頃には、心や意識すら、人工知能に搭載出来るのではと囁かれています。もうねえ、自分の夢のビデオ撮影も可能だそうですよ!どうやら欧米各国は、心の研究に数十億$単位で予算を付けている由、いや~、地球は、人類は、どうなってしまうんでしょうか!?アメコミのマーベル社の世界的大ヒット映画、「X-MEN フューチャー&パスト」、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の両作品は、将に其れがテーマでした。

僕、基本的にオプチミスト、楽観的ですから、人類とAIの共存を信じたいんですよ。「例え明日地球が滅びようとも、私は今日林檎の木を植える」、でありまして、幾ら科学や技術が進歩しようとも、其れを編み出し、創り出したのは僕達人間なんですから、コントロール出来ない筈がありません。でも、其の為には、僕達も進化せねばなりませんよね。とは謂っても、決して特殊な事ではありません。高潔なモラル、道義心や倫理心を僕達が持ってさえいれば、新技術を悪用する筈も無く、人工知能との共存は可能でしょう!しかし、こうなりますと、将来人類がどうなるのか、何とか長生きして、未来を見たいなァ。アッ、もしかして、タイムマシンまで出来て、其れも可能になるかも!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR