FC2ブログ

DO THE RIGHT THING!

おはようございます。毎朝犬の散歩をしているので良く分かるのですが、もう随分秋めいて来ましたね~。頬を撫でる風が、すっかりひんやりとして来ました。あの悲惨な震災、そして原発事故から半年が経つなんて、俄かには信じ難いぐらいです。昨日の日刊ゲンダイ紙を読んでいましたら、福島では未だに医師不足が深刻で、県が出している求人が217名、求職者は僅か11名の由、確か福島県全域で200万人の健康調査を行うそうですが、この状況で、これは不可能でしょう。ボランティアの先生方の助けを借りて細々と医療を続けている様ですが焼け石に水、この先生方だっていずれは自分の病院に戻られる訳で、南相馬市だけで15ヶ所の病院や診療所が閉鎖しているそうです。将に画餅に帰す、机上の空論とはこの事です。今更言っても仕方がありませんが、菅サン、アナタは半年間もの間、180日ですか、一体何をしてたんですか!?

今朝の新聞全紙を読んでいて猛烈に頭が痛くなりました。決して大きく扱われていませんが、新総理は新たに外国人からの献金が発覚し、財務大臣に安住氏が就任のニュース速報が流れた途端に株価は146円安をつけ、玄葉外相は北朝鮮の拉致被害者の解決の定義とは何か話し合うと発表し、小宮山厚労相は煙草を700円に値上げすると言っています。

あの~、新内閣の面々に大変申し訳ありませんが、皆さん大○○ですか!?IQ検査をした方が良いんじゃないですか!?外人から金を貰おうが、新大臣就任直後に株価が下がろうが(即ち、世界のマーケットは安住大臣では不況を解決出来ないと判断した訳です。)、拉致被害者の解決の定義を決めようが(そんな文言なんてどうでも良いです。一刻も早く被害者を日本に戻すべく交渉したら!?)、煙草の値上げしようが(この人厚労相でしょう、医師を福島に派遣するのが大優先です。)、真っ先にやる事があるでしょう!!

今日の毎日新聞のトップ記事は、「東日本大震災 被災3県 失業7万人超 困窮者続出懸念も」です。日本総研によると最大で20万人が職を失った可能性がある、との事なんですが、皆さん、この大馬○大臣達のズレっぷり、もうこれはギャグですよ!?賢明なる読者の皆さんは既にお気付きでしょうし書くまでもありませんが、煙草の値上げなんて何時でも出来ます。声を大にして言いますが、最優先すべき事は被災地を早急に救う事と思います!震災から半年経ち、未だこんな事をやってるんですから、民主党は未来がありませんね。本ブログを読まれている方は僕の意見はお分かりと思いますが、解決する為には政界再編しかありません。

新総理も、人材が皆無と言えばそれまでですが、智恵を絞って組閣したんでしょうが、いきなりこれですもんね。決して多くは期待出来ない、という事が1週間もせず馬脚を現した訳で、皆さん見ててご覧なさい、残念ながら年内には国民を失望する様な事が起きる、と僕は思います。

それにしても、人事や人材育成ほど難しいものはありません。この人ならと思い抜擢したら見かけ倒しだったり、意外な人物が伸びて来たり、長の立場にありながら全体を見れなかったり、感情をむき出しにしたり…。読者の皆様も、何らかの形で組織に属している方が殆どと思うのですが、人に使われたり或いは使ったり、時には板挟みにあったりで、ご苦労されているのではないでしょうか。今日の本ブログでは、人材育成のコツと言いますか、僕が試行錯誤と失敗の連続から得たものを、読者の皆様に端的に伝授出来れば、と思います。では始まり始まり~。

日本帝国海軍連合艦隊司令長官、山本五十六の有名な言葉があります。「やってみせ 言って聞かせて させて見せ 褒めてやらねば 人は動かじ」これ、含蓄に富んだ名言と思うのですが如何でしょうか。言わんとする所は説明するまでも無いと思いますが、最も難しいのは「褒めてやらねば」でしょう。日本人はシャイな国民性が災いしてか、褒めるのが下手な人が圧倒的に多い様に思いますね~。かっての僕もそうでした。若かったせいもあるのでしょうが、部下に対し厳しくあたり、余りにも同じミスを繰り返す者は、問答無用で坊主刈りにしてましたもんね。男性の部下が皆坊主になっちゃって、野球部かお寺か、みたいになったりして、些か反省しました…。僕なりにフォローはしていた積もりですが、今思うとそれは良くありませんでした。叱るなら個別に呼んで叱るべきでしたし、彼らのプライドを刺激した積もりでしたが、かえっていじけてしまったんですね。今の僕は、なるべく褒めちぎる様に気を付けている積もりではありますが…。そして、部下は上司の悪い部分だけ似ますから、相当気を付けて接する必要があります。教育を失敗すると、部下が自分の欠点を受け継いだイミテーション、まるで鏡を見るが如き存在になりますから、ご注意を!

「馬を水飲み場に連れていっても、水を飲ます事は出来ない。」これ、英語の古い格言ですが、部下にやる気を出させるのは如何に難しいか、という事でしょう。やる気を出してもらうにはやはり、先の山本長官の言葉しか無い様に思います。そして、部下との信頼関係を作り上げる事でしょう。それが無くては、どんな名言もお互いの心に届かない様に思います。

最後に、部下が失敗した時の心得を。「決して失望せず、過度な期待をするな。」

如何でしたでしょうか?読者の皆様の夫々の職場で、何かのヒントになればこれ程嬉しい事はありません!それでは上記の言葉を肝に銘じて、会議に行って来ま~す(^^)。



スポンサーサイト



コメント

初めてのコメントで緊張しています。いつも楽しんで読ませて頂いています。会社名や職種は書けませんが、私は何人か異性の部下や年上の部下をかかえ、相談したり参考にする相手もおらず、とても困っていたんです。今日のブログの内容は、私にとって大変参考になりました。本当にありがとうございました。いつも多趣味で内容が豊富、感心するばかりですが、これからも、時折仕事について触れて頂ければ幸いです。毎日、このブログを訪問するのを楽しみにしています。

No title

アクアリウスさん、コメントありがとうございます!

どのようなお仕事の内容かは分かりませんが、本ブログがお役に立てたのなら、大変光栄です。

こちらこそありがとうございました!

No title

山本五十六しかり大ボスの言葉も超納得っす!その心得を胸に今日も頑張れそうなきがします!

No title

DR,FEELGOODさん、コメントありがとうございます!

お仕事頑張って下さいね!!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する