FC2ブログ

♪ we all want to change the world ♪

毎日新聞でしたか、イギリスで絵画のオークションがあり、クリムトの風景画が67億円で落札されたとか。クリムトと謂えば、「接吻」が其の代表作、金色をふんだんに使った、濃艶でセクシーな裸婦のイメージですけれど、風景画なんて珍しいですもんね。未だクリムトが自分の画風を確立していない時期の物でしょうから、余計に高値が付いたのかもしれません。でもね、此の絵画の売買って、言い値ですからねえ、ホント、ダーティな部分が垣間見えて、怖い世界ですよ。聞く処に依れば、画商が半分は取るそうでして、100万の値札が付いた絵だとしても、画家に入るのは50万がやっとらしいですよ。映画007「スカイフォール」では、国際マフィアの一味が、マカオでモジリアーニの絵を密売するシークエンスがありましたけれど、さもありなん、去年の秋、イタリアのナポリで同様の事件が起きました。マフィアの親分の別荘を家宅捜索した処、長い間行方不明になっていたゴッホの絵が2枚出て来たんですよね。此れ、1枚1億$と謂いますから、どういうルートでマフィアが入手したのか、くわばらくわばら…。またねえ、実際、贋作が多いですからね。其れを専門に食べていた人も居たぐらいで、世界的に有名なのは、オランダのメーフェレンでしょうか。彼は、フェルメールの贋作を得意中の得意とし、誰もが騙されました。オランダ本国の美術館も、彼の贋作を購入したぐらいです。そして、凄味を感じましたのは、其の贋作をナチス・ドイツに沢山売りつけていまして、敵国を騙した英雄となったんですね。

まァ此れは、戦時下と謂う事もあり、ギリギリ許される犯罪なのかもしれません。でもねえ、我が国の首相夫妻の学校の件、此れは決して許されないんじゃないかしら。と申しますのもね、例の極右幼稚園への国有地払い下げに加え、もう1つ新たな疑惑が浮上したんですよ。アベ総理の奥方が名誉校長を務める、先の件とは別の学校法人があるんですね。加計学園グループと謂い、岡山に5つの大学、6つの専門学校、そして、幼小中高と学校を持っている法人だとか。そして、此の加計グループ理事長は、アベ総理と一緒に留学経験もある親友の由でした。此処までは何の問題も無いでしょう。ところが、此の学校が、愛媛の今治に、岡山理科大学獣医学部を新設する事になったとか。そうしましたら、今まで何十年も学部の新設は認められなかったのに、いきなり認可が得られたんですって。おまけに、今治市が保有する、36億円もの広大な土地が、此の法人に無償供与されたとか。タダですよタダ!どうもね、極右幼稚園と同様、アベ夫妻と仲良くなると、国有地も市有地も、殆ど無料で貰える、というとんでもない図式でありまして、もうねえ、事此処に至っては、総理退陣であり内閣総辞職、そして解散総選挙しか無いですし、僕、先ずは議員辞職して欲しいです。そして此の夫妻の顔、2度と見たくありません。だって、謂う事なす事、全部嘘ばかりじゃありませんか。嘘つきは泥棒の始まり、昔の人は良い事言いますよね。

でもね、此の国有地の払い下げの汚職って、明治の御代から行われた、相当古い手です。だってね、誰も書かないから僕が書きますが、大手新聞社は皆、国から格安で土地を貰ってますもん。朝日も読売も皆そうでしょ。皆さん、東京に行かれた際にお気付きになられるでしょうが、筑地市場ってありますよね。銀座に程近い一等地ですけれど、此処に朝日新聞の本社がありますもんね。読売なんて、本社はずうっと大手町、皇居の直ぐ傍ですもん。そんな場所、余程の政治力が無ければ、そうそう買えませんよ。ですから同じ穴のムジナ、新聞は中々アベ総理に言えないんでしょうねえ。しかしまァ、薄汚い面付きの面々の悪行三昧、いい加減に見飽きましたし、反吐が出る思いです。もっとねえ、より良い方向に進化して欲しいです!

万物流転の言葉通り、全ての物事は進化し続けています。古代の恐竜の化石に、最新のレーザー光線を照射して分析した処、やはりと謂うか案の定、多くの羽毛があった事が分かり、驚く程現在の鳥に酷似していたとか。滅びたかと思われた恐竜は、鳥へと姿を変え、今尚生き延びている訳です。其の鳥を捕まえて食べている、人間の手足の指は、魚のひれの軟骨が進化した物の由ですし、僕達の肺も、魚類の浮き袋も、共通の祖先から来たそうですよ。其の、僕達の最も古い祖先の1つが、先日中国で発見されました。5億4000万年前の水中生物の由でして、其の化石は、僅か1・2㍉、身体には不釣り合いな大きな口と、躰の横には8つの穴が開いていたとか。此の口から食べ物を食べ、排泄もしていたそうです。其処から長い長い年月を経て、人間は宇宙に飛び出し、人工知能まで開発したんですから、僕、世の中はきっと良い方向に進んでいる、そう確信しています。

僕の父は生前、根付を集めていた時期がありまして、四散してしまったのが残念ですが、此れだって凄いですもんね。根付と謂えば、印籠や煙草入れを携帯する際の帯留めですよね。犬や猫だったり、般若や鬼の様なお面だったり、家紋に七福神にお花等々、其の意匠は多岐に渡ります。此れ、どうやら織田信長公の時代からあるそうでして、江戸期には細密な美術品にまで昇華しました。此れが欧米に渡り評価され、現代の携帯のストラップになると思われますけれど、かっては象牙だった物が今では、金属や石や樹脂や宝石となり、ジュエリーデザイナーの手で造られ、500年の歴史を経て、またもや高評価を得てますもんね。

そして昨日、其の進化した姿を観られたのが、WBC世界バンタム級タイトルマッチでした。チャンピオンの山中選手が、計5回のダウンを奪い、そして7ラウンド冒頭に見事なKO勝利で、12回目の防衛を飾った一戦です。2011年に戴冠してから早6年、ずうっと世界チャンピオンの座を守り続けている訳で、これねえ、大変な偉業と思います。今回も、一打必倒の必殺の左ストレートは素晴らしく、其の切れ味は将に名刀村正、快勝の一言でありました。只ね、彼のファイトはずうっと観続けていますけれど、もう今年で35歳、パンチを貰う事も流石に増えて来た気がしますし、身体の動きも、昨日はバランスが悪い様に感じました。実際、相手の右を2度被弾、観ているこちらはひやりとしましたもんね。其れでも見事な防衛を飾れたのは、今までの激戦で得た経験値であり、駆け引きの上手さでした。実際、観ていて、非常にクレバーでしたし、クール・アズ・アイス、と申しますか、氷の様に冷静で落ち着いてましたもん。身体能力では、29歳で世界チャンピオンになった時の方が上でしょうが、35歳の今の方が、より進化し、かえって強くなっているかもしれません。日本が世界に誇る、偉大なチャンピオンでありましょう。

しかしね、此の国の民間の各界は、創意工夫と努力と情熱で、進化を続けているのに、日本を牽引する立場である政界が、現在の様な無様な体たらくでしょ。本当に、政界も進化し、新たな指導者を選出すべきと思います。自分と親しければ、何億も何十億もする国の財産を、タダでプレゼントする人は、此の世で一番、総理に向いていない、僕、そう思うなァ。

さてさて、実は僕、週末から急遽東京出張が決まりました。火曜日の夜に大分に戻る予定でして、拙ブログの更新が何時になるのか、ちょっと分かりません。次回お会いする時は、都内の土産話でもと思っています。其れでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね。暫しの間、ごきげんようさようなら、又お会いしましょう(^_^)/~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR