FC2ブログ

♡ TRY A LITTLE TENDERNESS ♡

天上に 宴ありとや 雪やまず、どうやら今日明日の両日、此処九州は全域が降雪の由でして、でも、大分は常ならば其処まで降らないんですよね。しかし、今回ばかりは、温暖な県南部、佐伯の方にも☃マークがしっかりついてましたから、要注意ですねえ。でね、僕、土曜日に仏事で福岡に行かねばならず、いくたびも 雪の深さを 訊ねけり、湯布院や日田は温泉郷と雖も結構積もりますからね、こりゃあ高速バスは不通になる可能性大でしょう。JRの切符を早速買いに行かなくちゃ。ホントはねえ、窓の雪 女体にて湯を あふれしむ、こんな艶っぽい旅なら、雪景色もきっと楽しいのですけれど、今回は仏事であり日帰りの強行軍ですからね、風邪をひかない様、頑張って行って参ります。

さて、最近つくづく思う事があるんですよ。ほんの少しの思いやり、相手への気遣い、丁寧な言葉遣いがあれば、世の中って、もっともっと暮らし易くなるんじゃないかしら…。古いR&Bに、トライ・ア・リトル・テンダネス、と謂う曲がありまして、直訳すれば、ほんの少し優しくしてあげて、で良いのかな。多くの人が唄っていますが、矢張りオーティス・レディングのヴァージョンが1番と思います。YOU TUBEで簡単に観られますから、是非お試しあれ。話を戻しまして、思いやる事を、慮る--おもんぱかると読みます--と言いますよね、英語ならば consider 、でもねえ、此れ、出来ない人が結構多いのでは…。先ず、主観と客観って大きく異なりますもんね。例えば、良かれと思って言った事が、相手を怒らせ状況は悪化、挙句の果てには色んな人がフォローに廻り、迷惑を掛けてしまうと。前後左右を良く見て、しっかり考えてから謂えば良いのですけれど、正論と思い短絡的に発言、周囲は閉口するばかりだなんて、誰も徳をしませんやね。そうならない為には、社会経験を積み、様々な年代の人や色々な職種の方と付き合い、そして旅行をし芸術に触れ、読書や映画に親しみ、感性を豊かにする必要があります。でも、其れが迂遠に見えて、やらないと。そうなりますと、何れは偏狭な価値観や考え方になり、判断を大きく間違えてしまうんですよね、哀しい事に…。立川談志師匠が謂ってたじゃありませんか。「状況判断出来ない奴、此れ即ち馬鹿と謂う」ですよ。TPOを考えて喋らないとねえ。例えば、年の離れた目上の上司と話す際、友人と同じ様に喋っては、どんな道理や正論を言っても、通りゃしませんぜ。大体ね、人間の付き合いって、信頼関係を造る事から始まる訳で、互いを理解し、食事を共にし、世間話をし、そして仲良くなって初めて意見交換が出来るでしょ。其の手続きは何もせず、いきなり青筋立てて正論をまくし立てても、徒に反感を買うだけでありましょう。

でもね、世界に目を向けましても、「状況判断出来ない奴、此れ即ち馬鹿と謂う」輩が如何に多いか、僕、絶望的な気持ちになりますもん。東電の労組は、「給与を上げろ。休暇を増やせ。」と要求していまして、テメエ馬鹿野郎この野郎!福島の原発からは未だに放射能がダダ漏れなのに、よくまあ休みをくれと言いますよねえ。原発がきちんと収束するまで、休みなんて取れる訳無いでしょ!鹿児島の三田園知事も、「原発反対!」を訴えて当選したのに、今では再稼働まっしぐらでありまして、そりゃ皆が怒りますよ。詐欺ですし、自分が何故当選したのかがどうして分かんないのかなァ。「原発反対!」を訴えて当選したのに、支持者を裏切ってしまえば、次の選挙で確実に落選すると思うんだけど…。其の点、トランプは或る意味正しいですよ。メキシコとアメリカの国境に、3000㌔を超す壁を造ると公約に掲げてましたよね。本当に無意味と思うんですが、公約通り、此の壁を何兆も掛けて造るってんですから、やってる事はおかしいけれど、支持者との約束はきちんと守ってますもんね。

其のトランプのご機嫌を伺おうと、アベの馬鹿が必死です。ゴルフを共にし、5回も会食をするそうなんですね。其処まで媚び諂う必要があるのか、甚だ疑問ですけれど、僕、吃驚したのは、此の訪米に、閣僚が3人も同行するんですって。総理を含め、4人の大臣が日本を不在にするなんて、先ず、危機管理の点でどうなんでしょうか!?そして、4人の大臣が抜けても、国政は廻る訳でしょ。ならば、こんな大馬鹿4銃士、本当に必要なんですか!?でね、僕、接待の際、ゲストにもホストにも、何度もなりました。其の経験から謂わせて貰いますと、自分が出世してから近付いて来る人って、殆ど信用出来ないですよ。苦しい時も辛い時も、変わらぬ態度で接してくれた人は信用しますけどねえ。で、アベの場合、ヒラリーが当選すると思い込んでいて、選挙前にはトランプを黙殺、寧ろ馬鹿にしてたじゃありませんか。大統領になった今では掌を返し、幇間か太鼓持ちの様に、揉み手しながら薄汚い笑顔ですり寄って来る、こんな奴、気持ち悪くて信用出来る筈が無いでしょ!

韓国の人達は、対馬のお寺から仏像を盗んで返さず開き直る始末、本当に常識の無い、無知で無恥な連中です。あのねえ、事の善悪は兎も角、もしこんなやり方がOKならば、世界中の博物館や美術館は成り立ちませんよ。欧米のミュージアムの殆どは、略奪品ばかりじゃありませんか。しかもね、対馬の仏像って、日本人が略奪したという証拠すら無いんですよ。性質の悪い言いがかり、難癖でしょう。僕、韓国は行った事もありますし、隣人ですから仲良くしたいのは山々です。でも、韓国の皆さん、もういい加減に考え方を改めないと、誰からも相手にされなくなりますよ~。

ミャンマーのアウンサンスーチー女史も、自分の強固な支持者だった少数民族、ロビンギャの民を、今では寧ろ迫害し弾圧、1000人を超す死者が出ています。国連から「人道に対する罪」であるとして、公式な声明が出たばかりです。僕、かっての拙ブログで、スーチーは民主化を謳っているが、どうも怪しい、フェイクではと書きました。悪い予感が当たり、誠に残念です。フランスでもまさかまさかでありまして、4月に大統領選挙があるんですが、極右政党を率いる女性党首、ルペンさんが、世論調査でトップとなりました。人種差別発言を繰り返し、かって泡沫候補とも謂われたルペンさんが、2つの大政党の候補者より支持を得ています。

どうして皆、感情で判断しちゃうのかなあ…。もっと冷静に、客観的に、周囲を見て、地に足の着いた考えをして欲しい、切に切にそう願います。でね、昨日の拙ブログで、九十九里の偉人について触れましたが、1人、大事な人を書き忘れていました。此の人こそ、全ての事を考え抜き、自分に陽が当たらずとも良い、己が出来る事は全てやった、余り知られていない偉人であります。大高善兵衛さんという、江戸時代の大庄屋さんなんですね。

さて、大高家は、九十九里地方を代表する豪農であり、資産家でした。莫大な山林、広大な田圃や畑を持ち、酒造まで手掛けていた由でして、其の地方の12の村の、農民全てをまとめる家だったんですね。さて、22歳にして此の大高家の当主となった善兵衛さん、勉学を好み、雅号を持つ程の文化人でもあったんですが、彼の悩みは、農民の間に、所謂間引き、堕胎が非常に多い事でした。此れが続くと、村の生産力は落ちるばかり、とてもコミュニティが成り立たなくなりますよね。でも、凶作による飢饉、高い年貢もあり、とても食べて行けないですから、生まれたばかりの子を殺さざるを得ず、僕、当時の農家の方々の事を思うと、余りに憐れで涙が出ます。さて、此処から善兵衛さんが八面六臂の大活躍を始めます。私財を売りながら、貧困層の救済をするのですが焼け石に水、幕府に何度も嘆願書を提出するも黙殺されるんですね。ならば独力でやるしかないと、自宅の門前に「寄る辺なき 孤児あれば 我に与うべし」と掲げまして、此れ、恐らく日本初の試みじゃないかしら…。栄養不足で母乳が出ないと聞けば、其れならば牛乳だと、オランダ語の勉強を始めるんですね。オランダ語で書かれた酪農の原書を購入、其れを読み解きながら、牧畜業を始めるんですから、いや~、凄い人です。貧困解消、孤児達の働き口の確保、そして村の発展の為、沼地を埋め立て新田を開発します。其れ以外にも、植林、製茶、養蚕、漆の栽培を手掛け、伝染病の予防まで気を配り、200人近い孤児を育て上げました。将に、日本福祉界の父、とも呼べれる存在でありましょう。

とても善兵衛さんの様には出来ないかもしれません。でも、皆に、トライ・ア・リトル・テンダネスの心があれば、此の世の中は、きっともっと良くなりますし、何時の日にか此の国が、そうなる事を願いますし、僕、微力ですが、出来る限り頑張りますよ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR