FC2ブログ

♪ リトル・ホンダ ♪

ううん、今朝、ニュースを見ていましたら、トランプ大統領、TPPを離脱する文書に思い切りサインをしていました。此れで、日本政府が目指していた、TPPは物の見事に頓挫しました。此のTPP、関税から知的財産権から、医療から農業から、此の国の形を一変させる世紀の愚策でしたから、失効して本当に良かったのですけれど、問題があるんですよ。其れは、此の政策を推進する為に、日本政府は4兆円ぐらいを既に投入、或いは予算計上していまして、此のお金はパァであります…。そしてね、鳴物入りで導入したマイナンバー制度にしても、初期費用が3000億、年間の維持費に300億掛かります。そしてね、此れに関連する天下り企業が雨後の筍の様に増殖する事が見込まれ、其の規模は何と、3兆円産業だとか…。そう謂えば、此のマイナンバーの前身だった住基ネット、此れも確か2000億以上を突っ込みましたが、普及率は5㌫にも満たず、大失敗でした。僕、声を大にして言いたいんですが、マイナンバーにしても住基ネットにしても、此れが日本の経済に寄与する処って、殆ど無いと思うんですね。だって、此れらのシステムの導入によって、画期的な新薬や、燃費の良い自動車や、美味しいお米が出来る筈がありません。精々、行政側の仕事が便利になり、国民を監視し易くなった、という事だけでしょ。万里の長城同様、無用の長物でありましょう。費用対効果を考えれば、先ずあり得ない投資です。そして、カジノにしたって何れは、官僚どもや政治家達に闇勢力等々の魑魅魍魎が蠢く、薄汚い利権の巣窟と化すでしょう。全く、税金は人の金と思って、使い放題であります。

かってゴールドプランと謂う福祉政策がありましたけれど、此れも何時の間にか全く聞かなくなりました。煙草を呑む方は勿論ご存じでしょうが、自販機でタスポってありますよね。此れにしても、喫煙者の3割ぐらいしか使っておらず、タスポのカードを持っていても煩わしいだけ、ならばコンビニで煙草を買うよ、となりますよねえ。つい先日の拙ブログで、文部省が組織ぐるみで天下りをやっていたと書きましたけれど、其の責任を取って辞めた官僚の人、8000万の退職金を貰っていまして、僕、此れぞ、盗っ人に追い銭と思いました…。外務省は気前良く、諸外国にお金をばら撒き続けています。数日前でしたか、フィリピンに1兆円、インドネシアに数千億と、日本は1000兆円を超す借金があるのに、お大尽ですねえ。一部学識者の間では、「日本は世界一役人が少ないんだ。だからもっと増やすべきだ。」という方がいらっしゃいます。僕、大変失礼ですが、其れは騙されているか、意図的に嘘を付いているとしか思えません。確かに、数字の統計だけでは、官僚の数は諸外国の方が多いかもしれません。でもね、外国では、例えば市町村議員の給与なんて雀の涙、日当なんですよ。議会に出席したら1回3000円、とこういうレベルでして、日本の場合は議会が無い時だって、毎月数十万、或いは百万単位で、給料がきちんと出るでしょ。ですから、人件費で考えれば、日本の公務員って、如何に無駄遣いなのかが一目瞭然と思います!おまけにね、先の様々な施策は全て失敗、十兆単位の損失を出しているじゃありませんか。官僚の連中、お前ら、無能なんだから、お願いだから頼むから、兎に角何もしないでくれ、小遣いあげるから、と言いたくなりますよねえ!?其れも其の筈、年金1つとっても、まともな管理なんて、全く出来てないでしょ…。偉そうに他人様を見下しやがって、所詮無能の癖に、本当に腹が立ってなりませんし、民間の足を引っ張らないで欲しい、つくづくそう思います。

閑話休題、其の民間人の皆さん、自助努力で必死に頑張って生きておられ、僕、心の底から尊敬します。今朝の朝日新聞に、「イスラエルに豚骨ラーメン店」という記事が出ていました。あれれ、イスラエルはユダヤ教徒の国、宗教の戒律が極めて厳しく、確か豚肉を食べるのはタブーな筈なんですね。でも、清水さんと岡崎さんというお二人が、ユダヤ女性と共に出店したのは商都テルアビブ、僕、成程と膝を打ちました。此のテルアビブ、地中海に面したリゾート地でして、世界中から観光客が押し寄せますから、宗教の戒律も左程厳しく無い筈です。道理で、出店してからは押すな押すなの大盛況の由、人間到る処青山あり、おまけに日本のラーメンって、世界に冠たる美味しさですもん、きっと大成功する事でしょう。

かって、プロ野球のジャイアンツに、松谷竜二郎というピッチャーが居ました。野球好きの僕ですけれど、大変失礼ですが、松谷投手には全く記憶が無く、肩に大怪我をした事もあり、7年間のプロ生活で4勝4敗1セーブという記録を残して引退しています。スポーツ選手の引退後って、華やかな現役生活とは大きく異なり、大変な苦労をすると仄聞します。ご多分に漏れず、松谷さんも同様でして、34歳で現場作業員として働き始めます。年下の上司に怒鳴られ右往左往、其れでも諦めずに親方に食い付き必死に勉強、研鑽に励むのですけれど、務めていた会社は倒産の憂き目に遭います。休眠状態だった同業他社に転職、6人のスタッフで無我夢中で働く内、皆に推挙され代表取締役となるんですね。此の株式会社スチールエンジ、免震やソーラー工事を主に急成長、僅か13年で、今では年商100億に迫り、支店が5つ、子会社が2つ、最早中堅ゼネコンの雄と謂えましょう。松谷さん、野球の世界では残念でしたが、其れを補って余りある大成功と謂えましょう。失敗にもめげず、辛抱我慢と努力に勉強で、別の世界で大成功を収める、此れぞ男の中の男でありまして、僕、尊敬するなァ。

かって、プロボクシングの世界で、工藤政志というジュニア・ミドル級の世界チャンピオンが居ました。僕が未だ小学生の頃でして、幽かな記憶しか無く、先程YOUTUBEで何十年ぶりに再見したんですが、オーソドックスで正統派なボクサーでしたねえ。工藤選手はボクサーしては一流、炎の男輪島功一を倒したエディ・ガソに勝ち、シュガー・レイ・レナードに善戦したアユブ・カルレに惜敗しましたが、中重量級で3度の防衛は素晴らしい実績と思います。母子家庭に育ち、新聞配達で家計を支えた工藤選手は、引退後も堅実な努力を重ねました。茨城の山間、安い処を選んで建設会社を構えます。元々は木材販売から始めてルートを造り、格安で木材を仕入れ、其のお蔭で、良い家を安く建てられるのが売りだとか。5人の家族経営ながら、年商は2億を優に超えるそうで、其れなら充分過ぎる程食べて行けますよね~。派手さはありませんけれど、僕、此れもまた見事な生き方と思えてなりません。

大体ね、ソニーにしてもホンダにしてもパナソニックにしても、勿論トヨタも御木本も任天堂も、最初は皆、友人や家族で立ち上げた零細企業でしょ。皆さん余り言いませんが、僕、ホンダのスーパーカブって、蕎麦屋の出前のイメージですけれど、世界を変えた程の優秀な製品と思いますもん。エンジンは極めてパワフルで10年は優に持ち、片手で運転出来る程車体のバランスが良く、燃費は脅威のリッター180㌔、全世界で1億台売れたというのも頷けます。ハーレーダビッドソンも、トライアンフもドゥカティも、勿論BMWも、まァコンセプトは異なりますけれど、ホンダには勝てない、僕、そう思うなァ。僕、個人的には、イタリアのベスパを派手にカスタマイズした奴、或いはドイツのツェンダップのサイドカーには、其の流麗で粋なフォルムに、非常に心惹かれるんですが…。

さて、ホンダを始めとする上記各社の世界的な大成功に、政府や官僚が介在する筈も無く、皆が自助努力ですよ。繰り返しになりますが、政府高官の皆さん、くれぐれも民間の邪魔をせず、大人しく、じっとしていて下さいねm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR