FC2ブログ

そして船は行く

いや~、今朝は寒かったですね~☃もうねえ、うちの愛犬も今年で16歳になるんですが、病気もせずに矢鱈と元気でして、強い北風をものともせず、寧ろ全力疾走で突っ込んで行く感がありまして、こちらがヘバりそう…。まァ、年を取っても元気なのが何よりでありまして、彼女には長生きして貰いたいなァ…。犬吠えて 里遠からず 冬木立、今週末は大寒波が日本を襲う由、皆様、体調管理には充分お気を付け下さいね。

さて、其の寒波以上に恐ろしいのが、此の国の内外を巡る情勢です。トランプ大統領は早速、トヨタがメキシコに造った新工場に難癖を付けています。此れ、1000億以上を投資して漸く完成したのに、「アメリカに造れ」と無理難題を吹っかけている訳でしょ。海外に展開している日本企業って、沢山ある訳でして、先のメキシコには、日産もマツダもホンダも工場がありますから、此れについても何か言って来る危険性があります。そしてね、何れ円高になる可能性があると思うんですが、そうなりますと、キャノンにせよ任天堂にせよ三菱重工にせよ、大打撃を受ける訳で、実際、上記の企業は軒並み株価が下がってますもんね。うう~ん、トランプ恐るべし…。中国もね、巨大空母を徘徊させ、其の実力を誇示しています。そして、最も脅威なのはやはり、ロシアでしょう。先日、イギリスの経済紙、フィナンシャルタイムズの社説を読んだんですが、僕、吃驚しましたよ。其のまま幾つか拾ってみますね。「ロシアは、旧ソ連時代に磨きをかけたプロパガンダという暗黒の手法をさらに近代化させ、ハッキングにより、アメリカ大統領選挙でトランプを当選させ、絶大な効果を得た。」「アメリカ大統領選前にも、ロシアのサイバー戦士が欧州に狙いを定めていた証拠が次々と見つかっている。EUの機関も次々とサイバー攻撃にあっている。ロシアが極右民族主義勢力を支援する作戦を、裏で工作している事も分かっている。」ですって…。おまけにね、イスカンダルなる新たなミサイルを開発した由でして、宇宙戦艦ヤマトに出て来そうなネーミングですけれど、此れ、かなりの高性能で核も搭載出来るそうで、ロシアの友好国に安価で売却しているとか。うう~ん、映画「X-MEN アポカリプス」には、全世界の征服を狙う超人が現れますが、プーチンの野郎、本気で其れを考えていそうです。韓国は今、為政者不在の混沌の中にありますし、其れを北は虎視眈々と狙ってほくそ笑んでいるでしょうし、新年早々、何だかとんでも無い事が起きなければ良いんですが…。

国内に目を向けても、良いニュースって滅多にありませんよね。原発に年金、福祉に医療に経済格差、際限の無い天下り、1000兆を超す国の借金、少子高齢化に人口減少、そして地方自治体が何れ壊滅でしょ…。鳴り物入りで始まるであろうカジノにしても、警察から闇勢力から上場企業から、利権を巡って鵜の目鷹の目、既に暗闘が始まっているそうじゃありませんか。政府は東京五輪が最後の希望なんでしょうが、所詮は一過性の物です。五輪後に何が残るかを考えれば、只の箱物だけでしょ。風をだに 待つ程もなき 徒花は 枝にかかれる 春の淡雪、僕、為政者のマスターベーションに終わると思うなァ。高度経済成長期の五輪ならば、インフラ整備には意味がありましたけれど、此れからは10年間で、人口は700万人も減るんですよ。道路や鉄道の利用者は減る事は分かりきっているのに、都内では新駅だ新路線だリニアだ、って浮かれているんですから何をか言わんや、将にフェデリコ・フェリーニ監督の傑作、「甘い生活」其のままであります。「甘い生活」では、1950年代のローマの富裕層の乱痴気騒ぎが描かれていますけれど、僕、印象に残ったのはラストのシークエンスでした。狂った様な宴の後、夜が白々と明け、主人公がパーティ会場を抜け出し、海浜に出ますと、腐敗した怪魚が打ち上げられている、という場面です。僕、内憂外患かつ前門の虎後門の狼の此のシビアな時代に、こんな無為無策を続けていては、日本人は皆、其の怪魚になってしまいますよ…。

メディアも、司法も、経済も、外交も、官僚も、勿論政治も駄目、何だか此の国はもう、四面楚歌の様に思えます。でもね、僕、ちっとも諦めていません!此の国の希望、其れは優れた民間人達です。天候の都合で延期になりましたけれど、近々、日本製の、世界最小の宇宙ロケットが打ち上げられます。此れ、9㍍の大きさだそうで、小型の人工衛星の為だそうですが、掛かった費用は4億円の由、従来の物に較べ、数十分の一だそうですよ。そして、もうじき、人類初の月面探査車レースが行われるんですね。世界16カ国が参加、優勝賞金は30億円という、凄い規模のレースであります。日本からは「ハクト」号が出場、優勝候補なんですって。参加した車の中では、流石は我が国の技術力と感心しますが、最軽量だそうです。鳥取砂丘を月面に見立てて練習を積み、スズキ・JAL・IHI等々が協賛、日本民間企業の総力を結集したレースになりそうでして、負けるな日本、頑張れ!地球から応援しますよ!

そしてね、日本のコンビニって、独自の進化を遂げ、僕、世界一と思いますけれど、オムニセブンって凄いですよねえ。本社はセブンイレブンですが、西武やイトーヨーカドーにそごう、提携先のありとあらゆる商品が受け取り可能な訳でしょ。各種支払は勿論の事、煙草も酒もライブのチケットも、そしてオムニセブンならば、高級バッグもスーツも取り寄せられ、おまけにおでんも唐揚げもお握りも買えるんですから、将にコンビニエント、僕、凄いサービスと思いますよ。

かって、拙ブログでご紹介したのが大阪の堺市でして、此処は日本における自由都市、町民の自治によって成り立つという、将に民間人の街でした。1つご紹介するのを失念していたんですが、山形県の庄内地方には、酒田という市があるんですね。実は此の街、落ち武者達によって造られたんです。平安から鎌倉時代にかけ、かっての東北では、奥州藤原氏が100年間統治していました。源頼朝によって、奥州藤原氏は滅ぼされるんですが、其の遺臣達36人は、険しい山々を越え、太平洋側から日本海側へと逃走します。其処で辿り着いたのが酒田の街でした。元々才に長けた36人だったのでしょう。港湾を整備、開拓をし街並みを造り、海上貿易の中継点として大発展を遂げるんです。36人衆は皆豪商となり、文化面でも貢献し政治にも参画、酒田市の発展に大きく寄与しました。中でも有名なのは、本間家ですかねえ。日本が戦争に負け、農地改革となるまでは、日本一の地主さんでありまして、酒田の街を造ったのは、此の民間人と言っても過言ではありません。防風林に灌漑、植林に金融に教育に不動産と、ありとあらゆる面で酒田市を盛り立てました。僕、こういう人や家にこそ、勲章を差し上げるべきと思うなァ…。

僕、どんな政治体制になろうとも、完璧な物って無いと思うんです。そして、我が国は、何時天変地異に襲われるか分かりません。でもね、「お上が悪い」「あいつの所為だ」「天災のヤロウ!」と言っても始まりませんよね。夫々の持ち場で誠心誠意頑張り、世の中を少しでも良くするしか無いですもんね。僕、政治家や官僚やマスコミは口だけと思っています。自立した個人の、民間の集団こそが、此の国を救う、そう信じて頑張ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR