FC2ブログ

♪ FORMATION ♪

読者の皆様、おはようございます!三連休の方も多かったと存じますが、如何お過ごしでしたか!?僕、正月の疲れが出たのか、髭も剃らず髪も梳らず、映画にも散髪にも行かず、すっかり怠惰に過ごしてしまいました。専らTVと読書に明け暮れまして、少々目がしばしばしますけれど、先ずはラグビー観戦でしたねえ。高校・大学と全国大会の決勝戦があり、大本命の東福岡と帝京大の優勝となりました。どちらのゲームも僅差でしたし、緊張感溢れるタイトな好試合と思いました。中でも特筆すべきは、帝京大の8連覇でしょう。学生さんですから、毎年メンバーが変わる訳で、此の全国大会8連覇、大変な偉業でしょう。確か今までは、平尾や大八木を擁した同志社の3連覇、早稲田や関東学院大の連覇が目立った程度ですから、8連覇は凄いなァ。社会人ラグビーでは、新日鉄釜石と神戸製鋼が、一時代を築いた覇者でしたが、其れでも7連覇で力尽きました。そうそう、帝京大学は、学内に医学部薬学部、看護学科にリハビリに病院までありますから、学校を挙げてラグビー部に協力しているのが、此の快挙に繋がっているんでしょう。謂わば組織の勝利ですね。実際、有名選手はやはり、早稲田・慶應・明治等の六大学を選ぶと思うんですが、其の逆境にも負けず、見事な8連覇でありました。本当におめでとうございます!そして、「とってもとっても減らないものな~んだ?」「お相撲で~す」という訳で、僕、大相撲初場所も観戦していました。初日には天皇皇后両陛下もお見えになり、大歓声でしたけれど、やはらかに 人わけゆくや 勝ち角力、今年こそ、日本人横綱が出て欲しいなァ…。モンゴル人を筆頭に、外国人力士の台頭や、相撲人口の激減等、強い日本人力士が出難い状況とは思います。でもね、かって北の湖を産んだ三保ヶ関、千代の富士や北勝海を産んだ九重等の優れた部屋には、三役は勿論の事、横綱を育てる為のノウハウがきっとある筈なんですよ。ボクシングもそうですけれど、世界チャンピオンを輩出するジムって決まってまして、最大手の帝拳を筆頭に、三迫・ヨネクラ・協栄、最近ですと大橋にワタナベぐらいなものでしょ。プロ野球もそう、連覇を続けるチームって、かっての西鉄や阪急、そして巨人・広島・ソフトバンクに西武ぐらいでした。高校バスケットでは秋田の能代工業、剣道では熊本の九州学院が頭抜けており、柔道ならば世田谷学園・東海大相模が両巨頭になるのかなァ…。僕、上記の各チームはきっと優れた組織なんだと思いますし、優秀な指導者も居るのでしょう、地道に、徹底し、日夜努力を続けているんだと思います。

閑話休題、昨日は僕、古い本を整理していたんですが、書庫から、「メディアの支配者 上・下」 中川一徳著 講談社、が出て来まして、懐かしいなァと、思わず読み耽ってしまいました。800㌻近い大著でして、もう10年以上前の本なんですね。此れ、フジ・サンケイグループの歴史を著した物なんですが、僕、久方振りの再読だったのですが、将に巻を擱く能わず、一気に読了してしまいました。此れ、一言で申しますと、フジテレビ・産経新聞・ニッポン放送の経営権を巡る暗闘でありまして、凄まじい権力闘争のお話なんですね。まァ、此のフジ・サンケイグループって、歴代オーナーは皆追放されるという、何だかまるで旧ソ連のクレムリン、或いは韓国の政界を思わせるかの様な強烈さでして、拙ブログでも以前、簡単に触れましたけれど、新聞社って、社会の木鐸を気取り、エラそうな事を言う割には、内情は滅茶苦茶なんですよね。朝日はオーナーと組合が死闘を繰り広げ、読売は絶対独裁制、毎日は不動産業がメインになった感があり、日本のメディアって支離滅裂でありまして、皆さん、信用しない方が良いですよ~。

話を戻しまして、フジ・サンケイグループですけれど、現社長の日枝さん、取締役になった時点で、前社長の追い出しを計画、同志を募りクーデターを画策していたってんですから、とんでもない策謀家であります。前社長を追放し、其れから10数年、オーナー一族の影響力の排除のみに邁進していた由、其の挙句ホリエモンが登場、寝首をかかれ乗っ取られる寸前まで行くんですから、歴史って皮肉であります。でもね、そんな事ばかりしていて、面白い番組や素晴らしい新聞記事が造れる筈がありません。よって、株価も視聴率も下がる一方、番組スポンサーも離れ、悲惨なのは新聞の発行部数です。読売900万部、朝日700万、毎日350万、日経300万、中日250万に対し、産経は180万部で横ばいでありまして、各社揃って下落傾向なんですが、こりゃあ、相当厳しいんじゃないかしら。僕、若かりし頃、ビートたけしのオールナイトニッポンや、「オレたちひょうきん族」「ダウンタウンのごっつええ感じ」を毎週楽しみに、聞いたり見たりしていましたから、盛者必衰の理をあらわす、此の惨状は淋しい限りです。ならば、組織改革なり、番組の見直しなり、真摯に本業に目を向けるべきなんですが、日枝社長のやる事は、縁故採用や与党権力者との会食やゴルフ三昧ってんですから、こりゃもうどうしようもありません。挙句の果てには、フジテレビ本社のあるお台場に、カジノを誘致しようという事らしく、うう~ん、上手く行くのかしら!?

フジ・サンケイグループ、とんでもない迷走を続けている感がありますけれど、やっぱりねえ、本業に戻るしか無いですよ。即ち、縁故では無く実力者の登用であり、良心的なTV番組や新聞の製作と思います。でね、産経新聞とはスケールが違いますが、高知に、ファイティングドッグスというプロ野球独立リーグのチームがあるんですが、此処の経営方針って、地に足が付いていまして、本当に興味深いんですよ。敢えて過疎の村に本拠地を置き、牛を飼育し、畑を造り、地域医療の訪問診療まで手掛けるという、謂わば多角経営なんですが、此れ、地域のニーズに必死に応えただけなんですよね。フジの様な、エゴイスティックなやり方とは全く違ってまして、今ではファイティングドックスさん、立派な黒字ですし、地域になくてはならない存在だとか。そして、勿論本業の野球も忘れていません。海外遠征も頻繁に行い、アメリカの独立リーグチームと連携、世界中の野球選手を受け入れ、そして地方自治体のバックアップを受ける事にも成功しました。そしてね、昨日、僕、ニュースを見て、腰を抜かさんばかりに吃驚したんです。ファイティングドッグスに外国人選手の入団が決まりまして、其れがなんと、マニー・ラミレスですよ!!此のニュース、全世界に打電された由ですが、ラミレス選手、野球界のスーパー・スターなんですね。ボストン・レッドソックスを86年ぶりの優勝に導きMVPを獲得、取った打撃タイトルは数知れず、大リーグのオールスターに選ばれる事12回という大選手です。其れが、高知の独立リーグに入るとは、球界の常識では考えられない事なんですが、オーナーが渡米し直々に交渉、契約成立した由でして、いや、凄いです!僕、今年は是非四国に渡り、ラミレス選手を観ようと思いましたもん。百術は一誠に如かず、地域を、野球を、人を愛す組織だからこそ成し遂げた快挙と思いますし、衰退しつつある地域の活性化のモデルにもなるんじゃないかしら!?

当院では毎年4月に、カルチャーフェスティバルという、地域の皆様をご招待する催しを続けています。毎年メインゲストが来るのですけれど、実は僕、こちらに誠意や熱意があれば、何時の日か必ず、大スターも呼べるんじゃないか、そう前々から思っているんですよ。勿論、努力は必要でしょうが、至誠天に通ず、何故貴方を当院に呼びたいか、真摯に訴えれば、ハリウッド・スターでも安く呼べると思うんだけどなァ…。だって、あちらのスターって、パイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップ、キャプテン・アメリカのクリス・エバンス、アイアンマンのロバート・ダウニー・JR、そして歌手のビヨンセも皆、ボランティアで病院の訪問をされているじゃありませんか。まァ、其の為には、長い時間を掛け、コネクションや信頼関係を造らねばなりませんが、僕、此の世の中でやってやれない事は無い、そう確信してますからね、何時の日か、凄いスターに慰問に来て貰う心算ですよ♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR