FC2ブログ

✿ カイロの紫のバラ ✿

大阪名物の1つに、串カツってありますよね。僕、本場の新世界、通天閣の辺りで何度か頂きました。「ソース2度付け禁止!」と大書された看板があり、生ビールと一緒に食べましたが、いや、ふんわりさくさくで、とっても美味しかったです。まァ、此の新世界の周辺って、ジャンジャン横丁や遊郭だった飛田もあり、大層ガラが悪く、早朝から立ち呑み屋が開いているぐらいでして、其処に皆さん、自転車を飛ばして駆け付けるんですから、いや、吃驚しました。でね、串カツに話を戻しますと、肉に野菜に魚介と、色々と種類があるんですが、どんなに高くとも精々1本200円でありまして、100円しない物もあるんですね。お酒を頂いたとしても、3000円もあれば満腹になるという、将に庶民の味方であります。

僕、これまた吃驚したのが自民党のエライ先生方でありまして、政党交付金--僕達の税金ですよ~!--を使い、まァグルメ三昧なんですわ。先ず稲田防衛大臣、とんでもない極右発言を繰り返し、海外で非常に危険視されている女性ですが、此の方が都内の串カツ屋に「政治活動」として食事に行ったと。其の代金が1晩14万円だったそうです。え~とえ~と、僕の知る限りでは、串カツの相場は1本100円と思うんですが、此のヒト、1400本も食べたの!?いや、そりゃ胃がもたれるから止めた方が良いですし、冗談はさておき、テメエ馬鹿野郎この野郎、ふざけんじゃないよ!領収書を誤魔化したとしか思えませんが、其れ以外にも、ホテルでの夕食代金が、1晩で46万円を計上していました。だから胃がもたれるよ、って詰まらない冗談はもういいですね。僕達の税金を使って贅沢三昧、お前ら中世の貴族か、「パンが無いならお菓子をお食べ」、マリー・アントワネットかと僕、憤慨するばかりです。其の他の大臣達も、先の政党交付金という名の僕達の税金で、キャバクラで豪遊を繰り返し、特に酷いのが、元総理で現副首相、マフィア紛いのファッションでこれまた海外から顰蹙を買ってましたが、漢字が読めず口の曲がった麻生センセイです。此のご仁、六本木の会員制の高級クラブに通いづめ、其れが1年で1670万円ですって!先ずね、政治の会合を、酒を呑みながら、綺麗なお姉さん方が沢山居る、高級会員制クラブで開くこたぁないでしょう。自分の事務所でアルコール抜きで仕事したら!?そして、酒ぐらい、他人様に頼る事無く、自腹で呑みましょうよ。タダ酒飲んだって美味しくありませんし、僕ですら、ずうっとそうしてますよ。そして、僕達の税金なんですからね、幾ら何でも酷過ぎやしませんか!?完全に無罪だった小沢さんは、野党が故にあれだけ叩かれたのに、自民党というだけで此の優遇、余りに不公平と思うなァ。

自民党の悪党ども、こいつら皆、とっとと捕まえて、刑務所にぶち込むべきでしょう。元総理の小渕の娘なんて、政治資金を妙な使い方をして秘書が捕まり、其の証拠品のパソコンをドリルで破壊したのに、全くお咎め無しですもん。いやはや何とも、「法の下の不平等」、我が国はとんでもない国でありましょう。大体、アベ総理も、政治資金パーティを盛んに開き、其れだけで年間1億近く稼いでいるそうでして、此れぞ濡れ手に粟、無茶苦茶です。パーティと言えば聞こえは良いんですが、実質は単なる政治献金でしてノー・タックス、無税なんですから、自民党のセンセイ方は皆、合法的な脱税行為を繰り返している訳でありましょう。

そしてね、思わず深い溜息が出たんですが、福島の原発の廃炉及び賠償金が、20兆円になるとか。元々の試算より倍になった由、其の金額は兎も角、此れを捻出する為に、電気料金を大幅に値上げするそうなんですね。僕、東北復興の為、そして原発全廃の為、幾らでも協力したいと思っています。でもねえ、自分の失敗は己で責任を取るべきです。一般の国民は、福島の原発事故に対し、何の責任もありませんよね。東電の方が、ご自身で支払うべき案件と思いますが、如何でしょうか!?

ホント、腹が立って仕方が無いんですが、自民党の面々、「文化立国日本」と銘打ち、日本の文化を海外に輸出しようという試みを始めました。昨日は歌手の椎名林檎さんが、先日は「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督が自民党本部に呼ばれ、会議に参加したそうです。政府首脳に外務省に経済産業省、東宝や松竹の幹部も加わり、「日本映画のアベノミクス、邦画の海外進出を推し進める」そうですよ。映画ファンから言わせて貰えば、大馬鹿の二乗三乗でありまして、そんな時間と予算があるぐらいなら、年金や原発廃炉に廻すべきでしょう。大体ね、他人様の税金を使い放題、何ら生産性も無い輩が、クリエィティブな事や芸術に理解がある筈もありません。此れぞ将に、畳の上の水練であり絵に描いた餅、必ずや失敗すると断言します。

こんな分かり切った事を書くのは大変恥ずかしいんですが、日本映画を世界で売るとしますよね。全世界の目の肥えたお客さんを満足させ、映画館に足を運んで貰うには、クオリティの高い作品を生み出さねばなりません。此れ、必須の条件ですよね。では、良い映画を造るには何が必要か、予算・脚本・監督・役者・宣伝が揃わねばなりません。予算や宣伝は、お金の問題ですから、スポンサーさえつけば、何とかなるでしょう。脚本家も連れて来れば良いかもしれません。でもね、最も大事な、監督や役者が、此の国に居ますか!?あのね、海外の役者さん達って、皆さん国立や王立の大学で演技の勉強を何年間も積み、切磋琢磨し競争があり、一般教養や音楽やダンスも習得し、卒業後劇団に入り、初めてデビューするんですよ。イギリスの王立演劇学校、ミュンヘンの音楽演劇大、フランスの国立高等演劇学校、中国の上海戯劇学院、アメリカのアクターズ・スタジオ…。アメリカのみは私立ですけれど、翻って日本にその様な学校があるかと問われれば皆無でして、精々日大の芸術学部ぐらい、後は民間の劇団が自前で細々と役者さんを育てているだけです。今を時めく渡辺謙さんや真田広之さんだって、所属劇団はあったにせよ、殆ど自力の世界進出でしたよ。例えば、イギリスの超名門、ロイヤル・シェークスピア・カンパニーなぞ、150年の歴史を持ち、自前の劇場を3つ所有、世界ツアーもしていますけれど、理事長はチャールズ皇太子でしょ。もし本腰を入れて、日本映画の世界進出を考えるならば、皇太子殿下を招き演劇学校を設立、そして役者の育成から始めねばならず、でなければクオリティの高い作品なんて決して造れませんよ。そんなお金なんて、ダサ過ぎる日本政府が出す筈が無いでしょうに。そして、かって松竹や東宝や東映等の大手は、自前の撮影所を持ち、現場を学ばせながら、次期監督を育てる仕組みがありました。黒澤だって成瀬だって、小津も溝口も皆、撮影所の助監督から監督になりました。でも、最早そんなシステムは、疾うの昔に崩壊しています。ですから、監督さん達にしても、殆ど自力で、何の助けも無く、這い上がって来たのが、今の日本映画界です。

ですから、もし邦画を立て直し、世界に通用する作品を出し、商売にするのであれば、最低10年間の巨額の投資が必要ですし、しかも其れを延々と続ける必要があります。映画界の構造改革が必要な訳ですが、現政権の皆さんは、単に小銭を稼ぎたいだけでしょ。世界に通用する芸術や文化を輸出する、そんな強い決意と覚悟なんて、皆無と思いますよ~。此れ、日本の全ての業界に言える事と思うんですが、現場を全く知らない行政が、首を突っ込み過ぎるんですよ。餅は餅屋でありまして、お金だけ出して、後は民間に任せておけば良いんです。ホント、野暮天で無粋な奴は困るねェ、どうせ、自分でお金を払って映画を観た事なぞ無く、優れた芸術を解する感性も無いから、こんな馬鹿げた発想になるんですよ。こんな舐めた事をほざいていたら、ホント、全世界の映画人とお客さんを敵に廻しますよ!は~、こういう道理が分からない連中、物事の本質では無く些事ばかりを言う輩と付き合うのって、本当に疲れます…。

よおし、今週はどこかで、気分転換に必ず映画を観に行こうっと!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR