FC2ブログ

四面楚歌

其れにしても、めっきり冷え込んで来まして、僕、尾籠な話で恐縮ですが、鼻が垂れちゃって参ります。雨の日も風の日も、毎朝毎朝愛犬と散歩に出るのですけれど、今朝は受け月がとっても綺麗でした。

寒気烈々たり。神無月の末とは思えぬ冷気を感ず。然れども犬は元気溌剌也。路上に落ちたる骨を喰らい、其れを余が一喝するも逆上、主人に吠えかかり飛びかかるとは何たる駄犬か。三日飼えば三年恩を忘れず、古人の俚諺にありしかば、此の犬は其れを知らず。余は嘆息す。とまァ、今朝の出来事を思わず文語調で書いてしまいましたが、ホント、そろそろ衣替えをしなくては、本格的に風邪を引きこんでしまいそう。読者の皆様方も、体調管理にはどうぞお気を付け下さいませ。

さて、今朝新聞を見ていて微苦笑したんですが、読売も産経も毎日も、同様の記事があったんですね。全国各都道府県の魅力ランキングが発表された由、不名誉な最下位を争ったのは、何れも北関東の、群馬栃木茨城でありまして、上位には北海道や京都沖縄、うう~ん、やはりそうなるのかなァ…。また、大都市圏で最も人気が無いのは、圧倒的な大差で名古屋でした。因みに、大分県は全国15位との事、良かった~。でもね、僕、其れらの不人気な地域、何れも行った事がありますけれど、住めば都でありまして、何処も良い処でしたよ~。群馬はうどんが、栃木は焼きそばが、茨城は納豆が、名古屋は八丁味噌が、何れも美味でありました。でもね、例えば男子が女子をデートに誘おうと考えて、「六本木で軽く呑もうか」「横浜の山下公園で夜景を見て中華街に行こうか」「鎌倉でゆっくり散策してカフェでも行こうか」なら、上手く行きそうでしょ!?けれど、「常磐線に乗って茨城で、うどんか納豆かアンコウ鍋食べる?」、いや、どれも美味しいんですが、此れでは彼女は出来ませんよね…。単なる印象であり、誠に申し訳ありませんが、北関東の皆さん、こりゃ余程策を練らないと、1度付いたイメージを覆すのは大変と思います。僕、幾つかの病院に在籍、仕事をして来ましたけれど、医療業界って、基本的に女性の職場なんですよね。女性スタッフを大事にする事、其れが此の業界での成功の秘訣と思われます。例えば男性上司が部下の女性に対し、「毎日お疲れ様。今度皆で呑みに行こうか」と誘っても、「え~、ホントですか♡嬉しいです♡」となる場合と、「え…。ちょっと今、色々と忙しいんで…。すみません…。」となるケースがあり、後者なんて、目も当てられなかったですもん。向こうは婉曲にお断りしているんですから、「そうかあ、じゃあ今度又誘うね」と会話を終わらせれば良いのに、「じゃあ、何日だったら空いてるの!?何が食べたい?何が好き?」とガツガツ迫ったりするんですよ。またねえ、後者のタイプって、ちっとも空気が読めずに押すばかりで学習能力皆無、矢鱈としつこかったりして、益々女性に嫌われちゃうんですよ…。哀れにも可哀相にもなりますし、押しても駄目なら引いてみな、思考や行動パターンを変えてみたら良いのにと、傍から見ていても苛々しますもんね。

閑話休題、其れが今の民進党でありまして、僕、自民党の強引さ、野卑さ、田舎臭さに辟易している人も多いと思うんですよ。だって、原発反対の人達が大多数なのに、其の受け皿が無いから、渋々?自民党に行ってしまっている訳でしょう。折角野党共闘で成果が出つつあるのに、現在の民進党執行部の皆さんは其れに及び腰でしょ。おまけに、率いるのは何処の国籍だかはっきりしない蓮舫に、民主党時代に選挙で大惨敗した野田な訳で、其れで与党に勝てる筈がありませんやね。だって、莫大な資金力を持ち、政官財に強いコネクションがあり、マスコミさえも味方に付け、公明党まで控えている訳でして、尋常な手段ではとても野党は勝てないでしょう。こういう言い方をすると誤解が生じますが、毒を持って毒を制す、小沢さんクラスを軍師に付けないと、自民党が勝ち続けますよ。年末か年始には解散総選挙が囁かれていますし、民進党がこんな体たらくでは、野党の完敗でありましょう。僕、TPPも原発も、年金も少子高齢化も、景気回復も赤字国債解消も、自民党には決して出来ないと確信しているんです。だって、此処二十数年、自民党に任せて、上手く行ったケースが無いですもん。だから、皆が絶望し、一度は政権交代が成った訳じゃありませんか。あれは2009年でしたが、此の国の状況は、当時よりも寧ろ、数段悪くなっていると僕は思っています。ならば再度の政権交代しか此の国の再生は無いですし、此れが、どうか野党に類まれなる軍師を、と思う所以であります。

歴史を紐解きますと、豊臣秀吉に仕えた黒田官兵衛に竹中半兵衛、武田信玄に仕えた山本勘助、文王には釣りの逸話で広く知られる太公望、ジンギスカンには耶律楚材、劉備玄徳には諸葛亮孔明、ここら辺りが、代表的な軍師と謂えましょう。軍師の皆さんは夫々一長一短あり、僕、此の中では、彼の有名な出師の表で知られ、高潔な人格である、諸葛亮孔明の大ファンであります。でもね、福島の原発がメルトダウンし、何時大地震が起こるか分かりません。そして北朝鮮のミサイルが飛び交い、中国が我が国を虎視眈々と狙い、アメリカが崩壊しつつあり、ロシアが不気味に台頭、正直申し上げて、戦国時代の様な大乱世と思うんですよ。こうなりますと、我が国を救う為には、少々の悪人でも大層頭が切れれば、期限を区切って抜擢するしか無いのでは、という気もするんですね。無能で無為無策の安倍総理や厚顔無恥の野田、喧しいだけの蓮舫、薄気味悪い妖怪顔の二階や菅や麻生で、プーチンやトランプやヒラリーに対抗出来ると思えますか!?僕、お釈迦様と孫悟空の様な物、幾ら勇ましい事を言っても、掌の上で踊らされるだけと思うなァ…。

僕、此処で皆様にご紹介したいのが、古の中国、漢の国の大軍師、陳平なんですよ。此の人、才知は抜群、頭の切れは中国一でしたが、目的の為にはモラルなど眼中に無いタイプでして、味方からも真意を疑われる程でした。其れでも、強大な楚の国に負け続け、敗色濃厚だった漢の国を蘇らせ、中国統一を成し遂げた大軍師なんですね。さて、陳平さん、先ずは悪い面から行きましょうか。兄嫁に手を付けるわ、お金持ちの未亡人に眼を付け口説き落とし裕福になり、主を何度も変え、部下からは賄賂を取るという悪行三昧であります。神様は皮肉だなァと思いますのが、こういうアナーキストな陳平さんに、謀略の才能を与えるんですから、だから此の世は面白いんですよねえ。船に乗っている時の事、陳平さんは大層な二枚目で気品のある容姿だったそうで、船頭達は、「コイツ、金を持っているに違いない」といきなり盗賊に変身、命を狙われる其の寸前、いきなり全裸になったんですって。船頭達は陳平さんが貴金属を持っていない事に気付き、そして、全裸で丸腰で無抵抗の人に対し、簡単に命は取れませんよね。そうして危機を脱したとか。陳平さん、その後に漢の国に仕えるんですが、賄賂を取ったのは敗亡の身で無一文だった故であり生活費以外は使っていない、主を変えたのは己の献策を受け入れなかったからと説明、王である劉邦も器が大きいんですね~。早速陳平さんを軍師とします。さて、其の漢の国は楚の国に攻められ籠城、食糧も無く絶対絶命の大ピンチとなります。其処で取った策は、王様の劉邦が降参したと見せかけ、替え玉を敵陣に行かし、本物は裏門から逃げ出すというものでした。替え玉は殺されてしまいましたが、逃走には見事大成功するんですね。又、敵の楚には優れた武将が揃っていますから、尋常の手段では勝てないと、今度は大金を使い、敵陣に離反や謀反のデマを流し、弱体化させます。そして、敵の手薄な地域でゲリラ戦を展開させるんですね。此の術策が見事に成功、中国の殆どを支配していた楚の国は滅亡、漢の国の天下となります。中国統一後、王様は亡くなるんですが、遠縁の親族が跳梁跋扈、あわや国が乗っ取られるという大ピンチとなります。当時の陳平さん、自分は王の親族からきっと狙われると見て、毎日宴会を開催、酒や女性に淫した様に見せかけ、しかも年を取って惚けたふりをして油断させ、隙が出来るのを待っていたんです。秘密裏に軍隊を掌握しており、また恒例の宴会だよ~と見せかけ、仲間を集め其の夜半、奇襲で敵陣に攻め込み、一網打尽で相手を捉え、一気にけりを付けたんですね。王の直系の孫に皇帝を継がせ、陳平さんは間もなく引退したという、誠に見事な出処進退でありました。

如何でしょうか!?陳平さん、我が国の明治期の政治家の様でして、善悪の振れ幅が大き過ぎ、評価するのが大層難しいとは思います。或る意味大悪党ですが、国を救った救世主でもありますもんね。でも、此れぐらいのスケールが無ければ、国の舵取りは出来ないでしょうねえ。兎も角、与野党問わず、優秀な軍師が颯爽と現れ、此の国の諸問題を根本から解決して欲しい、僕、切にそう願っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR