FC2ブログ

水行十日、陸行一月

しかしまァ、国のやる事は出鱈目ばかり、反吐が出る思いです。インドを始めとして、世界各国に原発を輸出、ははァ、だから再稼働したがるんですねえ。でもね、福島の事をもう忘れたんでしょうか。原発が如何に危険な物か、天災時には決してアンダー・コントロール出来ないと、僕達日本人は身に染みて分かっている筈ですよ。実際、鹿児島でも、一昨日の新潟でも、反原発の知事が誕生したじゃありませんか。んもう、♪俺の話を聴け~2分だけでも良い~♪と、歌いたくなりますよ、全く。こんな危険な物を他国に売りつけるとは、しかも其れを首相のトップ・セールスとか言っている訳で、馬鹿も休み休み言え、てなもんですよ。将に、 merchant of death 、ベニスの商人ならぬ死の商人じゃありませんか。そして、以前から触れては来ましたけれど、歴代の都知事も香具師ばかりでして、豊洲なぞ、水銀ベンゼンヒ素シアン、毒物のオン・パレードな上に、法定基準値を大きく超えてるんですから、此処で生鮮食品を扱うなど、こりゃもう、正気の沙汰じゃありません。此れはあくまで噂ですけれど、もし豊洲に市場が移転したら、更地になった築地に、ジャイアンツの新球場が出来るなんて話がありました。此れね、筑地には朝日新聞本社があるんですが、其の目の前で、ライバルの読売が毎日試合をやり、連日満員の客を呼び、「ドーダ!」と見せつける心算だったのでは、と言われてたんですって。あのねえ、余りにチャイルディッシュと申しますか、そんな下らない理由で、世界に広く知られた筑地を閉めるだなんて、空いた口が塞がりませんよ、全く。そしてね、筑地って銀座に近く広大、最寄りの駅も多く、立地条件は最高ですけれど、何故いきなり、一民間会社である読売が買えるのか、どう考えたって、利権と癒着と怪しげなコネクションしか無いですよね。こんな事ばかり書いていると、僕、筑地から程近い東京湾に浮かんでそうです。くわばらくわばら…。

そしてね、国家公務員の給与及びボーナスは、3年連続で引き上げが決まった由、あのねえ、日本の赤字国債は1000兆を超える、大借金国なんですよ。それでなくとも多過ぎる、公務員を減らすのが筋でしょうに、給与を上げてどうすんの!?先の1000兆の借金、当たり前なんですが、金利が付いてますからね。此の瞬間にも時々刻々、借金は秒単位で増え続けているんです。其れでも給与は上がるばかりだなんて、将に親方日の丸、分かっちゃいるけどやめられねえ、スイスイスーダララッタ、スラスラスイスイスイ~って、クレージーキャッツじゃありませんよ!こいつら皆、市中引き回しの上磔獄門に処す、でありましょう。そしてね、年金もまたまたカットだそうですし、しかもね、企業の解雇規制を緩和するそうです。となりますと、折角年金を納めてもちっとも貰えず、真面目に働いていても、会社側の都合でいきなり首になる訳ですよね。ちょっともうこれ、皆で立ち上がり、断固としてNO!と言うべき、僕、そう思うなァ。大体、年金って、僕達が国にお金を預け、将来返して貰う物でしょ。謂わば、日本国と日本国民との契約な訳でして、其れを一方的に国が破るとはどういうこっちゃ。

皆さん、拙ブログでは再三触れていますけれど、此の国はもう、あてにしない方が良いですよ。だってね、民間の孤軍奮闘ぶりを見て下さいよ。国の関与なぞ百害あって一利無し、というのが良く分かります。僕の世代の人は分かると思いますが、西城秀樹のTVCM、「リンゴと蜂蜜トロ~リ溶けてる」でお馴染みのバーモントカレー、ハウス食品ですけれど、現在はアメリカにも進出、大成功しているんですよね。主力商品は、カレーでは無く、なんと豆腐なんですって。其れもね、細長い形状でして、まるでチョコ・バーの様なパッケージ、其れが1本99セントの由でして、100円しないんですねえ。3種類の味を揃え、6種類の硬さがあり、僕、素晴らしい企業努力と感じました。

スイスに本社があるネスレ、チョコ菓子のキットカットを作っている処ですよね。其の子会社の日本ネスレ、実は本社を凌ぐ勢いだとか。日本オリジナル商品を新規開発、其の数何と、300種類を超すそうで、抹茶味から小豆味からわさび味から、今では外国人観光客のお土産人気NO1だそうですよ。そしてね、僕、此れ是非体験してみたいと思いましたのは、横浜で、異業種3社がタイアップした企画なんですよ。京急電車・キリンビール・シウマイの崎陽軒、此の3社が全面協力、♪鶴見神奈川あとにして 行けば横浜ステーション♪、即ち特別列車の出発進行であります!キリンの生ビールは飲み放題、食べ物は崎陽軒のオリジナル弁当、そして京急電車の車窓からの景色を楽しむ2時間、という按配でして、開始早々、大盛り上がりだった由、楽しそうですよね~♡

そして、僕が常日頃から強い興味を持つロボットですが、此れも民間企業の手に依り、凄まじい進化を遂げています。アメリカの軍用ロボットなんて、一種異様なフォルムと動き方でして、未知の物に対する強烈な違和感を感じました。でもね、平和利用が一番でありまして、ジェネラル・モータースが現在開発中の火星探索用ロボット、其の名はヴァルキリー、ドイツ語ならワルキューレ、北欧神話から取った命名だそうで、皆さんご覧になりました!?人間型のロボットでして動力は電気、四本指で関節も手首も骨盤もあり、人間同様なんですね。火星資源の採掘に、住居の建設や宇宙飛行士のバック・アップに使われる由、いやあ、映画「2001年宇宙の旅」が、殆ど現実の物となりそうです。其れに連動して、難路を長距離移動出来、転んでも立ち上がり、荷物をも運べるタイプの人間型ロボットも、完成間近だとか。どうでえ、馬鹿政府の連中、国の手助けが無くたって、お菓子から電車からロボットから、民間には此れだけの底力があるんだよ!悔しかったら、テメエの努力と才覚で、金を稼いでみろって!

閑話休題、暴言多謝でして、数々の悪口雑言、大変失礼致しましたm(__)m。さて、昨日、古代史の分野で大発見がありました。滋賀県彦根市で、邪馬台国の頃の巨大集落の遺跡が発見、鍛冶工房に巨大な倉庫が見つかったとか。どうもね、琵琶湖に面している所為もあるんでしょうか、大流通センターの役割があった由でして、出土した土器や鉄片の多くが、各地から来ているんですよ。福井・岐阜・奈良・静岡、そして鳥取や朝鮮半島からの物もあったそうで、もしかすると、古代出雲とも関連があったのかもしれません。実際、邪馬台国の時代は、日本列島の各地に小国が乱立していた由でして、魏志倭人伝を見ても、不弥国に奴国、伊都国に投馬国等々、30数か国あったと書かれています。

僕、日本史を俯瞰していてつくづく思うのですけれど、此の国の長い長い歴史は、地方分権と中央集権のせめぎ合い、其の繰り返しだった気がしてなりません。邪馬台国の時代は先述した様に、勿論地方分権でしょ。そして大和朝廷が、熊襲や蝦夷を征服して中央集権となると。其の時代はかなり続いたのですけれど、室町期から織豊期は地方毎に大名が割拠しました。そして藩の集合体である江戸期を経て、明治になると強力な中央集権となる訳です。謂わば、地方分権と中央集権で、政権交代を繰り返した感じでしょうか。となりますと、此れだけ趣味嗜好や生活スタイルが多様化した今、中央集権のスタイルって、かなり古びてしまったのではないかと。僕、此処で参考にすべきは、アメリカだと思うんですね。僕、此の国は余り好みませんけれど、良い処もあります。つまり、「州」、我が国に置き換えれば、国から都道府県に、権限を大きく委譲するんです。実は、アメリカのみならず、此の連邦国家、結構多いんですよ。カナダにドイツ、スイスにベルギーにオーストリア、メキシコにブラジルにイギリス、そして、EUも、大きな意味では欧州連邦国家でありましょう。移民をどうするかにしても、例えば、大分県は賛成、愛媛県は反対ならば、好きな県を選んで住めば良いと思うんですがねえ。そうなりますと、夫々の県が切磋琢磨、より良い自治体を造ろうと、皆が頑張ると思えてなりません。実際、江戸時代は300の藩があった訳で、其れで300年近い間、上手くやれたじゃありませんか。僕、昔の日本人の叡智には感心するんですが、1996年に小選挙区制を導入した際、どういうやり方で区割りしても、結局は300という数字になったんですって。僕、じゃあかっての様に、幕藩体制--国が権力の頂点なんですが、夫々の自治体が独立し、強力な権限を持つ形です。--に戻しても良い気がするんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR