FC2ブログ

War,friend only to the undertaker.

読者の皆様、おはようございます。お盆休みは如何お過ごしでしたか!?僕、墓参を済ませてからは、ひねもすのたりのたりかな、昼間からハイボール飲んで高校野球の大逆転劇を観たり、白くまアイスを食べながら寝転がって漫画を読んだり、床屋に行ったり愛犬と戯れたり、休日を満喫していました。其れにしてもオリンピックの柔道、腹が立ったなァ。リネールVS原沢の、100㌔超級の決勝戦ですよ、全く…。リネール選手、前回の金メダリストであり世界選手権8連覇の強豪である事は知ってはいました。でもねえ、僕、柔道は齧った事があるから或る程度は分かるんです。リネール選手、半身に構えて決してきちんと組まず、相手から「指導」のポイントを稼ぎ、其れで逃げ切るだなんて、でっかい図体してノミの心臓ですよ、小さい男だねェ…。かっての日本の偉大なる金メダリスト達、山下も斎藤も、吉田も井上も、古賀も野村も、常に一本を狙った、勇猛果敢かつ威風堂々、王者の柔道でしたよ。僕、悔しくてならないのは、柔道そのものが、先のリネール選手の詰まらん試合の様に、変質している事なんです。日本が柔道発祥の地なのに、常に一本勝ちを狙う其の精神は受け継がれず、妙ちきりんな判定勝ち狙いになってしまいました。此れね、原因は1つでして、国際柔道連盟という統括機関があるのですけれど、日本は何の発言権も無いんです、残念ながら…。国際柔道連盟の本部はスイス、事務局はフランス、理事は欧州の方々ばっかり、会長は東欧の人でして、あのねえ、お前らに柔道の心が分かるもんか!と言いたくなりませんか?こんな輩が仕切っているから、柔道のルールを欧州選手向きに変えてしまい、リネールの様な詰まらん男が出て来るんですよ。でもね、此れでは負け犬の遠吠えでして、日本が柔道連盟の会長の座を取り返すしかありません。そして、柔道を正しい方向へと導かなくては。原沢選手、臥薪嘗胆ですよ。次にリネールと当たったら、得意の大外刈りで、奴が畳にめり込むぐらいにぶん投げちゃって下さい!

閑話休題、先の柔道同様、腹の立つ事ばかりです。先月ですか、石田純一が都知事選に出る出ないで大騒ぎになりましたけれど、此れ、CMスポンサーとの契約違反の由で、違約金を1億2000万円以上支払う事になったそうです。おまけに、所属事務所からは、今後一切の政治的発言を禁じられたそうでして、何だかこれでは戦前の言論統制ですよねえ。石田さん、野党から出ようとしたからこんな扱いな訳で、自民からの出馬だったらお咎め無しだったんじゃない!?そしてね、国家財政が此れだけ悪化、赤字国債が1000兆円を超えているのに、公務員の給与は3年連続アップだそうで、こんな寄生虫が巣食っていたら、此の国は本当に破綻する、僕、そう思います。半官半民のNHKなぞ、30歳で年収2000万、部長になれば3000万ですって。其れもね、基本給だけで其の金額って、アンタら取り過ぎだし、受信料下げろ!僕、払ってないけど…。そして、以前の拙ブログで紹介しました、極右の防衛大臣、稲田ですけれど、此のヒト、白紙の領収書に自分で記載、其れが500万分もあり、ご自身も認めたそうなんです。思い切り其の画像も出てました。僕、領収書偽造に政治資金不正使用等々、立派な犯罪と思います。検察や警察の皆さん、無実だった小沢さんの時の様に、抜き打ちで家宅捜索して下さいよ~。でも、稲田は自民党だから、きっとセーフですよね❤

そしてね、アベ総理の頭の中身を疑いたくなりますのが、「プレミアムフライデー」という政策を打ち出す様なんですよ。毎月の月末の金曜日には、仕事は午後3時で終わらせ、ショッピングに旅行に楽しんで下さい、という事なんですって。大馬鹿かお前は。先ずね、月末の金曜日なんて、ビジネスマンは最も忙しい時と思いますよ。お次にね、僕達のサラリー、実質賃金って5年連続でダウンしています。其の上、消費税も物価も上がっている訳でしょ。一体全体、誰がお金を使うんでしょうか…。やっぱり官僚って相当頭が悪いなァ。もう1つ、僕が憤慨しているのが、愛媛の伊方原発です。大体ね、あれだけ大騒ぎして、原発が動かない以上節電だ、って言ってたのに、此れだけの猛暑で、皆さん例年よりエアコンを相当使っている筈なんです。なのに、原発が無くても、充分電気は足りてるじゃありませんか。そしてね、伊方原発って相当古く、確か最初の1号機って、昭和40年代の物ですよ。おまけに、活断層があり、南海トラフ地震のリスクもあり、僕、再稼働には反対です。僕、ロジカルに冷静に考えれば、原発は止める、という判断しか無いと思うんですよね。でも、愛媛県知事の中村なる人物、コイツが又アベに輪を掛けたうつけ者でして、「伊方原発は、福島の様な事は絶対起きません」ですって。絶対という事は絶対あり得ません!あのねえ、中村さんの経歴、貴方のホームページでじっくり拝見しましたけれど、大学は法学部、職歴は商社、其の後ずっと議員でしょ。此れがね、地震学の泰斗だとか、原発の設計者とか、ドイツのメルケル首相の様に物理学博士ならば、未だ分からんでもありません。でも、中村サンさあ、アンタ、只のど素人で、良くまあ無責任な事を言いますよ。そしてね、僕、此の伊方原発の近くを、かって通った事があります。山中を切り開いた一本道、そして海しかありませんでした。万が一原発事故が起きたとして、周囲は海と山と2車線の1つの道しか無い訳で、此れ、本当に避難出来るんでしょうか!?

海避けて 裏道とほる 死者の夏、俳人大屋達治さんの句ですけれど、今年も又、終戦の日がやって来ました。僕、何時も不思議に思うんですが、終戦では無く、「敗戦の日」とすべきでしょう。だって、300万人の犠牲者を出し、原爆も2発落とされ、歴史上類を見ない程の完敗だったんですから。上記の様々な出来事もそうなんですが、物事の本質から目を逸らし、言葉を言い換えて誤魔化してませんか。僕、此の時期になりますと常に考えますのが、何故負けると分かっていた、太平洋戦争に突入したのか、という事なんです。「昭和16年夏の敗戦」という本があります。此れ、戦争の直前に、秘密裏に各界有識者を集め、日米がもし戦ったとして、物資に物流、軍事に経済、政治形態から外交から、ありとあらゆる面からシュミレートしたんですね。其の結果、どの面から見ても、日本の大敗北、という結果が出ました。又、兵棋演習と言いまして、此れは軍事面だけですけれど、現在ならば極めて精密なシュミレーション・ゲームとでも言いましょうか、日米戦について研究を何度も行いました。此の結果も、どう足掻いても日本軍の大敗北と出ていたんですね。其れでも、日本の首脳陣の選択は、戦争に突入と相成りました。

当時の政局をリードしていたのは、日本陸軍でありまして、彼らの考え方は大きく2つありました。1つは、資源の無い日本には、とても長期戦は戦えない。ならば、短期決戦と精神力で一気にけりを付けて戦争を終わらせる、です。もう1つは、資源の無い日本には、とても長期戦は闘えない。ならば、資源に恵まれた中国の一部を支配し、経済力を付けよう、という考えでした。結局、此の2つの考え方が収斂する形となりまして、戦争へと突き進みます。只ね、此の考え方、要するに、「資源の無い国」が、どうやって「資源のある国」に勝つか、ですよね。其処には非常に無理があるのは否めないでしょう。依って、極端過ぎる程の精神主義になる訳です。其の結果、高度1万㍍を飛ぶアメリカの爆撃機B-29に対し、竹槍で戦おう、となってしまうんですね、トホホ…。もう1点、上記の2つの考え方、欠けている処があると思いませんか?其れは、客観性であり、他者の視点です。そして、先ず戦争ありきってのが間違ってますよ。おまけに、戦争をするにしても、相手が必要でしょ!?相手はどう考えているのか、どう動くのか、自分の都合ばかりでして、其の観点が皆無なんですよ。此の夜郎自大で独り善がりな発想、現政権にも受け継がれている気がしてなりません。僕ならば、資源の無い日本には、とても長期戦は戦えない。ならば、外交に力を入れ、近隣や遠方にも日本の味方を増やし、戦争では無く、法に法って資源を獲得、国力を豊かにしよう。只、弱肉強食の帝国主義の時代だから、舐められない程度の戦力は維持しよう、であります。此れが日本の戦後の歩みですよね。ですから、日本中の主だった都市が焼野原になったのにも関わらず、世界2位のGDPまで復興出来たのです。

いみじくも昨日、今上天皇が仰られました。「此処に過去を鑑み、深い反省と共に、今後戦争の惨禍が繰り返されない事を切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から哀悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」安倍クン、陛下のお言葉、ちゃんと聞いてるよね!?アンタ、むやみやたらと戦争をやろうとしてない?「資源の無い国」は、今も昔も長期戦は無理です。そして、戦争にも相手が居ます。相手は、日本の長短を当然分かっていますから、長い戦に持ち込まれたら、勝ち目はありませんよ。自民党は、鳥の目、虫の目、魚の目で国政を動かさないといけません。さもなければ、高ころびに、あおのけに転ばれ候ずると見え申候。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR