FC2ブログ

♪ 浅草キッド ♪

毎日続く鬱陶しい雨同様、右を向いても左を見ても、向っ腹の立つ事ばかりでありまして、ええいもう、暫しの間、愚痴にお付き合い下さいませm(__)m。先ずは奈良市のごみ処理施設での犯罪なんですが、此処の木端役人どもがやってくれました。其処の職員達が、施設のアルミ缶などの大量の資源ごみを盗んで売却、逮捕されたんですね。其の捜査中に分かったんですが、ごみ処理施設の立体駐車場内に、大層立派なトレーニング室を勝手に作っていたんですって。其れもね、僕、映像を見ましたけれど、各種トレーニング機器が揃い、ダンベルにバーベルもあり、エアコンも完備していました。ごみとは言え、市の資産を盗んで売却益を得た上、市の敷地内に無許可でトレーニングルームを造るなぞ言語道断、何処から突っ込んでいいか分からないでしょ!「市の敷地を勝手に使い、大変申し訳ありませんでした。又、市の資産を盗んでごめんなさい。」と、先ず謝るべきでしょう。「10年前に自費で建てた。勤務時間外に使用している。」ってねえ、論理のすり替えは止めなさいっての!僕、常々思うんですが、年度末になると、そこら辺でしょっちゅう、道路を掘り返しているじゃありませんか。あれ、予算を使い切る為だけの工事でしょ。予算が余ったのであれば、納税者、即ち僕らに返しなさい!大体ね、昨日の世論調査に依れば、日本の全世帯の6割が、「生活が苦しい」と答えていました。でもねえ、そりゃそうですよ。世界一高い税金を納めても、其れが何の生産性も無い、公務員のダンベル代に化けていては、民間が幾ら頑張ったって、此の国の経済が良くなる訳が無いですよね~。

そしてね、与野党共に右往左往している、都知事選挙ですけれど、自民党って、怖いですねえ…。小池が無理矢理出馬したり、増田という元大臣が出たり、どうやら分裂選挙に成りそうな気配ですよね。僕、小池という女性議員、其の時々の権力者にすり寄る姿勢が堪らなく醜くて、嫌悪感しか覚えません。そしてね、今回の出馬に関しても、組織のルールを無視したやり方でして、上司や同僚の許可を得ずして勝手に記者会見を開き、「都知事選に出ます。都議会は解散します。」では、ただ見境無く喧嘩を売っているのと同じでありましょう。師匠の小泉元総理のやり方を真似たんでしょうが、仏作って魂入れず、小池サンの大博打、大失敗に終わるんじゃないかしらん…。其の点、小泉サンはやり方が巧妙でしたよ。敵対する派閥を壊そうとしながらも、其の中の実力者とは手を結んでいたりして、所謂腹芸に寝技も絡ませ、政敵を倒して行きましたもんね。小泉サンは、トムとジェリーじゃありませんが、♪仲良く喧嘩しな♪、という風情でしたが、どうも小池サンは、其の表面しか見てなかった様に感じました。どうせ喧嘩をするならば、必死に考え抜き、味方を増やし敵を減らし、なるべく有利に事を運ぶべく、根回しも必要と思うんですがねえ。さて、自民党が怖い、という事に話を戻しましょう。其の小池サンが余程許せなかったんでしょう、党関係者に文書を配布したんですって。其の中に、各議員(親族を含む)が、小池応援に廻った際には除名の対照となる、と明記していた由でした。自民党が、小池サンの傍若無人で慇懃無礼な態度に怒るのも尤です。でもね、処罰対象に親戚まで入れるって、江戸時代の五人組や踏み絵じゃないんですから、幾ら何でもやり過ぎですし、其処まで縛り付けるとは、余りに前近代的で、怖くありませんか?先日の選挙でも大勝した、天下の大与党じゃありませんか、もっと堂々としなさいよ。

閑話休題、僕、上記の件以外にも腹に据えかねる事があり、苛々しっ放しなんですよ…。でも、まァ、私事はさておき、こういう時は楽しい事を考えるのが一番ですよね。先程、新聞を読んでいましたら、ビールの売り上げが落ちる一方でして、とうとうハイボールに抜かれてしまったとか。僕、お酒や煙草を呑み始めたのは16、7歳の頃なんですが、当時の学校の先生方、ごめんなさいね~♡、其れは兎も角、当時はチューハイやビールの方が余程人気があった様に思います。ハイボールとかウヰスキーになりますと、何だかオジサンのイメージがありましたし、一昔前の飲み物、そう感じていました。其れがまァ、サントリーの宣伝上手もあったのでしょうが、ハイボールの大復活には吃驚です。僕、初めてハイボールを呑んだのは、母と一緒に行ったタイでした。16歳でしたか、そんな年からお酒を覚えて申し訳ありませんが、灼熱のパタヤ・ビーチも何時しか日が落ちた夕暮れ時、程近いバーで呑んだ、レモンたっぷりで濃い目のハイボール、乾いた喉が鳴るぐらい、大層旨かったなァ。其の1年半後に母が急逝した事もあり、忘れられない味となりました。日本ならばそうですねえ、やっぱり東京の下町で呑むハイボールは美味しいです。神楽坂や元麻布、赤坂や銀座も洒落ていて決して悪く無いんですが、下町ハイボール、という飲み物もあるぐらいですからね、やっぱり浅草でしょう。一番の観光地である仲見世を抜け、左手に入れば、其処が六区、日本最古の歓楽街の1つであります。何をしても安価ですし、人々には活気があり、お笑いに賭博に劇場に映画館、1世紀を優に超す歴史がありますからね、猥雑なんですが品があるというのかな、昭和の雰囲気が色濃く漂い、ひとしきり散策した後には、昼前から開いている神谷バーで、ハイボールと煮込みとコロッケを食すと。う~ん、何とも言えず結構でして、ハイボールお代り!さて、浅草には著名人、とりわけ文人が足繁く通ったというのが分かる気がしますし、下町ならではの、人と人の絶妙な距離感が良いんですよね。ほら、例えば大阪のお笑いですと、首根っこをひっつかんでも笑わす、という処があり、其のガッツは長所でもあるんですが、どうにも田舎臭さは否めません。関東の芸人さんですと、江戸前と言うのかな、シャイネス、含羞があり、押しつけがましくないんですよね。僕、お笑いは上方も結構ですけれど、関東風を断然好みます。

さて僕、亡父も彼の地を大層好んでいた所為なのか、山の手よりも下町、即ち、上野浅草をこよなく愛しています。一般的には、風神が 雷門に 居候、浅草寺にスカイツリーに人力車、隅田川に仲見世に三社祭、浅草演芸ホールに花やしきに屋形船、ここら辺が馴染み深いでしょう。でもねでもね、実はね、何を食べても美味しい、グルメ・タウンでもあるんです。やっぱり庶民の街ですからね、気取って敷居が高い処はちっとも流行ず、すき焼にお蕎麦に天丼、洋食に和菓子に鰻、そういったお店ばかりです。

すき焼の御三家ならば、ちんやに米久に今半。お蕎麦は並木藪蕎麦、尾張屋本店、翁。天丼ならば、一番人気の大黒屋でしょ、ボリュームの天健に、日本最古の天婦羅屋と言われる三定かなァ。洋食は、TVですっかり有名になったヨシカミ、文豪永井荷風が踊り子達を連れて日参したアリゾナキッチン、そしてフジキッチンのビーフ・シチューでしょうか。和菓子ならば、文豪永井荷風が芸者衆を連れて日参した、豆かんが美味しい梅むら。って、荷風先生、道楽が過ぎますよ!安政元年創業、栗ぜんざい発祥の店である梅園。きんつばの徳太樓。どら焼きの亀十。人形焼の木村屋本店。僕、左党でして、甘い物はそう食べないんですが、亡母がスイーツに目が無く、渋々ご相伴に預かり、自然と和菓子のお店を覚えてしまいました。そうそう、デパートの松屋に、羊羹のとらや直営の甘味処もあった気がします。鰻は、清代川、色川、前川と、川繋がりですが、何れ劣らぬ創業200年を超す老舗揃いなんです。皆様が何処に行かれても、僕、自信を持ってお勧めします!ただね、どのお店も大変な人気店でして、行かれる際は、少々早めに到着するのが良いかもしれませんね。

さて、最後にお勧めしますのが、万人向けではありませんが、僕の浅草散策オリジナル・コースです。先ずはやっぱり、雷門を抜けて仲見世を冷やかし、六区に抜けて、演芸場で漫才や落語を満喫すると。そして、♪お前と逢った仲見世の 煮込みしかない くじら屋で♪、ビートたけしの名曲の舞台となった居酒屋、捕鯨船でハイボールから始めましょう。牛煮込みと鯨の刺身を軽く食べ、暫し歩いて浅草サンボアへ。此処はバーなのですけれど、勿論葉巻もOK、名物イベリコ豚のチョリソにアンチョビ入りのポテトサラダを食べ、きちんと冷凍庫で冷やしたタンカレーのジンの、エクストラ・ドライ・マティーニかなあ…。そして尾張屋で、おろし蕎麦に冷えた樽酒で〆、うう~ん、こりゃ最高でありましょう!

よおし僕、来月末は都内の出張がありますし、仕事は勿論全力でやりますが、アフター・ファイブは研修会場から銀座線で浅草まで参りまして、ハイボールをやっつけて来ますね♡嫌な事も多いけれど、其れを楽しみに頑張ろうっと!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR