FC2ブログ

LIGHT MY FIRE

おはようございます!昨夜はえらい暑かったですね~、僕、結構寝汗をかいてしまいました。シーツを洗わなくちゃ…。さて、ここ数日間、左足の先端が何故か強く痛み、足裏の一部が黒ずむ様になりました。勿論シャワーで洗い流し、綺麗にはなるのですが、翌朝には又黒くなってるんですよね。この痛みと黒ずみは何だろう、僕、お酒も煙草も嗜むし、もしかして痛風とか悪い病気かなあ??なんて、一人悩んでいましたら、原因が発覚しました。僕、随分前に犬の散歩用としてクロックスを購入、愛用していたのですが、何と靴底に穴が空いてました…。足の痛みは地面を直接踏んでいたからでしょうし、黒ずみは地べたの汚れだったんですね…、ずっと裸足で歩いてたんじゃん、きったねえ~!今朝は、丹念に丁寧に執拗に足を洗った事は言うまでもありません。お陰でピィカピカで~す。

さて、当院は医療機能評価、なる認定書を貰っています。全国に9000弱の病院があるのですが、そのうち3000弱しか認定されていません。厚労省の外郭団体が認めるものなんですが、病院にまつわるあらゆる業務--診察面看護面は勿論の事、経営や設備、福利厚生に接遇に院内研修と全てを網羅しています--を580項目に細分化し、チェックし判断し、全てがクリア出来れば認定される、という中々ハードルの高いもので、一定以上の医療の質は確保している優良病院ですよ、という証明なんです。

この認定書は僕達の誇りでもあるのですが、大変なのは、院内の敷地は全面禁煙なんですよね。僕、ヘビースモーカーという訳ではありませんが、悪癖と分かっていながら紫煙を燻らすのも人生の楽しみの1つですから、日中は苦しい時もあります。それでも、暑い盛りに一所懸命仕事を頑張って、冷えた麦酒を飲みながらの一服は中々止められません(^^)。煙草は銘柄によって勿論異なりますが、味を左右する大事な小道具があります。それはライターなんですね。

父も喫煙者でしたから、僕の生家には沢山のライターがありました。高級品ならば、フランスのデュポンにカルティエにジバンシィ、イギリスのダンヒルといった所。これらは、着火した時や蓋を閉める際の音色は素晴らしいんですが、やや重量感があり、実用性という点でどうでしょうか。軍隊用に開発されたオイルライターの定番と言えば、耐久性と耐風性と頑強さが特徴のアメリカ軍のジッポ、アートっぽくどことなくトラッドなイギリス軍はロンソン、質実剛健なドイツ軍のイムコ。僕、使い捨てライターでは、フランスのBICを愛用していました。飽きのこないシンプルかつシックなデザインを、僕、こよなく愛し、今でもポケットの中にあります。変わり種では、女性のバストの部分から着火したり、大砲型だったり、拳銃型で銃口から火が出たり、卓上の重い物だったり、火縄付きのものだったり、炎が横向きに出るパイプ用だったり…。

当院の事務部長は、随分年期の入った金のジッポを愛用していて中々風情がありますが、僕、その手のもので最も好むのは、やはりドイツのイムコのライターなんです。細身で掌に入り、風にも弱くなく、取り扱いも楽、安価、分解も簡単、そして何よりも機能美と言いましょうか、無骨ながら美しいんですよね~。かって数年愛用していたのですが、何処かの飲み屋に忘れてしまいました…、グッスン…。さてイムコは、オイルライターしては最古の歴史を持ち、現在のデザインも1907年の創業当時のままです。ブルゴーニュの赤と子羊を食した後、イムコのライターで、フランスのジタンかゴロワーズに火を付け、強いアブサンなんぞを飲みますと、フランスを占領し進駐しているドイツ軍将校の気分です(^^)。♪COME ON BABY,LIGHT MY FIRE,TRY TO SET THE NIGHT ON FIRE♪なんて鼻歌も出る気分ですね(^^)。

煙草に点火するもの、それはライターだけではありません。故伊丹十三の名エッセイ「女たちよ!」で紹介されたものなんですが、因みにこの人、僕の選ぶ日本人エッセイストベスト5に入っていますが、それはさておき、世界一のマッチがあるそうなんですね。それは、ベン・ライン、というイギリスからアジアを結ぶ航路の船で使われているマッチだそうです。匂いが全く無くマッチの頭が決して落ちない、というのがその理由の由、是非試してみたいものです。

世界一のマッチ大国と言えば、洗練された家具と福祉先進国で知られたスウェーデンでして、唯一マッチ博物館がある事でも知られていますが、現地でオーロラや白夜を堪能し、世界遺産のビルカとホーヴゴーデンで、古のバイキングに思いを馳せ、ビュッフェスタイルの元祖、スモーガスボードをつまみながら、アクアビッド(北欧の焼酎です)を呷り、食後は勿論北欧名物の嗅ぎ煙草(SNUFF、という着火せずに薫りを楽しむ煙草です。ムーミンのスナフキンの名前の由来はこれから来ています。)を一服、これはきっと忘れられない味になる事でしょう。

今日は何だか話があちこちに飛び火しちゃいましたが、お題がライターやマッチだけに、仕方無い事かもしれません(^^)。おあとがよろしいようで…。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR