FC2ブログ

☨ goodfellas ☨

昨夜は僕、すっかり熟睡、快眠だったんですが、明け方ですか、耳元で羽音がしまして、蚊ですよ蚊…・。あ~、もう折角気持ち良く寝てたのに、憎らしい奴…、そして又眠りに付くんですが、そうしましたら耳元でプーンと来るんですよね。僕を怒らせたな、と明け方の4時前ですか、ラケット型の蚊取り器を振り回しまして、何とか退治したのは良いんですが、奮闘した所為か、目が冴えきってしまいまして、ええもう仕方無い、起きてしまいましたよ。お蔭で今、眠くて眠くて、珈琲片手に目をこすりこすり、拙ブログを更新している次第であります。

さてさて、イチローやりましたねえ!ピート・ローズを抜いての日米通算4257安打、こりゃもう前人未到、不滅の大記録である事は間違いありません。遠くアメリカに向かい、スタンディング・オベーションと最敬礼をせなばなりませんね。兎に角イチロー選手、本当におめでとう!彼は、近年の日本が産んだ最高のアスリートの1人であり、何より素晴らしいのは、無事此れ名馬、ちっとも怪我をしないんですよね~。余程の節制と精進と準備を積んだからこそでしょうが、もうね、此処まで来たら、50歳までプレイして、5000本以上打っちゃって下さ~い。さて、此の偉業の凄さは、書くまでも無い事なんですが、米国内の反応は真っ二つでありまして、僕、とても興味を覚えました。「あくまで日米通算であり、メジャー・リーグの記録では無い」とネガティブな人も居ますし、「確かに参考記録だが、両国で抜群の実績を残した事を評価し、褒め讃えるべきだ」というポジティブな方もいらっしゃいます。僕、断然後者の意見に賛成ですねえ。世界のホームラン王、王さんのコメントを読んで下さいよ。「42歳にして今なお、更なる高みを目指し突き進むイチロー君の姿は、私を含め世界の野球ファンを魅了するものであり、その闘志溢れるプレーは、称賛に値します。」ですって。王ちゃん、流石ですし、僕、全面的に肯定します!

1つの事象に対し、相反する意見が対立する、まァ良くある話ではあるんですが、中国の夜郎自大ぶり、エスカレートする一方ですよねえ。つい先日、中国海軍の軍艦が、日本の沖縄や鹿児島で領海侵犯した事は記憶に新しい処です。韓国・インドネシア・フィリピン・アルゼンチンでも、中国漁船が違法操業を繰り返していまして、国際問題となっています。また、インド国内に中国陸軍が侵入した由、何故か続報を見ないんですが、此の領土欲と言うのかな、唯我独尊ぶりには辟易します。ところで、インドとパキスタンは隣国なんですが犬猿の仲なんですよね。其処に附け込み、中国はパキスタンに一方的に肩入れしまして、大量の武器を供与している訳でして、一戦やらかす気は満々の様に思えます。

欧州に目をやれば、EUという枠組みは崩壊寸前ですもんねえ。来週23日には、イングランドはEUから離脱するや否や、という国民投票が行われます。残留派と離脱派の対立は激化する一方、昨日イングランドの国会議員が射殺されるぐらいでして、相当シリアスなのっぴきならない状況、そう感じます。此れね~、英国だけじゃないんですよね。スペインで、フランスで、ドイツで、極右や極左が台頭しつつありまして、此れ、イスラム系移民の扱いも大きく関わっているのでしょう。EU、其れは、経済面でも軍事面でも法的にも、1つの欧州というロマン溢れる夢だった筈です。そして2002年、ユーロという通貨が実際に欧州全域で使われる様になったのに、僅か十数年で分裂解体の危機にあります。

ドイツを例に取りましょう。去年1年間で、ドイツで110万人が難民申請をしました。経済や宗教、イスラム国の問題等々で、母国を棄て、ドイツを目指したんですね。夢と希望のプロミスト・ランドだった筈なんですが、難民絡みの犯罪が年間で1000件を優に超していまして、1日3件の事件が起きている計算です。僕、YOU TUBEでも現地の映像を確認しましたけれど、難民の宿舎周辺は危険な雰囲気が漂っていまして、将に一触即発なんですよ。僕が見ましたのは、ドイツ中部のヘッセン州、此処、グリム兄弟生誕の地ですが、其処で難民同士が衝突、アルバニア人とパキスタン人の大乱闘でして、500人近くが大暴れしていました。ドイツ国内で、東欧系とインド系住民の大抗争だなんて、もう何だか訳が分りませんよねえ…。そうそう、モロッコですから北アフリカの難民達が、巨大な宿舎に自ら放火、全焼してましたもんね…。移民側からすれば、文化も慣習も、食べ物も宗教も大きく異なり、言葉は分からない、街を歩けば敵意に晒され、お金も無い、仕事も無い、そりゃねえ、フラストレーションも相当でしょうし、一暴れしたくなる気持ちも、分からんではありません。

僕、青臭いと言われるかもしれませんが、一旦受け入れた以上、忍耐と寛容しか無い様に思うんです。此れだけ世界はグローバルになった訳で、此処大分の田舎街だって、僕が幼い頃に較べれば、随分と外人さんが増えましたよ。中国にせよイングランドにせよ欧州全域にせよ、異なる価値観を受け入れる必要があるんじゃないかなァ。

個人的な話で恐縮ですが、僕、他所の病院ですが、24歳で事務長をさせられました。他に人が居ない所為もありましたが、将に青天の霹靂、暗中模索と試行錯誤を続けながら、倒けつ転びつ、十数年やって来ました。そして、当院に移りまして、理事長となり、現在に至るんですが、若かりし頃とは、考えに随分と変化が生じた様に思います。20代半ばの血気盛んな頃は、病院という1つの組織に居る以上、鉄の規律で一致団結、其れこそが組織存続に必須な事だ、そう思っていました。でもね、30代の始めの頃には既に、今とほぼ同じ考え方となったんですが、全員を規律で縛るだなんてとても無理と感じました。成育歴も経歴も異なる集団において、価値観やモチベーションが均一に保てる筈がありませんよね。ならば、社会人として必要最低限な常識は勿論必要ですし、組織の最終目標は皆同じですが、夫々の個性を活かし、明るく楽しい職場を造るべき、そう思ったんです。僕、一度考え出すと、得心するまで執拗に調べるタイプですから、ありとあらゆる組織について、相当勉強しました。するとね、1つの法則性があったんですよ!拙ブログの読者だけにこっそり教えますが、伸びる組織は、生え抜きとか、純潔に拘りません。勿論、成功した会社には、自社で育てた人材も沢山居ますけれど、他業種から来た変人や、ユニークな経歴の持ち主や、異なる価値観の人の意見を大事にするんですよね。反対の為の反対、或いは総論賛成各論反対なぞは以ての外ですが、異分子や変わった意見を決して排除しない、という考え方です。

例えば狼の集団です。狼って、基本的に血縁関係で群れを作るんですね。でも、他の群れから来た狼が混じるケースもありまして、此れ、どうやらヘッドハントされている、という説が有力なんですって。鹿狩りが上手いとか、小動物の巣の場所を沢山知っている等々、何らかの長所があるのでしょう、其の群れの有力メンバーとして歓迎されるとか。そしてね、僕、映画「ゴッドファーザー」の大ファンでして、部下のクレメンザにテシオにルカにネリ、相談役のトム、長男のソニーに次男のフレド、敵対するソロッツォにバルジーニにタッタリア、全部空で言えるぐらいなんですが、マフィアの組織もね、余りに排他的なファミリーは衰退して行くんですよね。例えば、カモッラという組織ですけれど、此処は、ナポリを根拠地としています。只ね、ナポリ出身でなければ信用しないという事なんでしょう、出世出来ず重用されないんですよ。となりますと、他の街出身の者は入りませんし、ナポリ出身者の中でも派閥が出来、内部抗争を繰り返し、衰退して行ったんですね。

あ、安心して下さい、僕、純然たる堅気、ちゃんとした社会人ですからね~。兎に角、強い組織には、異分子を許容出来る器の大きさがある、という結論でございました。当院も、以前よりは随分様々な人材が揃って来ましたけれど、まだまだです。でもね、上手く行けば、今年の当院は、海外からのゲストを受け入れる事になるかもしれません。僕、寛容と忍耐で頑張ります!

さて、週末は天気は下り坂ですが、皆様、行楽の際は、熱中症にどうぞお気を付け下さいね。素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませ。其れでは、又来週お会いしましょう(^_^)/~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR