FC2ブログ

社長紳士録

梅雨憂しと 髪ばつさりと 切り落し、其れにしても毎年毎年、此の時期によくまあ飽きもせず沢山降りますねえ。洗濯物は生乾き、愛犬の散歩に行けば靴はしとどに濡れ、商用で外に出れば何時の間にやらYシャツの袖がびしょびしょだったりして、う~ん、僕もう、此の季節、どうしても好きになれません!今朝もね、当初の天気予報では晴れだったのに、朝顔や したたかぬれし 通り雨、結局は傘の出番となりまして、参りました~。しかし此の傘、亡父の形見でした、イングランドのスウェイン・アドニー・ブリッグだったかな、超老舗メーカーの逸品が何故か生家にありまして、使わないのも何ですし、僕、折角ですから雨の日に差して、お出掛けしたんですよ。そうしましたら、お天気が回復した所為もあり、何処かに置き忘れたのでしょう、其の日のうちにいきなり失くしまして行方不明、ありゃあ申し訳無い事をしました、トホホ。

とまァ、愚痴ばかりなのですけれど、其れにしても、福島の原発、何時放射能漏れが終わるんでしょうか…。先日、アメリカの原子力の専門家が来日、除染された地域を調べたそうなんですが、かってよりも放射能の濃度が上がっているんですって。其れって、「福島はアンダーコントロールされている」なぞ真っ赤な嘘、未だに放射能がだだ漏れ、という事じゃありませんか。其のアメリカの先生曰く、「私に子供が居たら、絶対に此処には住ませません」ですって…。また、福島の子供達の甲状腺癌も131人を数えます。そして、癌の疑いがある子は170人を超えています。子供の甲状腺癌って、100万人に1人しか出ない確率なんですよね。其れなのに、政府は、「因果関係は認められない」と何とかの1つ覚えであります。政府の言い分を信じれば、癌を発症した子供達が170人って、えーとえーと、福島には1億7000万のお子さんが居る計算になる訳です。テメエこの野郎馬鹿野郎、そんな筈があるかよ、東電やマスコミや政府や官僚の責任じゃねえか、同じ処を1000回殴るぞ!!どうもね、政府のやり口を見ていますと、放射能を止めるなぞ全く考えておらず、東北の復興も全く興味が無いのでしょう。ですから、地震が頻発する九州で、鹿児島の原発を動かし続ける筈ですよ。なんで皆さん、自民党を支持してるの!?僕、分からないなあ。

もう僕、マスゾエやアベの面を見るだけでチャンネルを変えるんですが、先ずは都知事です。政治資金で「クレヨンしんちゃん」の漫画を買っていた由、ネズミ男曰く、「此の作品の言葉遣いがどれだけ悪いか知りたかった」そうなんですね。あのねえ、そりゃテメエの薄汚いガキに買ってやったんでしょ!?其れを調べた元検察官の弁護士も「違法では無い」、そして追求出来ないマスコミ、いい大人が揃いも揃って、馬鹿と阿呆と間抜けの三役揃い踏み、もうねえ、出来の悪いコントはいい加減にして下さいよ、頼むから。あとね、漫画なんて数百円じゃありませんか。其れぐらい、自分の金で買いなさいよ。其れにしてもセコ過ぎる男だねえ、だから禿げるんじゃないの。何だったら500円やろうか、大分まで取りにいらっしゃい。小沢さんの時は、連日憑りつかれた様に追求したのに、甘利やマスゾエには甘いんですよねえ。そして、我らが偉大なる総理大臣様ですが、彼の卒業した成蹊大学の恩師2人が、こう仰っています。加藤節名誉教授は、「安倍総理は無知である事を恥じていない。」。そして、宇野重昭名誉教授は、「自己を見つめ直し反省して欲しい。もっと勉強して欲しい。」と涙ながらに訴えたそうでして、ハァ~。僕、思わず深い溜息が出ますし、自分が恩師の先生からこんな事を言われたら、とりあえず頭を丸めて護摩行で修業し直しますよ。そしてね、僕、昨夕、TVニュースを見ましたら、自民党の谷垣幹事長が街頭演説をやってまして、こう言ってました。「何故個人消費が伸びないのか、総理は悩んでいる。此の問題を解決しなくては。」なんて寝言言ってたんですが、あのさあ、そりゃアンタらが税金をどんどん増やした上に、物価が上がりっ放しだからでしょ。其れすら分からないだなんて、コイツら百害あって一利無し、正真正銘の●●●●?まァ、公明党の西田実仁参院幹事長が、「年収800万以下の収入の低い方」と言ってましたが、こんなレベルの男が与党の議員なんですもんね、そりゃ日本の経済が良くなる筈がありませんやね。

朝一番からの悪口雑言の連発、読者諸賢の皆様方がお気を悪くされたら本当にごめんなさいm(__)m。さて、此処からシリアスな話になるのですけれど、此れも自民党の無為無策の所為ですが、少子高齢化がちっとも止まらないですよね。寧ろ加速しつつありまして、我が国は、此処5年間で約100万の人口が減りました。地方自治体の崩壊、公共サービスの劣化等は予想が付きましたけれど、ハハア、此れは盲点だったと気付きましたのが、昨日の日経の記事でした。「中小企業 2030年に消滅?社長の年齢、14年後80歳前後に」であります。謂われてみれば其の通り、最近の若人は、社長なぞ、リスキーな立場を嫌うでしょうし、事業に投資をするにしても、銀行は必ず個人保証を求めますから、そりゃあ一介の勤め人の方が、責任が少ないから楽ですもんね。僕、自民党や官僚のお歴々が大きく間違っていると思いますのは、日本の会社の殆どって、一部上場の大企業では無く、中小企業なんですよ。日本の会社の99㌫、そして我が国の就業人口、即ち働いている人の7割は、中小企業であります。ならば、中小企業を大事にする施策を取るべき、僕、そう思うなあ。

そして、後継者の問題ですけれど、例えば当院にしたって、僕は今年49歳でして、何れは必ずリタイアする時が来ます。其れは何年後か十数年後かは皆目分かりませんけれど、「財を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上」、僕、そうありたいと常に思っています。優れた人材を沢山残して辞めたい、常々そう願っていまして、日々其れに取り組んでいる心算です。でもね、日暮れて道遠し、中々思う様には行きませんよね。例えば医療機器メーカーで、当院とは少々ご縁のあるオムロンさんなぞ、次期社長を選ぶ際には、社外取締役が中心となり、10年の月日を掛けて慎重に選定するとか。又、次期幹部にしたって、最初は誰でも新入社員な訳で、採用面接にも、各社様々な工夫をされているんですよね。履歴書を送る際にお金を取る企業。麻雀大会を開き上位10人は最終面接に進める会社。社長自ら合宿を開催、其処で学生の資質を見極めるベンチャー企業。成程なァと感心しますけれど、僕が思いますのは温故知新、「島津に暗君なし」と賞された鹿児島の殿様の一家のやり方です。平安の昔から明治の初めまで、何と700年の長きに渡り、終始一貫して鹿児島の地を治め続けたのが此の島津氏でして、僕、其の秘密は何処にあるのか、ずっと考え続けて来ました。

最近、漸く其の答えの1つが見えた気がするんですよ。其れはね、鹿児島にある古来からの良港、坊津であります。此の坊津、飛鳥時代の遥か昔から栄えていたそうでして、リアス式海岸に囲まれた守り易く攻め難い地形であり、中国から沖縄経由で、此の坊津に着いたそうなんですね。遣唐使や商船が頻繁に行き来し、彼の鑑真和尚が上陸し、室町期には中国や沖縄や東南アジアとの貿易のメッカでした。戦国期にはフランシスコ・ザビエルが此の地に入港、江戸期には島津氏の密貿易の秘密基地となったんですね。さてさて、ざっと記しただけですが、坊津の港は、幕末期の長崎にも似て、海外からの新鮮な情報が常に入っていた地、と言えましょう。となりますと、歴代の島津の殿様は自然と国際感覚が身に付いたでしょう。そして、海外からの珍奇な文物を目の当たりにして、好奇心旺盛になったでしょう。日本で初めて戦に鉄砲が使われたのは鹿児島の地なのですけれど、先の仮説の証左と言えるんじゃないかなァ。島津家が生んだ最高の殿様である島津斉彬公、幕末期の人ですが、オランダ語も中国語も出来、日本で初めてカメラ撮影に成功、薩摩切子を開発、蒸気船にガス灯、武器や紡績まで手掛けまして、アジア初の近代工場を鹿児島の地に造り上げました。何だか僕、現在の総理よりも、斉彬公に此の国をお任せしたいですよ…。

さて、後継者育成にせよ、新人採用にせよ、成功の鍵の1つに、外からの刺激を取り入れ常に好奇心旺盛、というのは必須の条件と思います。当院は、大分県下の多くの学生さんを受け入れていまして、毎年の中学生の職場体験なんて、もう10年を超すと思います。看護学生や商業高校、一般科の高校に専門学校、そして他病院や大学の先生方との交流等々、常に千客万来、諸手を挙げて大歓迎なんですよ。先の坊津の港程のスケールはありませんけれど、継続は力也、何時に日にか必ず、大きな成果が出ると思っています。そして、今年こそ、当院スタッフの、国内外の大規模な研修を実現させなくては!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR