FC2ブログ

茜色の空

読者の皆様、おはようございます!今朝の大分は、「春雨じゃ、濡れて参ろう」、というよりは、結構な大雨なんですよ。大分もね、湯布院や別府では、かなりの地震の被害が出ていますし、熊本は言わずもがな、どうか此れ以上の惨事となりません様に…。

さてさて、週刊文春、独り勝ちの感がありまして、毎週の様にスクープを連発、破竹の勢いですねえ。其の文春の記事に依れば、舛添都知事が、都の公用車を使って、ほぼ毎週、ご自身の別荘まで行き来されている由、其れが年間400万にもなるそうでして、まァそりゃそうですよね。新宿の都庁から湯河原温泉までって、車で2時間は優に掛かりますもん。おまけに此の舛添、年間の海外出張費って、何と3億5000万にもなるそうで、もうちょっと信じられませんねえ…。此れは下種の勘繰りかもしれませんが、一事が万事でありまして、交通費や海外出張費で此れだけ浪費しているのならば、色々な名目を付けて、自分の給与に勝手に手当を付けているでしょう。そして、接待交際費から何から、大盤振る舞いの乱痴気騒ぎでしょうねえ…。昔の出来事ですけれど、かって、官官接待という言葉がありまして、読んで字の如し、官僚同士で接待をし合う事なんですが、僕達の血税をと腹が立って仕方がありませんが、こいつら、書くのもおぞましい、ノーパンしゃぶしゃぶとか行ってましたもんね。一朝一夕には、其の体質って変わらないでしょうから、手を変え品を変え、同様の事は未だにある、僕、そう思えてなりません。

三菱自動車も、目を覆うモラル・ハザードですよね。燃費に関する様々なデータの改竄を、何と25年前から行っていた由でして、其れもねえ、数百万台規模になるってんですから、開いた口が塞がりません。此れはもう、企業人として社会人として、明らかな詐欺行為ですから、幾ら天下の三菱と雖も、1度潰した方が良いのかもしれませんね…。

検察庁も同様です。証拠品として預かっていた300万を、そのまま持って帰って自分の物にした事務官が居たそうです。無論、直ぐにバレて逮捕されたそうですが、アンタねえ、こりゃ窃盗、只の泥棒でしょ!検察庁に泥棒が勤務していただなんて、出来の悪いブラック・ジョーク、ちっとも笑えません。尤も、以前の拙ブログで再三再四触れましたけれど、検察と謂えば、取調べ中の暴力行為は頻発、厚労省の村木さんから小沢さんから、冤罪と不祥事の際限の無いループばかりでありまして、法の番人と威張っていながら、自ら其れを破る、悪人どもの巣窟でありましょう。

そして、日銀も、最早常軌を逸しているとしか思えません。日銀と謂えば、日本円を刷る事が出来る唯一の銀行であります。日本の銀行の総元締めと言えましょう。黒田と言う総裁になってからは、松本清張の小説じゃありませんが、「わるいやつら」が「黒い樹海」の「けものみち」を、ひた走る感があります。だってね、日銀が日本国債を買うなぞ平気の平左、おまけにね、日本株までどんどん買い続けているじゃありませんか。もう、200企業の大株主でありまして、えーとね、何処からツッコんでいいか分からないぐらいです。先に触れましたが、日本銀行は、日本円を幾らでも刷れる訳です。謂わば打出の小槌を持っている様なもの、♪ポケットの中にはビスケットが1つ ポケットを叩けばビスケットが2つ♪、此れが出来るのが日銀なんですね。でもね、此れを際限無くやっている国なんて前代未聞、僕、寡聞にして知りません。しかも、自分でお金を刷って、自分の国の国債や株を買うだなんて、こども銀行のレベル、蛸が自分の脚を食べている状態でしょう。おまけに、此の状態が続けば、来年末には、多くの企業の筆頭株主が、日本銀行になるそうでして、もうねえ、こりゃあ共産主義国家ですよ!!

舛添都知事、三菱自動車のお偉いさん、検察の検事さん、日銀の皆さん、夫々東大を優秀な成績で出られていると思います。世間的には、さぞ優秀な方々、と思われるかもしれません。でも僕の解釈は、ちょっと違うなァ。上記の連中、揃いも揃って朴念仁の唐変木の野暮天、そして、大馬鹿者と思います!そして僕、個人的にも東大出身の人を何人か知ってますが、ちっとも大した奴らじゃありませんよ~。僕の出た大学より偏差値は大層高いですけれど、彼らは寧ろ軽蔑の対象ですもん。第一ね、幾ら成績が良くたって、此の連中、品がありませんや。下種でけちん坊で人様の気持ちが何も分からない輩でしょ。大体ね、政治や経済や経営に法律に携わる仕事をしていて、人様の気持ちを察する事が出来ないなぞ、致命傷でしょう。酸いも甘いも噛み分けた苦労人、そしして優しさを持つ人こそが相応しいんじゃないかなあ。

そしてね、つくづく思いますのが、僕、此の年齢の割には、人様に多く会っている方なんですよ。前職の頃から採用面接を担当してましたから、新卒や中途を含め、かれこれ二千人ぐらいは見ていると思います。そしてね、以前は、一般科病院で10数年、事務長をやっていましたから、ありとあらゆる職種の方と会うんですよ。患者様やそのご家族は勿論の事、ドクターに看護師さんを筆頭とする、多職種の医療関係者、そうそう、薬屋さんもそうですね。事務長と言えば聞こえは良いですが、小さい病院だと、何でも屋さんなんですよね。よって、弁護士に税理士、社労士に人材派遣業、銀行に建築会社、食品やリネン、旅行代理店に医療機器メーカー等々、まァ色んな業界の方と会うんです。其処で痛感しましたのが、あ~、仕事の出来る出来ないって、学歴って何の関係も無いんだな~、という事でした。寧ろね、大卒よりも高卒の人の方が、そして男性より女性の方が、往々にして仕事が出来る気がしてなりません。大卒の人って、其れに胡坐を掻いてしまって、社会人になってから、ちっとも勉強しない気がします。あ、誤解しないで欲しいのですけれど、ドクターや看護師さん等の、医療関係者は、受験資格を得る為に、夫々の学校を選びますから、また別の話ですよ。しかしねえ、何の苦労もなくのうのうと育ち、知識は極々狭い範囲のみだけで、他職種にちっとも敬意も払わず、医師でも薬剤師でも無いのに先生と呼ばれ、無礼極まりない態度を連発、注意をすれば黙殺、そりゃあ社会常識に大きく欠けた物の怪になりますよね!?コイツ、夜中に首が伸びたり、或いは油でも舐めてるんじゃないかしら!?我慢して言わないだけで、皆は心底辟易してますよって、おっと、此れはまた別の職種のお話でした、失礼。

さて、先の舛添の様に、品の無い下劣な政治家も居ますが、僕、此の人を境に、総理の質や品格が下がる一方と思うんです。其の人は、大平総理でありまして、僕、実は前々から注目していて、彼に関する本を数冊読破しました。

大平総理は香川の産、極貧の農家の三男坊に生まれました。幼い頃に大病を患い、生死の境を彷徨った所為か、敬虔なクリスチャンとしても有名でした。貧しさ故に、高校を出て直ぐに就職、其れでも学問をしたいと、23歳になってからの一橋大学入学となります。恐れ多くも、僕も大平総理と同じく、社会人を経験してからの大学生活でした。一度社会に出ていますから、向学心は旺盛ですし、或る程度は社会を知ってますからね、教授の仰る事も割と理解出来るんですよ。僕、大学時代と院生の時が、人生で最も勉強したんじゃないかなあ。さて、大平総理も同じだった様でして、ありとあらゆる教科を履修したそうです。卒業後は大蔵省に入るのですが、入省の翌年に横浜税務署長に任命されていますから、余程出来が良かったんでしょう。齢40を過ぎて政治家に転身、めきめきと頭角を現し、総理の座に就くんですね。僕、何より大平総理を尊敬しますのは、先ずは其の勉強量です。猛烈な読書家として知られ、其の蔵書は1万冊はあったとか。政治家になってからも、暮夜秘かに其れだけの研鑽を惜しまなかったんですね。そしてね、クリスチャンだった所為かは分かりませんけれど、大変にモラルを重んじた方でした。と申しますのも、三木総理の時に、日本は初めて赤字国債を発行したんですね。其の担当者が大平さんでして、でも、実は其の額は、僅か5兆円程度でした。大平首相は其れを非常に悔み、「孫子の代に決して借金を残してはならない」と、其れが心労の1つとなり、亡くなられたんですね。大平総理は、其の5兆の借金を、日本国民に申し訳無いと言いつつ亡くなられましたけれど、最近の総理の連中なんて、蛙の面に何とやら、赤字国債なんて、な~んにも気にしてないでしょ。それでとうとう、日本の借金は1000兆円であります。

僕、大平総理の大好きな言葉があります。「政治とは、明日枯れる花にも水をやる事だ」ですって。此の優しさ、今日取り上げた、舛添以下の学歴馬鹿どもに、果たして意味が分かるかしらん…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR