FC2ブログ

♪ sometimes it snows in april ♪ 

春の雲 溶けて流れて 結ばれて、いよいよ今日から卯月、新年度であり新学期、此処大分は生憎の雨ですが、読者の皆様、如何お過ごしですか?僕、昨夕無事に出張先から戻りました。移動の連続で腰や太腿が痛いんですが、何とか出社した次第です。拙ブログの更新が遅れて申し訳無いんですが、先程漸く、辞令交付等々、新年度の式典が終わった処です。一息付いていたら、新たに当院の一員となった、大層真面目かつ大変優秀な男性薬剤師さんが、先程わざわざご挨拶に来られて恐縮しました。そして、管理栄養士さん、同じく男性事務員や看護師さん達、勿論女性のベテランナースも含め、昇進したばかりの皆さんとお会いし、夫々の方に名刺や辞令をお渡し出来て、僕、何だかハッピーです。何れ劣らぬ一騎当千の猛者に強者が揃い踏み、こんな素敵な紳士淑女に囲まれて、僕は本当に幸せ者ですね。新年度早々ですが、読者の皆様、地域の方々は勿論の事、当院に関係する、あらゆる全ての方々に感謝しなくては。いつも本当にありがとうございます!でも、まだ時間が早いんですが、何だか祝杯でも上げたくなりましたよ。冷凍庫でキンキンに冷えたタンカレーを使い、ベルモットもレモン・ピールもほんの僅かの、エクストラ・ドライ・マティーニ辺りかなあ…。まァそれは、夕闇迫る逢魔が時まで待つとしましょうか。

さて、本日は先ず告知から。今日4月1日をもちまして、当院内にて、相談支援事業所「しもごおり」を、開設の運びとなりました。障害者総合支援法という法律の下、ご自身のみでは安定した生活を送る事が困難な、精神障害者の方々やご家族のご相談を受け、助言や支援を行う、「相談支援事業」を行います。そして、精神障害者の方に対し、地域の様々な社会資源である、施設のご紹介を含め、多種多様なサービス利用をご提案します。それが、「サービス利用計画事業」であります。その方やご家族のニーズに合った、福祉サービスをご紹介出来る事になりました。大分市の指定を受け、「指定特定相談支援事業所」として、今日より運営を開始致します。電話番号は、097-569-6347、どうぞお気軽にご相談下さいませ。

此の事業、当院の非常に優秀なスタッフである、T係長が主体となり始めた物でして、僕、此の事務所の開設により、此れまで以上に、地域の皆様や患者様に貢献出来るのではないかと、とても嬉しく思っています。才気煥発で積極的なT君を支える、GさんとKさんも当院きっての大和撫子なんですよね。何せ当院としても初めての試みですから、選りすぐりの俊英と才媛を揃えた次第です。今後とも、末永くご利用して頂き、かつ、ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

さてさて、では仕事のお話は此れでおつもりとしましょう。出張中も、ニュースを見たりして、気になっていたのですけれど、東欧の大国ポーランドの新首相、シドゥウオ氏なんですが、かなり右寄りの政治家でありまして、どうも独裁化しつつあるとか。ポーランドは、欧州のちょうど真ん中に位置し、バルト海に面する要衝なんですね。此処が、移民を受け入れなくなりEU脱退とか言い出したら、欧州は滅茶苦茶になりますよ。其れでなくとも、スコットランド独立の火種は燻り続け、フランスでも極右政党が大躍進、ドイツのメルケル首相も来年までかと囁かれていまして、僕、ロシアのプーチン大統領が暗躍する気がしてなりません。そして、以前の拙ブログでも再三触れていますけれど、ミャンマーのアウンサンスーチー女史、案の定やっぱり銀流し、とうとう本性を現しまして、4つの大臣を兼務した上に、大統領顧問という役職を新設、自分が其の地位に就くとか。此れ、ご自身も言ってますが、「私は大統領を超える存在となる」という由でして、アンタさあ、民主化運動の旗手であり独裁化反対を強く訴え、政治家になったんじゃありませんか。其れがまるで中世の王様気取りの振る舞いでして、権力の我利我利亡者であり、とんでもない糞婆、僕、ミャンマーに再度クーデターが起きても、ちっとも不思議では無いと思います。そして、アメリカ大統領予備選も、いよいよ酣ですけれど、トランプがこのまま突っ走るんですかねえ!?僕、大丈夫かなァと疑心暗鬼、かつ野次馬根性丸出しなんですが、トランプの行く処、衝突ばかりになっているじゃありませんか。シカゴ、バージニア、ウィンスコンシン、オハイオ、アイオワ等々、トランプの会場は、喧嘩が頻発し、怒号や罵声が飛び交い、既に警察が何度も出動してますもんね。アメリカの闇の部分、所得格差や人種差別や宗教という、パンドラの箱が空いてしまったかの様な気すら致します。今や、世界的な傾向とも言える極右の台頭、此れって、本当に恐ろしい事なんです。と申しますのも、ナショナリズムと多民族の排除って、非常に親和性が高く、直ぐに結び付くんですよね。話は逸れますが、だから僕、どうもサッカーって苦手な処があるんですよ。ほら、サッカーの国際試合において、人種や国歌や国家を揶揄する様なトラブルが、頻発しているじゃありませんか。其の点、僕が昔からこよなく愛するラグビーは良いですよ。或る程度其の国に在住すれば、誰でも代表になれますし、同じ釜の飯を喰い、共に汗を流し酒を飲み理解を深めれば、もう其処には差別なんて生まれ難いでしょ。そして、アフター・マッチ・ファンクションという、試合後に両チームがジャケットを着てネクタイを締め、そして健闘を讃え合い酒を酌み交わす、親交を深める場もありますもんね。其れがサッカーですと、試合後も互いを罵り合うなんて日常茶飯事ですもんねえ…。

さて、其の右傾化とは全く異なる概念も勿論あります。僕、近年密かに注目していますのが、南米の小国、福祉国家として知られるウルグアイなんですよね。此のウルグアイ、日本とは余りご縁が深くないのが残念でして、実際僕も、ワールドカップの際の美人サポーターぐらいしか、此の国の記憶が無いですもんね。平和な此の国に居ては、南米の事情なぞ地球の裏側の話でして、中々想像し辛いんですが、ウルグアイって、非常に奇妙な成り立ちなんです。元々は、他の中南米各国同様、先住民が居て、スペインから占領されたと。其処までは何の変哲も無いんですが、ウルグアイの地勢をお考え下さい。アルゼンチンとブラジルという、南米きっての大国に挟まれているんですね。アルゼンチンはスペインの、ブラジルはポルトガルの、夫々植民地でありまして、今でも両国は犬猿の仲、昔から戦を際限無く繰り返していたと。こんな事をやっていてはきりが無いでしょうと、イングランドが仲介に入り、両国には緩衝地帯が必要だろうという事で、事実は小説より奇なり、ウルグアイと言う国が生まれました。日本人からすると、ちょっと考えられない建国事情ですけれど、氏より育ちの諺通り、ウルグアイは着々と発展を続けます。南米のスイスという異名を取り、福祉国家として急成長するんですね。軍部の台頭や経済の低迷、テロの横行など、紆余曲折があったにせよ、伝統ある民主主義国家として、広く知られています。ところで此のウルグアイの前大統領のムヒカさん、清貧を守り続け、かつ感動的なスピーチで、世界的に評価の高い方ですよね。彼の存在に僕、ウルグアイの柔軟性を強く感じたんです。と言いますのも、ムヒカさんって、元々はゲリラ、革命家であり、幾度となく銃撃戦に巻き込まれ、4度の逮捕歴と2度の脱獄という凄まじい経歴なんですよ。そういう人でも大統領になれる懐の深さって、凄くありませんか!?歴代大統領の経歴を見ましても、ジャーナリスト出身だったり、新聞記者だったり、先のムヒカさんはゲリラでしょ。今の大統領のバスケスさんは元々がドクター、昨年でしたか、国際線の機内で、急患の命を救ってましたもんね。僕、つくづく思います。我が国の様に、代々世襲の政治家なんて、おかしくないですか!?能力があり、民の事を最優先に考え、人格見識に優れた人が、国を統べるべきでしょうに。ムヒカさんなんて、個人資産は、古ぼけたフォルクス・ワーゲンとトラクター、そして自宅と小さな農園だけだそうですよ。

今年の当院も、ムヒカさんを見習い、清貧かつ真面目に、そして此れまで以上に、地域医療に真摯に取り組む所存です。今年もまた、大分下郡病院並びに、拙ブログをお引き立ての程、何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m。其れでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR