FC2ブログ

❀ わき道の 手をひかれてや はつざくら ❀

読者の皆様、こんにちわ!拙ブログの更新が遅れてしまい、大変申し訳ございませんでしたm(__)m。連休明けの週初め、月末も迫り、金曜日には当院の社員総会も予定されておりまして、朝から大層忙しく、先程漸く小休止出来た処です。ようし、書くぞ~!

さてさて、皆様、3連休は如何お過ごしでしたか!?僕、どうも此の、木の芽時の時期って、微熱や鼻水等に悩まされまして、毎年の様に体調不良なんです。何か特効薬でもないかしらん…。そうだ、白湯が健康に良いと聞きますし、今度ちょっと飲んでみようかな!?此の3日間、夕方になると微熱が出る感がありまして、仕方がありませんから、なるべく横になる様にしておりました。其の所為で、お彼岸の宇佐への墓参も、行く事が出来ませんで、ご先祖様ご免なさいm(__)m。そしてね、僕、天然パーマの癖っ毛でして、短く刈っている間は良いのですけれど、或る一定量を超えますと、いきなり頭が膨れ上がるんですよ~。アフロとは申しませんが、まるでマリモの様になってしまうので要注意なんですが、ちょっとそろそろ頭が膨れる気配でありまして、ホントに床屋さんに行かないとマズいかな…。尤も、昔懐かし、チックやポマードを使えば、僕、直ぐにリーゼントになりまして、まるで氣志團であります。高校の時分、此の髪型は天然だと主張、実際そうなのに、パーマをかけていると疑われ、しょっちゅうビンタされていましたっけ。ストレートパーマをかければ良いのかもしれませんが、其れも結局パーマじゃん!と僕、何だか釈然としませんでした。不来方の お城の草に 寝転びて 空に吸われし 十五の心、啄木の昔から、何処かが不充足な、青年の気持ちはちっとも変らないんですよね。先の短歌も、RCサクセションの名曲、「トランジスタラジオ」の歌詞と、其の精神は殆ど一緒でありましょう。さて、此の石川啄木先生、いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ、此の句の様に情感豊かでセンチメンタル、繊細で傷つき易い、清貧で純粋な青年、というイメージですよね。

ところがどうしてとんでもない、学校も行かなければ仕事もせず、方々に借金をして廻り、妻子を棄て勝手に上京、酒を飲んでは芸者衆を口説きまくるという無頼漢であり、たかり魔でした。僕、啄木の句は素晴らしいと思いますけれど、無責任極まりない彼の人生はとても好きになれません。でもね、同情を禁じ得ないのは、啄木の生涯って、僅か26年でしかないんですよ。生まれた時から病弱であり、長じてからは貧困に悩まされた故の夭逝でしょうが、恐らく啄木本人も、長生きは出来ない事を悟っていたんじゃないかなァ。其の自暴自棄故の、乱れた私生活だった様に感じます。と申しますのも、日本国が近代的な統計を取り始めたのは、明治の御代になってからなんですが、花のいのちは 短くて 苦しきことのみ 多かりき、当時の平均寿命って、20代後半から30代前半なんですよね。大正期になって初めて、日本人の平均寿命は40代になったんです。此れ、実は乳幼児や子供の生存率が極端に低かった所為でして、如何に当時の、衛生環境や栄養面、そして貧富の差が激しかったかがお分かりかと思います。

近年の我が国は、平均寿命が80代を越え、降る雪や 明治は遠く なりにけり、なんですが、でもね、其れは薬や医療環境が整備されただけの様に思うんですよね…。と申しますのも、今の日本は、子供の6人に1人が貧困状態でしょ。中学校の制服が買えず登校出来ない、或いはご飯もまともに食べられない訳ですもんね。今、日本全国津々浦々で、「子供食堂」を造ろう、という動きが活発化しています。此れ、子供は無料で、親御さんは300円で、質素ではあるけれど、きちんと栄養を摂れる食事を安価で提供しよう、という運動なんですね。僕、NHKの番組で、沖縄や都内での取り組みを見ましたけれど、涙が溢れて止まりませんでしたよ。我が大分県でも、其の動きが加速化している様ですし、当院も立候補してみようかしら。でもね、僕、どうも納得出来ないんですが、此の「子供食堂」を運営しているのは、NPO法人の皆さんでして、行政では無いんですよね。あのねえ、こういう事こそ、国や自治体がすべき事じゃないの!?何でもかんでも民間にさせやがって、テメエらは、その上前をはねて、其れで喰ってるんですから、●●よりよっぽど酷いですよ!いっつも高飛車でエラそうにしてやがって、人の上に立つ者には、惻隠の情が必要ですけれど、コイツらにはそんなもの、全く無いんでしょうね。昔の侍は、敵を追って1㌔ぐらいを全力疾走して、肩から腰まで袈裟懸けに斬り倒したそうですが、僕、それぐらい怒ってますよ!

国連では、ワールド・ハピネス・レポート、という調査を毎年此の時期に行っています。夫々の国の様々な方にヒアリングを行い、そしてGDPに平均寿命、メディア・リテラシーに雇用、教育に政治等を加味し、ランキングを付けるんですね。では我が国はどうか、という事になるんですが、これがねえ、世界の先進国は皆、順位を上げているんですが、日本のみ大幅にランクダウン、何と、43位から53位となっていました。それもそうですよね、第一、未だに、世界中の30数か国は、放射能被害の恐れありとして、日本の食品の輸入規制をしてますもんね。物事には、色々な見方があって当然でして、此のランキングが、唯一無二の物とは申しません。ただ、国連という世界的な機関の、客観的な意見として、我が国は53位でしかない、現在の自民党よりも、かっての民主党時代の方が良く見られているという事実は、知っておくべきでしょう。

僕、思うんです。我が国には、世界に冠たるものが沢山あるじゃありませんか。其れは、真面目で大人しく謙虚な国民性であり、世界有数の技術力です。其れを活かさない手は無いと思うんですね。今、どうも、過激で声高な意見が通りがちなご時世です。でもね、夫々の持ち場で、黙々と仕事をし、日本を下支えしている方って大勢いらっしゃいます。

TV等で再三再四、取り上げられていますから、皆様疾うにご存じでしょうが、加賀屋、という旅館があります。北陸は和倉温泉の奥座敷に位置する、創業明治39年の老舗旅館であり、「プロが選ぶ日本の旅館」で、36年連続1位の偉業を成し遂げました。今では全国展開は勿論の事、異国台湾でも旅館を営業しておりまして、残念ながら北陸は余りに遠過ぎて、僕、博多の姉妹店で其処のランチを頂いただけですが、確かに美味しかったです。此の加賀屋さん、女将さんの本やインタビューを僕、何度か読みました。するとね、やっぱり良い事をおっしゃってるんですよ。お客さんの要求--無論、無理難題は別でしょうが--に「いいえ」は決して言わない。保育園付き母子寮を隣接し、料理運搬ロボットを導入し、仲居さんを支援。僕、其の写真を見て驚きましたけれど、此の寮、まァモダンでして、8階建てで吹き抜け構造、子供達が遊ぶジャングルジムや砂場までありまして、うう~ん、此処まで仲居さんを大事にすれば、そりゃあサービスの質も飛躍的に向上しますよね。そしてね、何より胸を打たれましたのは、「不器用な人、言葉少なでも真面目な人を大切に」「褒める場面を探し、ありがとうと言う」でした。後者は勿論なんですが、前者の心得って、中々見落としがちなものですし、僕、拳拳服膺、大事にしなくては。でもね、どんな世界でも、36年連続日本一だなんて、大変な事ですし、常にお客様へ万全のサービスとホスピタリティを提供出来る様、日々努力を重ねておられるんですね。

此処までお客さんと従業員を大事にする旅館、素晴らしい事ですし、僕も当院を其のレベルに近付けるという、大きな目標が出来ました。つくづく思いますけれど、此処の女将さんの方が、何処ぞの総理よりも、よっぽど人を大事にする気がするなァ…。何はともあれ、百聞は一見に如かず、僕、此処の加賀屋、是非1度泊まってみたいです!誰か僕を和倉温泉まで連れてって~♡♡♨♨
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR