FC2ブログ

♡ ミヤコホテル ♥

夕月や ひそかに咲ける 寒椿、いやあ、其れにしても昨晩から今朝にかけて、冷え込みましたねえ…。我が愛犬なぞ、早朝の散歩から戻りまして、どうも挙動不審と思っていたんですよ。ふと気付くと、今朝方、布団乾燥機で暖めたばかりの、夜具のど真ん中に悠々と寝ている始末、コイツも身体が冷えたんだろうなァと、僕、腹は立ちましたが、決して責められませんでした。そしてね、さァ出勤だと自転車に乗って漕ぎ始めたんですが、どうもお尻の辺りが変な感じ、慌てて降りてサドルを確認したら、びっしりと霜が張ってました…。道理で冷える訳でして、ズボンのお尻が、おもらしをしたかの様に濡れてまして、流石にもう乾きましたけれど、インフルエンザも風邪も猛威を振るっておりますし、皆様どうぞ体調管理には充分お気を付け下さいね。

さて、最古の職業は売春と言われますが、人類が生まれた頃からやって来た事って、狩猟に農耕に戦争、此の繰り返しの様な気がします。紀元前よりずっと昔、古代から、領地の大小や農作物の多寡、或いは異性の取り合い等々で、争いは頻々と起こっていたのでしょう。僕が知っていますのは、古代エジプトの墓地の遺跡でありまして、此処からは50体を超す遺体が発掘されたんですね。どの遺体にも、槍の刺さった跡に矢や刀の傷があり、間違い無く何らかの戦争があり、其の犠牲者の墓地だったんでしょう。そして、昨日のニューヨーク・タイムズに依りますと、アフリカはケニアの湖畔で、1万年前の15体の遺体が見つかったそうです。其の骨格を調べた処、殆ど全てに暴力による痕跡があったとか。うう~ん、戦をするのは人類の性なんでしょうか。でもね、何時の日にかは戦争を根絶すべく、高い理想を掲げて、僕達は努力を続けるべき、そう思えてなりません。

その戦争を止めるには、差別意識や偏見を無くす、先ずは其処からと思うんです。でもねえ、日暮れて道遠し、自民党の丸山和也議員、国会で凄い事を言ってました。結構長い話をされてまして、其のコメントの前段は、論理の飛躍があるにせよ、分からんでは無いんです。問題は最後の方でして、「今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。~中略~黒人奴隷が大統領になるなんて、アメリカはダイナミックな変革をしていく国なんですよ。」、ご興味を覚えた方は、全国紙各紙に載っていますから、是非ご覧下さい。さて、言わんとする処は分かるんですが、比喩が酷過ぎますねえ。此れ、差別発言であり非常識極まりなく、国際問題に発展すると思うんですが、皆さん如何思われますか?ホント、最近の自民党の威張りっぷりは、平家にあらずんば人にあらずでして、でもね、驕る者は久しからず、猛き人は遂には滅びますよ。まァ見てらっしゃい、何れ高転びに転ぶでありましょう。話を戻しまして、丸山議員、確か彼は弁護士のセンセイだったと思います。其の割にはお粗末な思考ですし、言葉を知りませんよね。そしてね、先の文言は全くの事実誤認でして、オバマ大統領って、奴隷の子孫じゃないんですよ。此れ、余り知られていませんけれど、オバマさんの父君はケニア生まれのケニア育ち、裕福な家系でして、ハワイ大学に留学されたんですね。父君が常夏の島で出会ったのが、スコットランド・フランス・ドイツ系の血を引く、白人女性の学生さんでして、高砂や この浦船に 帆を上げて、二人は目出度く結ばれました。つまり、ケニアの裕福な男性と、欧州系の白人女性がハワイで愛し合い、オバマ大統領が生まれた訳でして、確かに黒人ではありますけれど、奴隷では全く無いんです。父君はケニア政府で幾つかの要職を務め、ご母堂は人類学者博士ですから、奴隷なぞとんでもない、アカデミックかつ裕福なお家と言えましょう。あのね、丸山議員、衰えたとは言えアメリカの大統領を奴隷呼ばわりして、しかもそれが明確な事実誤認でしょ。僕、名誉棄損で訴えられたら、100対0で完敗と思いますし、此処までインテリジェンスに欠ける人が国会議員なんて、本当に恥ずかしいですよ。シェイム・オン・ユー、とっとと議員を辞職したらどう?

閑話休題、近い将来、当院も人事考課を取り入れよう、という事になりました。つい先日、僕と、当院顧問の美人社労士のH先生が講師となり、「此れから求められる職員像」についてお話をしたんです。決して減点では無く加点で人を見て行こう、そして頑張ったスタッフが報われる仕組みを、此れから造って行きましょう、という事で、コンセプトは「LOVE&GROW」、愛と成長、になりました。横文字は少々気恥ずかしいですけれど、当院を取り巻く全ての事象に愛を、そして皆で成長して行こう、という訳で、悪くないですよね!?此のスローガンが、スタッフ全員に浸透して行けば嬉しいな、そう思っています。そしたらね、此れ、本当に吃驚したんですよ。今朝の日経に、高原豪久さんの記事が出ていました。高原さんと謂えば、おむつや生理用品で日本一のシェアを誇り、アジア諸国にまで進出している、ユニ・チャーム社のトップ、業界の雄ですよね。其の高原さん、「鳥の目、虫の目、魚の目」「先が見えるか、見ようとする意識があるか」「リアルタイムで実態を把握しよう」「コミュニケーションを大事に」「議論が出来る職場造り」「自ら考えて行動出来る社員育成」等々、流石に良い事をおっしゃるんですよ。そしてね、最も大事な事、其れは「愛」と言われていました。顧客に、取引先に、仲間に、部下に上司に同僚に、地域に、株主に、あらゆる事に思いやりと感謝と慈しみを持とう、其れが愛です、との由でした。流石です!高原社長の顔写真を拝見しましたけれど、僕と違って若々しく凛々しい容姿ですし、こりゃあ大層モテるだろうなァ…。

でもね、話を戻して、人が社会で生きて行く上で、最も大事な事、其れはやはり愛ですよ。感謝する事、お礼を言える事、礼儀作法に挨拶、これらは全て相手を思いやる優しい気持ちから来る訳で、其れって愛ですもんね。極々偶にですけれど、そういう事がちっとも出来ない人が居ます。こちらがきちんと挨拶をしても、薄ら笑いを浮かべて無言でピョコンとお辞儀をし、そっぽを向く人。決して時間を守れないご仁。机の上は常に荒れ放題、書類やらお菓子やら文房具やら、兎に角汚い方。自分の感情を思い切り表に出すタイプ。口を開けば妬み嫉み怨み、不平不満に噂話、ネガティブな発言ばかりの人。そして、悪い方へと若手を引きずり落とそうとする輩。長期休暇の後、職場の上司に何の挨拶も無いなど、社会人・組織人としての常識に著しく欠けた者。自分を庇う所為か、小さい嘘を連発する人。恩には仇で返す者。自分の言った事を守らず、直ぐに前言撤回する奴。此れではねえ、当然人が寄り付きませんし、ネガティブな事ばかりしていては人相も悪くなりますし、第一、人生が詰まらないですよね。「食べて、祈って、恋をして」、というジュリア・ロバーツの映画がありましたけれど、愛に包まれ、明るく笑う人生じゃないとねえ!

今日の拙ブログの冒頭、俳句をご紹介したと思います。日野草城、という明治生まれの俳人の句なんですね。日野さんは、京都帝大を出て、住友海上の役員まで上り詰めるんですが、愛のある俳句を書きたいと、職を擲ち、俳人となります。昭和10年に発表した、「ミヤコホテル」という一連の連作の句が、エロティックだと大論争となりました。此の、昭和10年と謂えば、日中戦争勃発の寸前でありまして、時はまるで戦国時代の様、日本は軍国主義へと舵を切り、軍部に協力しない者は非国民と言われ、投獄されていた時代です。その結果、日野さんは、「ホトトギス」という正岡子規の流れを組む、俳人達の主流派からは除名されたんですね。この様な非常時に、男女の性愛を詠むとは何事か、という訳です。では、日野先生の句を幾つかご紹介しますね。

薔薇匂ふ はじめての夜 しらみつつ、湯上りの 素顔したしも 春の昼、永き日や 相触れし手は 触れしまま、薫風の 素足輝く 女かな、腰高に 寝たる女や 明け易き、菖蒲湯を 出てかんばしき 女かな、たわやめの 水着の外の 手足かな、女来て おしろい匂ふ 涼みかな、やははだの はしばしみゆる 夏衣、夏盛ん 婦女骨線を あらわにす、藍浴衣 着て白き手を 膝の上、をみならや おのもおのもの 乳の形、祇園会 女盛りの 汗見事、タイピスト 倦めり日焼けの 腕長く、新涼や 女に習ふ マンドリン、人妻を 恋へば芙蓉に 月嶮し、黒髪を 梳くや芙蓉の 花の陰、葦刈りの くるぶし白く 歩きけり、マスクして 紅き唇 隠れけり、笹鳴りや 火桶にかかる 女の手。

ウン、確かに、日野先生、かなりのド助平です。でもね、性は生と思いますし、これらの句には、女性に対する愛が詰まっている様に思うんですよ。戦争をして人を殺すより、人を愛した方が千倍万倍マシですもんね~。そしてね、人を殺す戦争を賛美する軍隊が、此の様な、性や生への賛歌を詠う俳人を弾圧した、というのも、分かる気がしますねえ。でも、言論の自由を奪ったらお終いですし、卑近な話ですけれど、当院は誹謗中傷は別として、建設的な意見ならば、何を言って貰っても構いませんよ。僕、常にそう思っています。

さて、明日は朝から結構スケジュールがタイトでして、拙ブログの更新はどうなるか分かりません。金曜日の遅い時間か、日曜日にでも書けたらな、とは思っています。其れでは皆様、一足早いですが、素敵な週末をお過ごし下さいね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR