FC2ブログ

~蒼き狼と白き雌鹿~

こんにちわ~。昨晩は、当院顧問の社労士の先生と会食をし、楽しい夜を過ごす事が出来ました。僕、最近飲み過ぎで、少し反省しています…(^^)。少しお酒が残ってるかな、なんて思ってましたら小さいトラブルが起きたりして、午前中は慌ただしく過ごした次第です。

かたゆでさん、いつもコメント本当にありがとうございます。森繁久彌はちょっとHな一流の俳優さんですが、素晴らしいコメディアンですよ(^^)。いずれこのブログでも、彼のスクリーン上での大活躍について触れる機会があるかと思います。是非お楽しみに。

さて、僕の生家は病院でありまして、経営に参画していた母は中々のアイディアマンでした。あ、ウーマンか、それはさておき、待合室にいらっしゃる患者様は時間を持て余しているだろう、という事で、当時流行っていたインベーダー・ゲームやブロック崩しのゲーム機を院内に設置したんですよね。すぐに元を取り、大繁盛したのは良かったのですが、病気でも無い子供達まで大勢集まり、大分合同新聞の投書欄で叩かれ、保健所から大目玉を食らう始末となりました。そのせいか、僕、ゲームが大好きとなってしまったんですよ~。父が取引先から貰って来た、ファミリー・コンピューターのパイロット版(先行試作品)も生家にはあり、かなり早い段階から、マリオですとかドンキー・コングをプレイしていました。

革命的だったのは、パソコンの登場と共に現れたシュミレーション・ゲームの存在です。会社を経営するもの、街を造るもの、挙句の果てには地球全体を舞台に生命を進化させるゲームまであったりして、僕、早朝から深夜まで食事を取る時間も惜しんでパソコンの前に座っていました。

「信長の野望」というメガ・ヒットかつロング・セラーゲームがあります。素晴らしいのはゲームそのものが進化を続けていて、現在のものはいかにリアルに戦国時代そのものを表現出来るか、という所まで来ています。プレイヤーは好きな大名を選び、日本統一を目指すのですが、例えば自分の国に宣教師がやって来てキリスト教伝来、なんてイベントがあったりします。すると南蛮貿易を行え、珍奇な品物を購入出来たり、武器が安価に揃えられたり、街そのものが豊かにはなるのですが、寺社(お寺や神社の総称です)勢力が反発し、宗教一揆が起こる可能性が高まる上、家臣の性格まで文献から正確に再現していますから、保守的な部下はキリスト教に反発し忠誠心が下がるのです。よって、宣教師の存在を許すか否かは、プレイヤーの選択に委ねられる事となります。合戦にせよ内政にせよ外交にせよ、同様な判断力が問われるのです。非常にリアルだと思いません?

「三国志」、これは古代中国を統一するもの、シュミレーション・ゲームの最大手かつ老舗の光栄、という会社の看板作品でして、「信長の野望」同様、凄まじい進化を見せています。「蒼き狼と白き雌鹿」、ジンギスカンの時代の世界統一ゲーム、なんとハーレムまで再現しているのは驚きました。「太平洋の嵐」、作品の題字を、大日本帝国海軍参謀、源田実氏に書いてもらったという程の凝りようでして、第二次世界大戦時の日米の太平洋での戦いを緻密かつ正確に表現し、これには夢中になりましたね~。当時の僕の部屋は、大きく拡大した太平洋の地図を張り付け、三色のペンで占領地域、己の本拠地、占領予定地域と色分けし、ピンを使って敵味方の位置を確認する、といったハマり具合、高校生なのに学校も行かず、夜通し吸い続けた煙草の煙はもうもう(コラコラ…)、気分はもう連合艦隊司令長官であります。

近年、最も夢中になったのは、プレイステーション2で発売された、「プロ野球チームをつくろう 3」でしょうか。当時、プロ野球界には激震が走り、合併や統合、1リーグ制になるのでは、という経営危機を迎え、選手達によるストライキが起こり、国会やメディアでも大きく取り上げられ、社会問題になる程でした。その状況下生まれたこのゲームは、ソフトの製作では常にクオリティの高いSEGA、プロ野球OB、プロ野球チームのデータ解析を行っているアソボウズ社、日本野球機構らの総力を挙げて造られたもので、シュミレーション・ゲーム好きでプロ野球好きの僕がプレイしない筈がありません(^^)。実際のプロ野球運営に係わる事--監督やコーチやスカウトの選定、キャンプ、オープン戦、ペナント・レース、オール・スター、日本シリーズにアジアシリーズに世界選手権、新人選手獲得、外国人選手獲得交渉、契約更改にトレードに自由契約、ファンの増員対策、グッズ販売、スポンサーの獲得、テレビ局との放映権料の交渉、球場の選定にメンテナンス、選手のケア、練習設備や医療設備の購入、地域社会との密着にファンサービス--は全て再現しているのは本当に驚きますが、何よりも素晴らしいのは、このゲームの目的は、勝利では無い事なんです。あなたの育てたチームが地域に愛され存続する事、或る意味世界一のチームを創り上げるより難しい目標と思いませんか?愛される為には強くなくてはならず、魅力的でなくてはならず、お金がなくてはならず、それを維持しなくてはなりません。大分トリニータの惨状を見ると胸が痛みますが、県民の皆さんが心から愛しているとはとても言えない状況ですもんね。さて、何事にもハマり易い僕ですから、ゲーム上の新チームは、僕のルーツの地宇佐を本拠地とし、僕は動物占いではペガサスですので、その名も「宇佐ペガサス」と命名、二十数年後に世界選手権三連覇を成し遂げた時、感極まって少し泣いてしまいました、お恥かしい…。

今でもプレイしたい気は満々なのですが、睡眠時間が極端に減るんですよね。ひとつ今度のお盆休みは、久々にゲーム機の電源をONにしようかな…、悪魔の誘惑ですね~(^^)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR