FC2ブログ

いつも行ってる皮膚科の先生に相談するわ~ちりんちりん~ピザじゃなくてピッツアです

おはようございます。昨夜は、何だか寝付きが悪くて参りました…。湿気だったのかなあ。原因はよく分かりませんが、目覚めたら身体も凝っていて疲れが残り、トホホ、ですね。皆さんは安眠出来ましたか?

夢うつつの中、そういえば僕のお笑いファン歴も長いなあ、と思い出していましたら、益々眠れなくなってしまったんですよね。両親が共働きで鍵っ子だった僕は、幼い頃からお笑いに夢中でした。8時だよ!全員集合のドリフターズから始まって欽ちゃん、伊東四朗に小松政夫にせんだみつお、THE MANZAIにおれたちひょうきん族、完全なテレビっ子ですね。それだけでは飽き足らず、竹中直人や大竹まことのライブを観に行ったり、「日本の喜劇人」「世界の喜劇人」というお笑いのバイブルの本も読破、植木等とクレイジー・キャッツ、フランキー堺に伴淳三郎、森繁久彌に三木のり平と、昭和中期の主な喜劇映画もビデオで確認、梅田に京橋、京都になんばと吉本系列の全ての花月で漫才やコントを鑑賞し、伝説の名古屋大須演芸場にも通い、都内の全ての演芸場で落語に漫談を幾度と無く楽しみ、時代や国やジャンルを問わずお笑いのDVDはまめに購入、ダウンタウンやウッチャンナンチャンがデビュー間もない頃の初々しく緊張した姿を見ている事は、自称お笑い評論家として、ちょっとした自慢です(^^)。

星の様に数限り無い芸人列伝ですが、近年最も盛り上がったのは、やはりM-1ではないでしょうか。僕、全ての大会を観ていますが、当初は左程盛り上がってなかったんですよね。初代チャンピオンの中川家、二代目のますだおかだは、吉本と松竹芸能を代表する中堅で、実力はつとに知られたコンビだっただけに、順当過ぎて新鮮味が無かった様に思いました。三代目のチャンピオン、フットボールアワーは非常に良い出来でしたが、この年に限っては笑い飯が上回った感もあり、不完全燃焼でしたね。

番組に火が付いたのは、2004年のアンタッチャブルの爆発的で圧倒的な優勝からでしょうか。決勝進出者も若手のメンバーへと世代交代し、漫才番組ですから皆が笑うのは当たり前ですが、将に演芸場で観られるかの様なライブ感に加え、ひりひりとした硬質な緊張感がブラウン管を通して伝わって来るという、年に1度の祝祭の場まで昇華した訳ですから、高視聴率もうなずけます。控室で嘔吐している芸人さんがいるのですから、将に真剣勝負ですよね。僕、島田紳助の芸風そのものを決して好みませんが、この番組の企画力は認めざるを得ません。

2005年のブラックマヨネーズは、お笑いに人生を賭けた、柄が悪く品の無い2人の笑いの実力が頭1つ抜きん出た上、誰もが爆笑し納得する優勝でしたし、2006年のチュートリアルは完璧で、音楽で言う所のグルーブ感があり、お客さんの笑いの波が寄せては返す、とでも言いましょうか、徳井君にはお笑いの神が降りてきていました。2007年はサンドウィッチマンが稀に見る激戦を制しドラマティックな勝利を収め大団円を迎えました。僕、M-1はここまでだったかなあ、と感じてるんですよ。その後のチャンピオン、NON STYLEは確かに達者で上手ですが線が細く、パンクブーブーもセンス抜群で非常に考え抜かれたネタを披露しましたが華が無く、笑い飯は旬を過ぎた感があり、夫々の優勝は素晴らしい事で偉業なんですが、皆さん、骨太で突き抜けた感覚が無いんですよね~、残念ながら…。10年一区切りで番組が終了したのも、或る意味やむを得ない事かもしれません。

そうですねえ、僕が今一押しと言いますと、コンビではやはり野性爆弾、テレビ番組では「旅猿」ですか。あ、これはあくまで僕の好みでして、皆さんがお好きかどうかは分かりません…(苦笑)。さて、皆さんお薦めの番組や芸人さんがもしいましたら是非教えて下さい。来春の当院の催し、カルチャーフェスティバルに呼ぶべく交渉したいと思います!

「さ、一仕事終えたんで、シャワーを浴びて布団に入ってぐっすり休みますか~。」「おい、まだ朝の9時だよ!」

…顔を洗って今日も頑張ります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!
読んでて、ん? と思ったのですが、森繁久彌さんってコメディアンだったんですね!
知らなかった・・・・。

物心ついた頃は、もう亡くなる前で・・。
そういえば、ほのかに面白かったような気がします。

ドリフターズ・・・8時だよ全員集合で育ち、カトチャンけんちゃんで育ちました。
そういえば、意味もなく駄菓子を買うのをやめて、けんちゃんラーメンの購入に専念した記憶があります。
決して美味しいわけではなかったですが・・・なるとの絵が可愛かったような。
と思い、ネットで検索してみました。
けんちゃんラーメンにも何種類かあった事に気がついて、1種類しか食べた事がないので、ショックを受けてしまいました・・・。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR