FC2ブログ

ヘルボーイ/ゴールデンアーミー 

皆様、こんにちわ。僕、昨日、何とか拙ブログを更新出来ないか、頑張ってはみたのですけれど、案の定時間が切迫してしまい、残念無念、忘年会会場へと向かうタイム・リミットが来てしまいました。♪年の初めの ためしとて~♪、って、気が早いよ!と、僕、まだ少しお酒が残っているのかな、ちょっと顔を洗って来ますね。

洗顔してエスプレッソを淹れて、漸く落ち着きました。さて、昨日の忘年会も無事に終わりまして、いよいよ今年も終わりだなァと感じます。でもね、以前に較べますと、当院も随分若返りましたし、雰囲気が明るくなりました。精神科病院ってね、スタッフの皆さんはどうしても内に籠ると申しますか、良く言えば慎重居士、悪く言うと、石橋を叩き過ぎて壊しちゃうタイプなんですよね。間違いは無いのは美点ですけれど、笑いやゆとりに欠ける点があった様に思います。僕、当院に来てからもう10年になりますけれど、医療現場に出る訳ではありませんから、せめて笑いのある職場を造りたいなァと、その点は留意して来た心算です。昨夜の忘年会、楽しい出し物も豪華景品もあり、大笑いと手拍子と大歓声に包まれ、僕、とっても嬉しかったです。やっぱり物事、明るく楽しくポジティブなのが一番ですよね♡しかし、スタッフの方がやった最後の漫才、ざわめきの中での熱演でしたが、その所為で声がよく聴こえず、可哀相だったなァ…。

僕、会の冒頭にご挨拶させて頂いたんですが、来年は、職員の教育に益々重点を置いて行く心算です。来季は、国内外を問わず、最先端の病院施設の見学を考えているんですね。今日、日経で取り上げられていたのはインドなんですが、此処では、超格安治療が可能な由、創業時に225のベッド数だったのが、現在では5000を超え、上場するんですって。お隣韓国では、財閥企業がオーナーとなり、アメリカから優秀な医師を招聘、最先端の医療機器を多数揃えている大病院があります。シンガポールでは、20数か国の言語と通貨に対応する病院があるんですね。勿論、アメリカやドイツは医療の最先端国として昔から有名ですし、精神科医療ならばイタリアも外せないでしょう。キューバの医療の質の高さも、近年頓に注目を集めていますし、高齢者福祉と言えば北欧ですもんね。さあて、来年は何処から行ってやろうか、スペイン語の勉強もしなくては、 te quiero mucho ,te amo 、おっと此れはO事務部長にお任せとして、僕、無類のせっかちですから気ばかり焦りますが、やっぱり若手のスタッフに行って貰いたいなあ…。でもね、僕、吃驚したんですが、20代の独身男性に調査をした処、何と4割を超す人が、異性とお付き合いした事が無いとか。うう~ん、僕、ちっともモテませんが、若い頃なんて、異性を求めて、飢えた獣の様にギラギラしてたんじゃないかなあ。僕のヰタ・セクスアリスには誰も興味が無いでしょうから、ここら辺で止めますけれど、若い男性が女性を求めるって、自然な事と思うのですけれど、何で積極的にならないのかなあ。もしかして、フラれるのが怖いのかしらん。何回フラれたって良いじゃありませんか。もしフラれたとしても、そりゃ、その女の子に見る目が無いだけで、他にもっと良い子がいますよ。世界の人口はもう直ぐ73億、そのうち女性は36億人も居るんですから、きっと自分に合う素敵な女性が居る筈です!

閑話休題、朝日新聞を読んでいて噴き出したんですが、もうすぐ、映画「スター・ウォーズ」が始まるじゃないですか。スター・ウォーズには、全身黒づくめのダース・ベイダーという最強の悪役が登場しますよね。僕も好きですが、此のキャラクターを愛し過ぎた人がウクライナに居るんですよ。常日頃から、全身黒づくめのダース・ベイダーに扮し、その衣装のまま、洗い物をし刺繍をし、カフェで寛ぎ、愛犬と散歩しているんですから、大笑いしました。どうも僕、根が真っ正直な所為か、妙に悪役に惹かれる処がありまして、今日は其のお話を少々。

先ず、幼い頃の僕に、強烈な印象を残したのが、「ダーティ・ハリー」に登場する、スコルピオです。此のスコルピオ、卑劣な無差別殺人を繰り返すんですが、其れも、かってのアメリカの敵国だった、ドイツか日本の銃を使うんですね。そして、悪行三昧を繰り返した挙句、園児の乗るバスをジャック、「さあ唄え!唄わないとお前達のママが死んでしまうぞ!」ですって…。またねえ、スコルピオを演じたアンディ・ロビンソンという役者さん、余りの熱演で、この役のイメージが強過ぎ、他のキャラクターを演じられなくなり、休業しちゃうんですよ。未見の方は是非ご覧下さい。そしてね、小悪党を演じたら世界一なのが、レイ・リオッタです。僕、彼のフィルモグラフィーはかなり網羅している心算ですが、かなりの高確率で属する組織を裏切ります。挙動不審、という言葉が本当に似合うんですよね~。裏切り者と言えば、ミゲル・フェラーでありまして、彼もかなりの頻度で悪い事をします。暫く前、「アイアンマン3」を劇場で観ていましたら、久方振りにミゲル・フェラーとスクリーンで再会、「オオッ、元気にしてた!?」と思わず声を掛けたくなりましたけれど、良い役だったんで、途端に詰まらなくなりました。でも、流石はフェラー、物語の最後の最後でやはり裏切りまして、何だか嬉しくなりましたもんね。一度見たら決して忘れないのが、ウィレム・デフォー、ハビエル・バルデム、ベネチオ・デルトロ、ロン・パールマンの四天王でありましょう。デフォーは爬虫類系、バルデムは異形の者、デルトロは特殊メイク不要、パールマンは兎に角顔がデカいんです。僕、彼らが良い役をやっているのは、殆ど観た事が無いんですね。かって、「トラフィック」という映画がありまして、此れ、麻薬密輸の話なんですが、冒頭いきなりのカー・チェイス、デルトロが出ていまして、車をぶっ飛ばしていました。僕、「フムフム、デルトロ君は密輸犯ね、道理で急いで逃げてるわ」と思って観ていましたら、何と刑事役でして、かなり混乱しましたもんね。イングランドの貧しいチンピラをやらしたら世界一のロバート・カーライル、奇人変人役ならばリス・エヴァンスかジョン・マルコビッチ、マイケル・ルーカーもスティーブ・ブシェミも悪い事しかしません。

本邦ですと、成田三樹夫か佐藤慶ですよね。成田さんはその眼光が、佐藤さんは重低音の声で、徹底した悪を演じるんで、しびれますが、最近だとやはり北村一輝かなあ。かって、水虫の宣伝に出てましたが、一輝君のあの眼光なら、病気も逃げるでしょう。でもね、僕、最も尊敬する役者さんの1人が、福本清三さんなんですよ。主演作は1本だけですが、彼は台詞の無い斬られ役を演じ続けて半世紀、5万回斬られた男として有名です。古希を過ぎた今でも現役の役者であり、日々、斬られ方の練習に勤しんでいるってんですから、彼も又、真の職人でありましょう。でもね、何でもやり続ければプロフェッショナルとして認められるんだなあ、と思ったのが、トム・クルーズ主演の「ラストサムライ」でした。此の福本さん、長年の演技歴が目に留まったのでしょう、何とトム・クルーズと共演したんですね。トムが何を話しかけても答えない寡黙な侍の役でして、僕、福本さんやったなァと、映画の内容も良かったですが、涙が出ましたもん。

やっぱり人間、日々の真面目な努力が一番ですよね!今日の拙ブログは、完全に僕の趣味の話に終始しまして恐縮でした。よし、ではお昼を食べに行って来ま~す(^_^)/~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR