FC2ブログ

♫ 渋谷で5時 ♪

読者の皆様、おはようございます!三連休の最終日、如何お過ごしでしょうか!?実は僕、今日が誕生日でして、もう48ですよ~。まさかまさか、亡母や三島由紀夫やジョン・レノンよりも年上になるなんて、思ってもいませんでした。この年齢になりますと、既に此の世に居ない友人も居る訳で、思いも寄らず我一人 不思議に命永らえて、という古い古い軍歌がありますけれど、折角の限りある命ですからね、これからも精一杯に誠心誠意、決して自分に嘘を付く事無く、此れまで通りのスタイルで生きて行きたいなァ、強くそう感じています。僕、未だやっていない事って沢山ありますからねえ。中南米やアフリカに南太平洋、そして南極北極シベリアの、所謂極地には行ってません。元気なうちに何とかこの眼で、オーロラや巨岩遺跡やリオのカーニバルを見たいものです。そしてね、随分以前の拙ブログで書きましたけれど、未だ味わった事の無い珍味も、是非食してみたいんですよ。北極のエスキモー、僕達モンゴロイドと同族ですけれど、彼らが作るキビヤック、これは彼の大冒険家の植村直巳さんが激賞したものなんですね。そのレシピと申しますと、先ず、アザラシを捕まえます。お腹の中身を全てくり抜きまして、其処に小さな海鳥をぎゅうぎゅう押し込みます。アザラシのお腹を閉じまして、地面に埋めて数年間放置するんですね。一種の発酵食でして、強烈な激臭がするそうですが、ありとあらゆるビタミンが入っており、美味極まりないとか。うう~ん、想像を絶しますが、食べてみたいなあ…。

閑話休題、皆様、昨日、ラスベガスで行われた、ボクシングの世界戦、ご覧になりました?WBC世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ、チャンピオン三浦隆司選手対、ランキング1位の挑戦者、フェルナンド・バルガス選手の試合です。いや~、壮絶なファイトとなりまして、目の超えた、ボクシングの本場ラスベガスの記者達も、「年間最高試合だ!」と興奮状態だったとか。ウン、確かに僕も大声出しましたねえ。試合後、ボクシングに精通されている旧知のA社長に、思わずメールしちゃいましたもん。さて僕、勿論三浦選手を応援していたのですけれど、勝利を目前にして大魚を逃しまして大逆転KO負け、残念無念でありました….。1Rに、相手のビッグ・パンチをもろに喰らい、三浦選手は絶体絶命の窮地に陥ったんですが、4Rに起死回生の左ストレートがヒット、逆転のダウンを奪います。一進一退の息詰まる攻防が続いたんですが、三浦選手優勢のまま推移していました。何せ、挑戦者のバルガス選手は、右目の上下をカット、殆ど視力が奪われた状態でありまして、レフェリーからは「9ラウンドが終わったら試合を止める」、そう宣告されていたとか。其の運命の9R、バルガス選手の鬼気迫る猛攻が始まりまして、三浦選手は強烈なダウン、武運拙く、痛恨の敗戦となりました。逆転につぐ逆転、ボクシングの醍醐味を満喫したんですが、しかしまあ、それにしても惜しかったなァ…。昨日は、三浦選手の夜では無かったという事でしょう。でもね、日本人選手が、ラスベガスで試合出来るだけでも凄い事なんですよ。東洋人ボクサーはアメリカでは大層評価が低いですし、全世界で中継されるなんて、千載一遇の大チャンスだったのにな~。でも、本場のファンにも、三浦選手の強打は、鮮烈な印象を残した事は間違いありません。そうですねえ、オールド・ファンには懐かしいでしょうが、かっての浜田、平仲、藤猛、海老原、柴田と同等の、世界に誇れるハード・パンチでした。新チャンピオンは、試合後病院に直行したそうで、その威力がお分かりでしょう。三浦選手は、負けて男を上げたと言いますか、こりゃあ、人気も出ますし、リマッチも確定でしょう。さて、長年のボクシング・ファンから、老婆心ながら、三浦選手に一言アドヴァイスをさせて貰います。どうも、アドレナリンが出過ぎていた感があり、いつもの柔らかい動きが無く、終始硬かったですね。1Rに貰ったパンチは、平常心ならば避けられていた筈です。そして、ディフェンスです。ボディ・ムーヴ、ヘッド・スリップ、ダッキング、パーリング等が少なく、直線的なファイトに終始しました。せめて、もう少し頭を振れば、違った結果になったと思います。でもまあ、日本一のジムの帝拳ですから、次戦はきっと、三浦選手が勝利の美酒に酔う事でしょう。兎も角、好漢三浦選手の今後に幸あらん事を!きっと又、チャンピオンに返り咲く事を信じています!

さて、その激戦の余韻に浸ったまま、ニュース等を見てましたが、それにしても、今の日本政府は酷いですね~。僕、今、WOWOWで、「ロードオブザリング」一挙放送を見ながら、この拙ブログを書いているのですけれど、アベシンゾウ君は、劇中に出て来る、指輪をはめてるんじゃないのかしらん。この指輪、身に付けた者は、全世界を支配出来る程の力を得られるんですね。只、その代償として、人の暗黒面を象徴したかの様な、体毛が無く痩せこけ日光を嫌う、ゴクリという化物へと変わってしまいます。もしかして、この指輪って、核の暗喩なのかも。アベ君、君、もしかしてその指輪してない?

と申しますのも、千葉県柏市で、子供達の甲状腺検査を行ったそうです。すると、2割の子供達から、何らかの異常が認められ、要再検査だとか。そして、東京湾岸も同様でして、船橋や浦安、東京ディズニーランドの近辺ですが、其処でも、高濃度の放射線が検出されているそうです。同じく千葉県の印旛沼でも同様の由、テメエ、ちっともアンダー・コントロール出来てないじゃん!こりゃねえ、江戸前寿司なんて東京湾の地物の魚や貝を使ってるんでしょ。食べられませんよ!おまけにね、政府から民間企業に、「給与を上げろ」と命令してましたが、寝言言わないで欲しいですよ。あのね、日本の景気が上向きになり、その会社の状態が良く、税金が安ければ、そりゃ給与は上がりますって。そうなってないから給与が上がらないんであって、政府が命令する事じゃないでしょう。共産主義や独裁国家ですよ、これじゃあ。その癖、現在の試算では、今後消費税は32㌫必要だなんて、それで景気が良くなると思ってんの?頭に虫か何か沸いてませんか?税金を上げる前に、公務員と政治家を減らして下さいね~。そしてね、国連が、日本に対し、「表現の自由」の調査をさせて欲しいと依頼した由なんです。そうしましたら、調査直前になって、ドタキャンしたとか。大体、国会も開いてないんだから、ヒマでしょ。どうやら、来夏の参院選が終わるまではその調査を引き伸ばす作戦だそうで、語るに落ちたとはこの事でありまして、「我が国には言論の自由はありません」、そう認めた様なものじゃありませんか。

僕、この由々しき状況を覆すには、自立した個人が、ロジカルな正論を訴えて、連帯して行くしかない、そう思います。僕、とても驚いたのは、タレントの菊池桃子さんです。僕、可愛いだけのお嬢さんとばかり思っていたんですね。菊池さん、政府の「1億総活躍会議」という諮問機関の委員に選ばれたんですが、其処で、正論の連発なんですよ。文責は僕にあるので、長文ですから、菊池さんの発言を簡単にまとめますね。「1億総活躍社会の意味が分かりません。現実的では無いでしょう。現在排除されている人々への視点が足りないのでは?そして、障害者や社会的弱者の雇用をすべく、法的にも、慣習的にも、日本社会を変えてゆくべきではないですか。又、女性の就労についても、より受け入れ易いシステムを構築しましょう。それが社会の多様性に繋がるのでは。」というニュアンスの発言を、総理や大臣に向かって堂々と仰ってるんですね。

只可愛いだけかと思ってましたら、いやあ、菊池さんごめんなさい、その見識その度胸、僕より余程しっかりされてますねえ。気になったので、早速調べてみましたら、菊池さん、駄目亭主と別れて、障害児を育てるシングル・マザーであり、法政大学大学院で雇用問題を専攻し修士課程を卒業、短大の客員教授を務め、労働問題の解決の為のNPO法人の理事もされているとか。はっきり言って、学歴・見識・人格、現総理より数段上と思いませんか!?

新約聖書に、地の塩、世の光、という言葉があります。社会の模範たるべき人は、塩の様に社会の腐敗を防ぎ、光の様に悪を浄化する、と僕は解釈しています。僕、サイレント・マジョリティと申しますか、毎日黙々と社会の為に働く方々って、沢山いらっしゃると思うんです。皆、今の政権に不満を抱えつつ、我慢してこの社会を支えているんです。こういう人達が居て、日本が成り立っているのに、税金は上げる、放射能はダダ漏れ、言論の自由は無く、僕、政府の責任は重いと思うなあ。菊池さんの様に優れた女性や、先の三浦選手の様な好漢が増えれば増える程、こんなおかしな政権は打破されますし、きっとよりよい日本と成りますよ!

は~、すっかり長々と綴りまして恐縮です。明日は僕、週明けであり会議デーであり給料日前、そして夜は久々に親友のMさんと飲み会、かなり忙しいと思います。拙ブログの更新は、明後日水曜日の予定です。では、皆さん、引き続き、楽しい祝日をお過ごし下さいね。よおし書き上げたし、これから麦酒飲もうっと!楽しみ~♡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR