FC2ブログ

SUPER NATURE

おはようございます。皆さんは週末は如何お過ごしでしたか?僕、先週は結構忙しかったせいか、疲れが出まして、行動範囲は殆ど布団の中だけ、という怠惰な1日を過ごしていました。夢うつつでぼんやりしたり、枕頭の未読の様々な雑書を読み耽ったり、それなりに楽しかったのですが、購入したばかりの、「移行化石の発見」ブライアン・スウィーテク著、野中香方子訳、文藝春秋刊、には知的好奇心を刺激されました。僕、化学も物理も数学も皆目理解出来ず、亀の子だmolだ、と言われても、日本語に良く似た言葉だなあ、これは何処かの国の呪文ですか、というぐらい苦手です。それでも、自然科学系の本は好きで、翻訳書が主ですが、見つければ即購入してしまいます。

さて、この「移行化石の発見」ですが、僕なりに要約しますと、ほら、いわゆるミッシング・リンク、って言うじゃないですか。ミッシング・リンク、即ち失われた輪、ですが、猿から人間に進化した際に、その中間の生き物がいる必ず筈だ、という訳なんですね。ところが、その移行の真っ最中の生き物の化石は中々見つからず、様々な仮説が飛び交っています。古生物学の研究は遅々として進みませんでしたが、遺伝子学や発生学との共同研究が進み、凄まじい発展を見せているそうなんですね。

後期の恐竜には羽毛が既に生えていて、現在の鳥の祖先である事はほぼ間違い無く、草食のみならず肉食の象までおり、足の指が三本も四本もある大小様々な馬がいた事、四本足の哺乳類があえて水の中に戻り、足が退化し鯨になった事、等々今までの常識を覆す大発見が続出しています。

数年前でしたか、NHKがBBCやCNN等の協力を得て、「生命 40億年」というシリーズを放送した事があります。地球の誕生から始まりまして、長い氷河期、地殻変動、カンブリア紀の生物大爆発、恐竜の支配と絶滅、哺乳類の誕生、人類の進化と、僕、毎週楽しみに見ていました。

先に挙げた書にしても、NHKのドキュメンタリー・シリーズにしても、僕、もっとも興味をそそられるのは、「何故猿から人間に進化したか?」なんですよね。「移行化石の研究」では、人類の親戚にあたる種は数多くいた--ネアンデルタールやクロマニヨンですね--が、理由は分からないが人類だけが残った。これは自然環境による偶然であり、もしもう1度その歴史を繰り返しても、今の様に人類が地球を埋め尽くしている可能性は殆ど無い、という考え方です。NHKの解釈は、アフリカの南端にいた僕達の祖先だけが、樹木の上に棲む快適な暮らしを捨て、陸地に降り未開の大地に進出した事が、他の類人猿との差異となり発展した、という考え方でした。その他、有名なところでは、僕達だけが道具を使い、火を利用したからだ、といった所でしょうか。唯一どの説も同じなのは、人類の起源はアフリカである、という事ぐらいでしょう。

その諸説、いずれもフムフム、成程なあ、と思うのですが、納得しきれない所もあるんですよね。

自然環境による偶然、というのは少し逃げが入っている気がしますし、木から降りた猿が人類へと進化した、というNHK説も、それでは猿が何故ニ足歩行になったのか説明がつきません。最も僕達に知られている説にしても、或る種のチンパンジーやオランウータンは、自分で道具を使い蟻を食べたり、簡単なコミュニケーションが出来て、戦争紛いの事までしますからね…。彼らが道具を使えるのに何故火を使えなかったかの説明は難しいでしょう。

ライアル・ワトソン、というかって一世を風靡した学者がいまして、「SUPER NATURE」という書は世界中でベストセラーになり、魅力的な仮説を沢山提示したんですね。ところが化石という物証が無いものですから、異端児扱いされてしまいました。ワトソン先生の本は大体読破した積もりですし、確かに中には眉唾な説もあります。しかしながら、彼の仮説で思わず膝を打った、何故猿から人間になれたのか、という話があったんですよ!それは「水辺にいた猿が人間に進化した」というものです。

ワトソン先生の説を簡単にまとめますと、「確かに猿は樹木の上にいた方が安全かつ安楽な生活を送れただろう。しかし数が増えれば餌が足りなくなり、地上に降りた猿が生まれた筈だ。その猿達は天敵--虎や豹や山猫やジャッカル等々--の多い森や平原に移動しただろうか?海辺に行くのが安全で自然ではないだろうか?天敵が来ても海に逃げれば良いし、海辺には貝や海藻といったさほど苦労せず得られる食べ物がある。やがて彼らは、海辺の餌だけでは足りず、海の中へと入っただろう。するとどうなるか?四足歩行では溺れてしまい、息も出来ないので自然とニ足歩行が出来る様になったのではないか。全身を覆う体毛は泳ぐ邪魔になるので減って行き、頭だけが海面に出ているので、頭髪だけが残ったのだ。体毛の減った猿は当然寒さを感じるので、火の必要性を他のどの生き物よりも感じた。」という画期的かつ万人が首肯せざるを得ない卓見、と僕は思います!

人類の発生は単なる偶然、もしかしたら正しいのかもしれませんが、夢もロマンも無いですよね~(^^)。では、僕を含めて、アフリカの海辺で一緒に魚を取っていた読者の皆さん、今週も頑張りましょう!!



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR